退職代行はクズではない3つの理由とは?実際に利用した声を徹底解説!

この記事のまとめ

退職代行で辞めるのって、やっぱりクズなんだろうか…」と悩むあなたへ退職代行の実態を徹底解説!

クズではない3つの理由は?実際に退職代行を利用した人の声は?

退職代行の否定的な人の意見を踏まえて、“ホントに利用すべきか”追求していきます!

 

近年、退職代行というサービスを耳にすることが多くなりましたが、インターネット上には

「退職代行で辞めるやつは人間のクズ」「人の力で退職するとかありえない。無責任な辞め方」

などの否定的な意見もしばしば見かけます。

 

果たして退職代行サービスを利用して辞めることは、クズや無責任とまで言われるようなことなのでしょうか。

結論から言うと、退職代行を利用することはクズでも無責任でもありません。

日本労働調査組合が2021年に行った「退職代行サービスに関するアンケート」によると、退職代行サービスの認知率は全体の63.9%にのぼりました。

退職代行のサービス認知度を円グラフで表したもの

画像引用:退職代行の認知率は63.9%₋プレスリリース

また「もしあなたが今の会社を退職するとした場合に退職代行を利用しようと思いますか?」とのアンケートには、44.7%の会社員が「退職代行利用を利用する」または「退職代行の利用を検討している」と答えました。

退職代行の利用検討者を円グラフで表したもの

画像引用:退職代行の認知率は63.9%₋プレスリリース

このアンケートの結果からも、退職代行サービスは時代の流れと共に世の中に浸透してきていることが伺えます。

とはいえ、退職代行に否定的な意見を持っている方々が一定数いるのも事実です。

そこでこの記事では、退職代行に否定的な意見の背景にはどんな理由があるのか、実際の声と共に解説していきます。

 

この記事の著者
ポジサラ

キャリアブロガー

ポジサラ

pojisara

プロフィール

外資系IT企業の法人営業。キャリア相談サービス・転職エージェントを利用して時価総額20兆円超えの超ホワイト外資系企業へ転職し、年収アップ・ワークライフバランスが改善した経験から、キャリアに関する発信をしています。
プロフィール詳細

退職代行がクズ・非常識という実際の声

 

Twitterにて退職代行への否定的な意見を探してみると以下のようなものがありました。

  • 仲間に仁義や恩義を通さずに失礼な辞め方
  • 安易な退職代行サービスでの勝手なバックレ

 

仲間に仁義や恩義を通さずに失礼な辞め方

 

否定的な意見で多く見られたのが、会社や仲間への仁義を通さずに失礼な辞め方だというものでした。

退職代行を利用すると上司や同僚などに相談や報告もなく辞めることになるため、感謝や恩義を感じられずに失礼だと考える人もいます。

 

安易な退職代行サービスでの勝手なバックレ

 

退職代行サービスを利用して安易に辞める人を批難する声もありました。

自分で直接伝えずに人の力を借りて辞めていくのは卑怯だという意見です。

「退職します」の一言を本人が直接伝えられないことから無責任だと感じる人もいます。

 

退職代行はクズではない理由3つ

 

繰り返しになりますが退職代行を利用して退職することは、全くもってクズではありません。

ここでは退職代行を使うのがクズではない理由を以下の3つのポイントで解説します。

  1. 退職するのは労働者の権利だから
  2. 自分の時間や健康の方が大事
  3. あなたがいなくても会社は回ります

 

退職するのは労働者の権利

 

退職するのは労働者の権利です。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用:民法第627条1項

 

連絡の一本もせずに会社を辞めるような行為であればクズと呼ばれても仕方ありませんが...。

2週間という期日をしっかり守ったうえで退職代行を利用して退職告知をおこなう場合には全く問題がありません。

 

仮に会社の規則に「退職する場合は何か月までに告げること」という記載があったとしても、優先順位は法律の方が上になります。

また大前提として退職というのは会社に許可されるものではありません。

会社側は退職を拒否できないことも覚えておきましょう!
ポジサラ

 

自分の時間や健康の方が大切

 

会社よりも、自分の時間や健康の方が大事です。

辞めたいのにダラダラと会社に居続けることで、あなたの人生の大切な時間は刻一刻と減っていきます。

そんな時間があれば、

  • 新たな職場で活躍する
  • スクールなどに通いスキルアップ

 

またつらい思いをしながらムリをして仕事を続けると、精神的・身体的に身体を壊す可能性が高くなります。

会社に無理をして残ることで、自分の人生を台無しにしてしまい後々後悔してしまうかもしれませんし、会社は助けてはくれません。

自分を守るためにも、退職代行の利用を検討しましょう!
ポジサラ

 

あなたが辞めても会社は回ります

 

ほとんどの会社は従業員が1人いなくなっても、業務に支障をきたすことなんてありません。

あなたが辞めて回らなくなるような会社ならば、そのような会社運営の根本に原因があり、遅かれ早かれいずれは回らなくなっています。

 

また後任への引継ぎが焦点になることもありますが、法律で定められているものではありません。

あくまで業務を円滑に進めるためのもので、普段から引き継ぎのための基準書の準備やマニュアルを整備しておけば問題ないといえます。

個人で進めていた取引先との商談の内容や、自分しか知らないデータや特記事項などはメールなどで引き継ぐ必要はありますが、最低限の内容ですみます。

「引継ぎが十分に行われないと会社に迷惑がかかる」と思われる方もいるかもしれませんが、あなたが考える必要はないのです。

関連記事:仕事を引き継ぎしないで辞めたいのは非常識?退職代行を使う3つの注意点!

 

退職代行を使って良かった利用者の声

 

ここからは実際に「退職代行サービスを利用してよかった」とTwitterで発信している方々の声を紹介していきます。

  1. 健康が1番だと分かり良かった
  2. 会社の本性が明らかになった
  3. 悩んでいたが使って良かった

 

上記のような声が多く見られました。

ひとつずつみていきましょう。

 

健康が1番だと分かり良かったと思う。今は元気だ!

 

自分の健康が一番大事なことに辞めた後に気づいたという人が多くいました。

辛い中仕事を続けていると判断力がおち、誰にも頼れず自分で全部なんとかしなければいけないという負のサイクルに入ることで、精神や身体に悪影響を及ぼすことも多いです。

最悪の場合、長期間にわたり仕事や家事が手につかない状況になってしまうこともあります...。
ポジサラ

元気であれば新たな挑戦はいつでもできます。

なによりも自分の健康を一番大事に考えてください。

 

スムーズに辞められるだけじゃなくて会社の本性も明らかになった

 

退職代行を利用することで、退職時の余計なトラブルを避けられたという事例があります。

上記ツイートの方は、退職代行業者が会社に連絡したら担当者の態度が豹変したと別のツイートで記載しています。

退職を告げることで、相手の態度の変化や不当な扱いを受ける可能性がないとは言い切れません。

直接告げるのを躊躇い、退職代行を検討するような会社ならばトラブルに発展することも十分にあり得ます。

退職代行を利用することで、不要なトラブルを回避できることは大きなメリットといえます。

 

退職代行を使うか悩んでいたが使って良かった

 

迷っていたが退職代行を利用して良かったという声です。

退職を告げても会社がまともに取り合ってくれないときや拒否される場合、とても自ら退職を告げられる雰囲気ではない状況など、退職代行の利用を悩んでいたが思い切って利用してよかったという話も多くありました。

実際、退職を申し出たが人員がおらずすんなり辞めさせてもらえずダラダラと長期間仕事を退職できないとい話も多く目にします。
ポジサラ

 

クズとは言わせないおすすめの退職代行3選

 

クズとは言わせないほどの質の高い退職代行サービス業者は、以下の3つです。

  1. 退職代行Jobs
  2. 退職代行ニコイチ
  3. 退職代行辞めるんです

 

退職代行Jobs

公式サイト:https://jobs1.jp/

 

無料相談
金額 29,000円(税込)
即日退職
信頼性 弁護士監修×労働組合法人が運営
退職成功率 100%
保証制度 全額返金保証

 

総合的にもっともおすすめの退職代行サービスが、『退職代行Jobs』です。

労働組合が代行して会社と交渉してくれるため、退職だけでなく、条件面の交渉も行ってくれます。

 

実際に退職代行Jobsでは以下のような交渉を行います。

  • 退職日の調整
  • 未払い給料や残業代などの金銭の請求
  • 退職したら損害賠償だと言われた場合の対応

 

上記のような交渉も可能で、料金は29,000円と、弁護士監修のサービス内ではもっとも安い水準です。

コスパ高すぎ!
ポジサラ

 

上記を踏まえ、退職代行サービスにおける、労働組合と他の法人の違いを表にまとめました。

労働組合 一般法人 弁護士法人
費用 低い
※一般法人と
同じ人件費
低い 高い
※弁護士の
人件費高い
違法性 なし 高い なし
代理交渉権 あり なし あり

 

労働組合は、他の法人の良いとこどりですね!
ポジサラ

 

さらに、無制限で相談できて、24時間対応です。

顔出ししてくれている西前弁護士が監修していて、安心のサービス。

退職代行を利用するのが不安な方で、安全に退職したければ、退職代行Jobsを選びましょう。

 

\1分でカンタン相談!/

※全額返金保証&安心の顧問弁護士監修!

 

詳しい口コミや評判を見たい方だけ、下記の記事を合わせてご覧ください。

関連
退職代行Jobs(ジョブズ)の評判や口コミは?実際に利用した体験談を紹介!

続きを見る

関連記事:退職代行Jobs(ジョブズ)の評判や口コミは?実際に利用した体験談を紹介!

 

退職代行ニコイチ

公式サイト:https://www.g-j.jp/

無料相談 〇(無制限)
金額 一律27,000円(税込)
※追加料金なし
即日退職
信頼性 弁護士が監修
実績件数 29,283件
※2021.8時点
退職成功率 100%
保証制度 全額返金保証

 

退職代行ニコイチは、電話代行業者として創業16年目を迎える会社が運営しています。

他社の退職代行サービスと比べて、もっとも歴史のある会社です。

さらにその業歴の長さから、退職実績件数は3万件弱と業界No.1の件数を誇ります。

ポジサラ
さらに退職成功率は100%!銀行員でも安心して辞められます!

 

退職後2ヵ月間のアフターフォローの保証もついていて、サポート面も手厚く、退職した経験のない方にはもっともおすすめの退職代行サービスです。

引用:退職代行ニコイチ公式サイト

 

\業界トップの実績件数!/

※退職できなければ全額返金対応!

 

関連記事:退職代行ニコイチの評判は怪しい?失敗の口コミや実態を徹底調査!

 

辞めるんです

公式サイト:https://yamerundesu.com/

無料相談 〇(無制限)
金額 27,000円(税込)
※追加料金なし
即日退職
信頼性 顧問弁護士あり
実績件数 7,000件
退職成功率 100%
保証制度 料金後払い可

 

高い信頼性と実績が強みの退職代行サービス、『辞めるんです』。

顧問弁護士の厳正な指導を受けたサービスで、7,000件の問い合わせすべて退職に成功しています。

 

さらに、以下のオプションもついていて、コスパが高いことも特徴です。

  • 相談・電話回数無制限
  • 24時間対応
  • 有給サポート

 

夜遅い時間に退職の手続きについて不安になったり、会社の人から着信があったりすると、心細くなります。

時間を限らずにいつでも相談できるため、退職に不安な方にはもっともおすすめの退職代行サービスです。

 

\アンケートに答えてカンタン無料相談!/

※相談だけならお金は一切かかりません。

 

関連記事:退職代行「辞めるんです」の評判・口コミは?後払いできる安心サービスを徹底検証!

 

まとめ:退職代行はクズではない!

 

退職代行を使うことはクズではありません。

一部否定的な意見もありますが、退職代行サービスは時代の流れと共に世の中に浸透してきており、徐々に利用者も増え続けています。

それよりも退職の告知を拒否することや、理由をつけて引き延ばす会社側の方に問題があるといえるでしょう。

何の連絡もなく突然辞めるバックレのような行為は批難を受けたとしても仕方がありませんがしれませんが、退職代行は合法な手段でありなんの問題ありません。

退職の告知を直接したにも関わらず拒否されたり、取り合ってくれない会社も世の中には多く存在します。

そのような会社で働き続けて身体を壊したり、時間を浪費して後悔する前に退職代行の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

中にはすぐにでも退職代行を利用して退職したほうがいいケースもあるかもしれません。

その決断は、誰から批難されるものではありませんし、クズでもありません。

なによりも自分自身のことを一番に考えて検討してみてください。

  • この記事を書いた人

ポジサラ

外資系IT法人営業 × ブロガー|入社3年目で社内トップの営業成績達成3連覇|大卒後、テキト~な就活でブラックな会社に就職►ストレスで肌が荒れ、顔中真っ赤に►転職エージェント・有料キャリア相談サービスを20社以上利用し、時価総額20兆円超えの外資系企業へ転職►年収アップ・ワークライフバランスが改善

-おすすめ転職サービス, 退職代行サービス