【注意】リクナビネクストに登録したらばれる危険性は?3つの方法で完全対策!

この記事のまとめ

転職者の8割が利用する『リクナビネクスト』。登録前にふと頭をよぎる「登録がばれるのだろうか‥。」という不安。

勤め先にばれない方法とは?リクナビネクスト経由以外でばれる危険性はあるのか?

ばれずにリクナビネクストを利用して、転職した経験のある筆者が解説します!

 

「ホントにバレないんだろうな‥。」

リクナビネクストに登録する前に気になるのが、勤め先への身バレ。

筆者も同じような一抹の不安を覚え、ひたすらにばれない方法を調べまくった過去があります。

 

結論から言うと、本記事に沿って設定すれば、リクナビネクスト経由で転職先にバレることはありません。

 

この記事を読めば、リクナビネクストを安心して利用することができますよ!
こうたーぼ

 

リクナビネクストに登録すると公開される自分の情報

 

リクナビネクストでは、「会員登録後」、「求人への応募」、「スカウト機能をオンにする」時のそれぞれで、企業側に公開される情報が下図のように異なります。

 

画像引用:リクナビネクスト公式サイト

 

応募した先には職務経歴までが公開され、スカウト機能をオンにすると、不特定多数の企業からすべての求職者情報が公開されることになるのです!
こうたーぼ

 

会員登録したらプロフィールが公開されますが、個人が特定される情報は非公開です。

 

※「氏名」「生年月日」「性別」「メールアドレス」「電話番号」「住所」は非公開のため、企業や転職エージェントには開示されません。
※「生年月日」は非公開ですが、「生年月日」から自動算出された年齢は公開されます。

引用:リクナビネクスト公式サイト

 

つまり、応募した先の求人、またはスカウト機能をオンにした時に、職務経歴が公開されるため、登録がバレてしまう“可能性がある”ということ。

 

とはいえ、応募した求人が勤め先なんて、おかしな話はありませんよね。スカウト機能をオンにした時が注意なのです。

 

スカウト機能をオンにしながら、会社にバレない方法もあるので、対策を見ていきましょう!
こうたーぼ

 

リクナビネクストの登録がばれるのを防ぐ3つの方法

 

登録がばれないための方法は、以下の3つです。企業からのスカウトが欲しい方でも、対策は十分可能です。

  1. 【スカウトが不要な人】スカウトサービス機能をオフにする
  2. 【スカウトが欲しい人】勤め先へのレジュメ公開をブロック
  3. 【共通】職務経歴の社名を非公開にする

 

【スカウトが不要な人】スカウトサービス機能をオフにする

 

スカウトサービス機能をオフにすると、すべての企業から自分のレジュメが閲覧できなくなります。

 

レジュメとは

プロフィール学歴・語学・資格/職務経歴/自己PR/キャリアプラン/希望条件/経験職務など、採用に必要な求職者の情報のこと。

 

レジュメが公開されなければ、登録が会社にバレることはありません。

 

とはいえ、企業からのオファーを受けることができなくなるのが難点です。

 

スカウトサービスをカンタンに説明すると…下記の2つの種類に分けられます。

  1. オープンオファー
  2. プライベートオファー

 

オープンオファーは、企業の希望にマッチした求職者へ自動送信されるもの。いわゆる“DM”です。

プライベートオファーは、ホントに企業が欲しい人材に声をかけるもの。応募すれば、書類選考なしで面接に行けることもあります。

 

スカウト機能のメリット・デメリットは以下のとおり。

メリット
  • 企業が送ってくるので自分が求人を探す手間が省ける
  • 自分にマッチした求人の見逃し防止になる
  • プレミアムオファーが届けば、トントン拍子に内定に近付く
デメリット
  • オープンオファーが来たところで、書類選考で落とされることもよくある
  • 1日10通以上届くことがあり、「うざい」と思うことも。

 

迷ったら、最初はスカウトメール機能をオフにして、慣れてきてからスカウト機能を活用するのがおすすめ!
こうたーぼ

 

スカウトメール機能をオフにする手順は超カンタンです。3ステップで解説します。

 

step
1
マイページの「登録・設定情報」をタップ!

スカウトメール機能をオフにする手順をスマホ画面で解説している①

step
2
「スカウト・レジュメ」内の「OFFにする」をそれぞれ選択!

スカウトメール機能をオフにする手順をスマホ画面で解説している②

step
3
変更確認画面の「OK」をタップして完了!

スカウトメール機能をオフにする手順をスマホ画面で解説している③

 

すぐにできるので、会員登録したらまず始めにやってみましょう!
こうたーぼ

 

>>リクナビネクストの公式サイトはこちら

 

【スカウトが欲しい人】会社へのレジュメ公開をブロック

 

スカウトメール機能を活用しながら、リクナビネクストを使い果たしたい方は、「勤め先をブロック」しましょう。

 

ブロックした会社は、レジュメを見れなくなり、スカウトできなくなります。その他の企業はレジュメを見てスカウトできるので安心!
こうたーぼ

 

特定の会社だけレジュメ公開をブロックする手順は、以下のとおりです。

 

step
1
マイページの「登録・設定情報」をタップ!

レジュメ公開をブロックする手順をスマホ画面で解説している①

step
2
登録・設定情報画面の「レジュメ情報」をタップ!

レジュメ公開をブロックする手順をスマホ画面で解説している②

step
3
レジュメ情報内の「レジュメ公開ブロック」をタップ!

レジュメ公開をブロックする手順をスマホ画面で解説している③

step
4
会社名を入力してブロック設定すれば完了!

レジュメ公開をブロックする手順をスマホ画面で解説している④

 

最大10社まで登録できるので、関連会社は漏れなくブロックしておきましょう!
こうたーぼ

 

【共通】職務経歴の社名を非公開にする

 

リクナビネクストでは、職務経歴書に記載する過去と現在を含めた勤め先の社名を非公開にできます。

 

社員数が少ない会社に勤めている方は、勤め先の社名を公開しているだけで特定される可能性があるので、非公開をおすすめします!
こうたーぼ

 

勤め先のレジュメ公開をブロックしている場合であっても、社名は非公開にしておきましょう。

 

万が一、ブロックが漏れていたり、自分の知らない関連会社や親密会社が存在していた場合に、特定を防げるかもしれないからです。

 

それでは、社名を非公開にする設定の手順を見ていきましょう。超カンタンです。

 

step
1
レジュメ公開ブロックと同じように「レジュメ情報」まで進み、「職務経歴」をタップ!

職務経歴書内の社名を非公開する手順をスマホ画面で解説①

step
2
職務経歴内の「社名を公開しない」をタップして完了!

職務経歴書内の社名を非公開する手順をスマホ画面で解説②

 

スカウトメール機能をオフにしている場合でも、念のため社名の非公開設定は行っておきましょう!
こうたーぼ

 

\ 転職利用者の8割が登録/

※3分でカンタン登録!登録後も完全無料!

 

リクナビネクストに登録がばれる失敗しやすいケース

 

失敗しやすいケースを3つご紹介していきます。知っておけば、失敗する確率はガクンと下がりますよ。

  1. 関連会社や取引先へのレジュメブロックを失念
  2. 職務経歴書に個人が特定されやすい固有名詞を入力
  3. 会員登録後に会社がリクナビネクストに登録した

 

関連会社や取引先へのレジュメ公開ブロックを失念

 

関連会社は、人事権をもった役員が共通していることが多く、可能な限りブロックしておくべきです。

 

特に資本関係にある会社同士は、従業員が出向する関係にあることが多く、人事情報が流れやすいです!
こうたーぼ

 

さらに、主要な取引先は、自社の従業員を把握していることもあるため、注意しましょう。

 

10社まではブロックの設定ができるので、漏れなく設定しておくことをおすすめします。

 

職務経歴書に個人が特定されやすい固有名詞を入力

 

※職務経歴内の「主な職務内容」に固有名称(会社名・商品名・部署名)を入力されますと、
個人を特定できる可能性がございますので、内容をご確認の上、ご入力ください。

引用:リクナビネクスト公式サイト

 

上記のとおりで、具体的なプロジェクト名、詳細な地名などを職務経歴書に入力してしまうと、特定されてしまう可能性が高くなります。

 

どうしても職務経歴書でアピールしようと思うと、具体的な名前を書いて説得力を上げたくなっちゃうんですよね‥。
こうたーぼ

 

固有名詞はできるだけ入力せず、読み手がイメージしやすい職務経歴書を心がけましょう。

 

リクナビネクストのうまく使いこなすコツは、下記の評判をリサーチした記事で解説していますので、合わせてご覧ください。

関連
【ブラック?】リクナビネクストの評判は?2chの口コミを徹底リサーチ!

続きを見る

関連記事:【ブラック?】リクナビネクストの評判は?2chの口コミを徹底リサーチ!

 

会員登録後に会社がリクナビネクストに登録した

 

勤め先がリクナビネクストの求人に掲載していない場合は、ブロック設定時に会社名を検索してもでてきません。

 

ここで安心するのはすこし早いです‥!
こうたーぼ

 

定期的にブロック設定画面の社名検索をして、新しくリクナビネクストに会社が登録してないか確認しておきましょう。

 

リクナビネクストに登録していなければ、“これから登録する可能性がある”わけです。

 

すると、勤め先が掲載を開始したと同時に、自分のレジュメを見られてばれてしまうことにもなりかねません。

 

リクナビネクストは超有名転職サイト。勤め先が求人掲載の第一候補として挙げる可能性は高いので、ブロック設定の社名検索で定期的にチェックしておきましょう!
こうたーぼ

 

>>リクナビネクストの公式サイトはこちら

 

リクナビネクスト経由以外で登録がばれるケース

 

実はリクナビネクスト経由以外でばれる方が可能性としては高いです。以下の5つが、ばれるケースとして挙げられます。

  1. 会社支給のスマホ・PCからアクセス
  2. 会社のWi-Fiを使用してリクナビネクストを開く
  3. SNS等で転職活動をしていることをつぶやく
  4. スマホで見ているところを覗き見される
  5. スマホのホーム画面のリクナビネクストのアプリを見られる

 

会社支給のスマホ・PCからアクセス

 

うっかり、会社支給のスマホやPCでリクナビネクストにアクセスしてしまうと、履歴でばれる可能性があります。

 

当たり前に思えるかもしれませんが、気を抜いてうっかり会社のスマホで開いてしまうこともあります。

 

求人をチェックするなら自分の端末!」これを意識しておきましょう。

 

会社のWi-Fiを使用してリクナビネクストを開く

 

職場のWi-Fiは、アクセスした端末の閲覧履歴がすべて残るように設定されているケースがほとんどです。

 

端末の不具合があった場合に、どういった端末でどのようなサイトを閲覧したのかをチェックされる場合があります。

 

会社のデータがハッキングされてしまうと、大変です。履歴を残すのは会社として、もはや当たり前のこと。
こうたーぼ

 

上記を踏まえて、プライベートでの会社Wi-Fiの使用は控えておくのが無難でしょう。

 

SNS等で転職活動をしていることをつぶやく

 

SNSを監視する会社は多くなっています。Twitterやインスタなど、個人名を公開している方は、転職活動を行っていることは内密にしておきましょう。

 

また、会社の同期とSNSが繋がっている場合も、注意です。その同期が会社に告げ口をする可能性も否定できません。

 

転職活動を行っていることは、あまり外部に漏らさないようにしておきましょう!
こうたーぼ

 

スマホで見ているところを覗き見される

 

職場でリクナビネクストを開いていると、覗き見されることもあります。

 

実際に僕は職場のデスクでスマホを開いてリクナビネクストを見ているのを、同僚にばれたことがあります。
こうたーぼ

 

その同僚は、転職するまで黙っていてくれましたが‥。

その日にすぐ、覗き見防止フィルターをAmazonで買って、スマホに貼り付けました。

 

会社でリクナビネクストを開くなら、個室やトイレなど、人が後ろを通らない場所を選びましょう!
こうたーぼ

 

スマホのホーム画面のリクナビネクストのアプリを見られる

 

スマホのホーム画面はめったに見られることはありませんが、開きっぱなしでデスクに置いてしまうこともあります。

 

リクナビネクストは、アプリでも使用できるので、ホーム画面を見られると、目に入ってしまうこともあるでしょう。

 

アプリをそもそも使わないか、アイコンを非表示にするなどして、工夫しましょう!
こうたーぼ

 

まとめ:リクナビネクスト経由で自分の登録がばれることはない!

 

今回はリクナビネクストに登録しているのが会社にばれない方法を解説しました。

  1. スカウトサービス機能をオフにする
  2. 会社へのレジュメ公開をブロックする
  3. 職務経歴の社名を非公開にする

 

上記の設定を行えば、リクナビネクスト経由でばれることはありません。

 

会員登録後は、本記事に沿ってサクッとばれない設定を行いましょう。

 

\ 転職利用者の8割が登録/

※3分でカンタン登録!登録後も完全無料!

 

さらに、国内最大手の転職エージェント『リクルートエージェント』を併用すれば、キャリアアドバイザーからサポートを受けながら、転職活動を効率的に進められます。

 

転職エージェントのアツいところは、一般公開されていない「非公開求人」に応募できることなんです!
こうたーぼ

 

関連
リクルートエージェントの評判は悪い?2ch等のリアルな口コミを晒す!

続きを見る

関連記事:リクルートエージェントの評判は悪い?2ch等のリアルな口コミを晒す!

 

その他のおすすめな転職サイト・転職エージェントを知りたい方は、こちらの記事を合わせてご覧ください。

関連
【もう迷わない】おすすめ転職サイト・転職エージェントをランキング形式で解説

続きを見る

関連記事:【もう迷わない】おすすめ転職サイト・転職エージェントをランキング形式で解説

 

今回は以上となります。

  • この記事を書いた人

こうたーぼ

大卒後、テキト~な就活でブラックな会社に就職►ストレスで肌が荒れ、顔中真っ赤に►世の中の有益な情報に目を向け、読書を習慣化►転職エージェント10社以上利用し、一部上場の優良企業に転職►社内トップセールス複数回受賞

-おすすめ転職サイト