【暴露】ハローワークはブラックだらけ‥?ホワイト企業ばかりではない!

この記事のまとめ

掲載求人がブラック企業ばかりと噂が絶えないハローワーク。

ホントにハローワークはブラック企業だらけなのか?ホワイト企業の探し方とは?

実際にハロワで求人を探した経験のある筆者が、体験談を暴露します!

 

仕事を辞めると、初めてお世話になるハローワーク。

 

ネットでリサーチしたり、転職経験のある知人に話を聞いてみると、必ずと言っていいほどでてくる“ブラックばかり”という悪い評判。

 

なんだか調べれば調べるほど、ハローワークって大丈夫なの‥?という疑問が大きくなりますよね‥。
こうたーぼ

 

僕はそんな中、転職活動中に失業手当の求職活動のカウントのため、おそるおそるハローワークに行ってみました。

ブラックばかりのハローワークの体験談として、僕自身の雇用保険受給資格者証の写真を公開。

僕が受け取った雇用保険受給資格者証です。

 

結論、ハローワークでもホワイト企業は見つけられるけど、効率的な転職活動するならもっと他の方法がおすすめ!というお話をしていきます。

 

ハローワークはブラックだらけ…ホワイト企業ばかりではなかった体験談

 

結論から言うと、ハローワークは、失業手当をもらうために求職活動を“アピール”する場所です。

 

自己都合退職の場合、失業手当をもらうためには、ハローワークに求職活動をしていることを認めてもらわないといけません‥。
こうたーぼ

 

本当にホワイトな求人を探すなら、転職サイトを活用することをおすすめします。

 

PCと睨めっこしても、ろくな求人がない

 

ハローワークに入ると、色んな人が来ていました。主婦のような方や、おじいちゃんまで。やや年配の方が多いイメージ。やはり求職者が来るところなので、負の雰囲気はあります。

 

ハローワークで受け付けをすませると、専用のPCで求人を探していきます!
こうたーぼ

 

勤務時間や年齢、住所など、休職情報を入力して、手続きを済ませたら、専用端末で求人を見ていく流れです。

 

気になる業種を絞ってみていくと…

「月給11万、年休80日」など、誰が見ても無いような会社を平気で掲載しています。

 

ここで、「えぇ、ちょっとないな…。」と思いつつも、PCと睨めっこを続けます。しかし、同じような求人や、ブルーカラーと呼ばれる現場作業員の求人が多いイメージ

 

新卒で入った会社がブラックだった僕からすれば、ブラック集がプンプンするものばかりでした。

 

ハローワークは求人掲載にお金をとらないので、資金力がない会社や人がすぐ辞めて長い求人募集したい会社には好都合なんですよね‥。
こうたーぼ

 

その中でもマシかな~と思う求人票を1枚印刷して、ハローワークの職員の方に、相談してみることにしました。

 

 

職員に相談しても「塩対応」

 

印刷した求人票をもって、職員の方に応募人数などを相談してみました。

 

受付してくれたのは、40代ぐらいの男性職員でした。
こうたーぼ

 

「今2名募集していますが、3人が応募しているみたい。実際に面接まで行っている人はいないみたいですね。」と、調べながら答えてくれます。

 

僕は、職員に相談する機会なので、ぶっちゃけ話を聞きたくなり、「本音で教えてほしいんですけど、ここってブラックなんですかね?(笑)」と聞いてみることに。

 

すると、「いやー知らないねぇ。会社に入れば、どこでも大変ですよ?」と言われてしまいました。

 

塩対応すぎる…。と心の中でつぶやきました。
こうたーぼ

 

めげずに、「この会社はブラック特有の求人をずっと出してるような会社ですか?」と聞くも、「ん~ずっと見てるわけじゃないからね、なんとも言えないよ。」との返事が。

 

あぁもうダメだ。と思い、「いったん持ち帰ってみます。」と話してハローワークを出ました。

 

あくまで僕個人の体験談です。職員の方で親身になって答えてくれる人はいるはずですので、あしからず。
こうたーぼ

 

 

ハロワを出たら「一緒に働かないか?」と出待ちに声をかけられた

 

ハローワークを出ると、スーツ姿の男性がこちらに近付いてきて、「求職中の方ですか?」と声をかけられました。

 

保険の外交員の方で、「ぜひ、うちで働いてみませんか?」というスカウトのようなもの。

 

「おそらくこの人にもノルマがあるんだろうなぁ。」と思いつつ、丁重にお断りするも、しつこく勧誘されました。

 

おそらく、求人にも掲載できないような会社か、募集してもひっかからないような会社なのかもしれません‥。
こうたーぼ

 

僕も営業をしているので、同情しますが、ハローワーク前で勧誘してくる会社は怖いですよね。

 

総じて、ハローワークでお世話になるのは、リスクがあるなぁと感じました。

 

 

ハローワークでホワイト企業を見つける3つの方法

 

ハローワークで、どうしてもホワイト企業を見つけたい‥!

 

そんな方へ向けて、掘り出し物企業を見つける方法3つをご紹介します。

 

  1. 「ハロワ検索」で事前に求人をリサーチ
  2. ネット上の口コミや評判を参考にする
  3. 職員に「離職率」を聞いてみる

 

「ハロワ検索」で事前に求人をリサーチ

 

ハローワークに行ってその場で求人を探すより、「ハロワ検索」を使えば、事前にリサーチができます。

 

ハロワ検索の良いところは、過去の掲載履歴が載っていること!
こうたーぼ

 

ブラック企業を見抜くためには、「ず~っと求人を掲載していないか」がポイントになります。それだけ人が辞めているということなので。

 

ハロワ検索を使えば、サクッと掲載履歴が見れるので、ブラック企業に応募しないために有効なツールになります。

 

 

ネット上の口コミや評判を参考にする

 

目ぼしい求人が見つかれば、やはり評判が気になるもの。

 

ハローワークでは、「求人の掲載内容が実際の条件と違う」という評判もよく聞きます‥。
こうたーぼ

 

 

こういった求人に騙されないためにも、転職会議のような会社の口コミサイトに無料登録して、リアルな実態を調べておきましょう。

 

転職会議の口コミは、ハローワークの求人の口コミを調べるのに最適。

転職会議では無料会員登録前だと、最初の数行から下の口コミが見れないです。

 

無料会員登録をすれば、口コミを見られるようになり、求人の掲載内容が合っているのか、調べられます。

 

無料なので、登録してデメリットはありません。今は気になる求人はなくとも、登録しておく方が無難です。

 

\求人数2万件以上!/

 

 

職員に「離職率」を聞いてみる

 

ハローワークの職員の方に離職率を聞いてみましょう。

 

厚生労働省-「令和元年雇用動向調査結果の概用」によると、離職率の平均は「15.6%」なので、この数字を基準に考えてみるとよいです。

 

聞くときは、求人票を印刷して直接聞きましょう。僕は、ハロワ検索で調べて、気になった求人の離職率を電話で聞いたことがあるのですが、教えてくれませんでした。
こうたーぼ

 

 

ハローワークより転職サイトの方がホワイト企業を見つけやすい理由3つ

 

ハローワークより、転職サイトの方がホワイト企業を見つけやすい理由は、下記の3つです。

 

  1. 一定レベルの企業が保証されている
  2. 効率的に転職活動ができる
  3. 自分の市場価値が分かる

 

僕は転職サイト、転職エージェントを複数社使いながら、転職しました!働きながら転職活動したい方は、ぜひ参考にしてください!
こうたーぼ

 

一定レベルの企業が保証されている

 

ハローワークに求人を掲載するのは、無料。しかし転職サイトは、企業がお金を払って人を募集しています。

 

転職サイトには、ハローワークに比べて以下のような企業が多いです。

  • 資金力がある大企業
  • 業績の良い会社
  • 採用コストをかけて成長したい会社

 

ハローワークは、無料で人を募集できる以上、会社の質はピンキリと言えます。

 

転職サイトは、一定レベルの企業は保証されているイメージ。もちろん、全ての会社がホワイト企業とは言えませんが、ハローワークに比べて、求人レベルの底上げができています。

 

さらに、民間サービスならではの圧倒的求人数で、業種問わず幅広い情報をカンタンに見つけられるの魅力的です。

 

業種をある程度絞れば、目ぼしい求人は見つかります!実際僕も、最初は求人数の多さに圧倒されましたが、すぐに気になる求人を見つけられました!
こうたーぼ

 

 

効率的に転職活動ができる

 

ハローワークは、一般的に営業時間は17時までです。足を運んで転職活動を行うため、移動時間や手間がかかります。

 

転職サイトは、スマホがあればすぐ求人に応募できます。以下のような人に、転職サイトはもっともおすすめです。

  • 働きながら転職活動をしたい人
  • ハローワークが遠く、移動にお金がかかる人
  • 転職初心者で履歴書や職務経歴書に時間をかけたい人

 

オンラインで求人に応募できるため、場所や時間を選ばずに転職活動ができます。職務経歴書などめんどくさい書類関係に時間をかけられます。

 

さらに、先ほどもお話ししたように、ハローワークによっては独特の負の雰囲気も感じ、転職活動のモチベーションが下がってしまうことも。

 

特に働きながら転職活動をしていると、「もういいや‥。」となってしまいがち。今より優良企業を探すべく、やる気を維持するのは大切なことです!
こうたーぼ

 

 

自分の市場価値が分かる

 

転職サイトのビズリーチからのスカウトメール。ハローワークにはないホワイト企業からくることも。

実際に届いた転職サイト『ビズリーチ』のヘッドハンターからのスカウトメール

 

スカウト型の転職サイトでは、職務経歴など、自分の情報を入力すると、頻繁にスカウトメールが届くようになります。

 

スカウトを通じて、自分がどのような業界から求められていて、どのくらいの年収で働けるのか、自分の市場価値を把握できるんです。

 

「えっこんなに良い会社から!?」というスカウトが届くこともあります。一喜一憂せず、色んなスカウトを受けて、冷静に自分の市場価値を分析しましょう!
こうたーぼ

 

おすすめスカウト型転職サイト

リクナビNEXT

【公式】https://next.rikunabi.com

業界最大手で求人数No.1。圧倒的なスカウト数を誇る。

doda

【公式】https://doda.jp

面接確約オファーなど、内定までのスピード感が強み。

ビズリーチ

【公式】https://www.bizreach.jp

年収1,000万円を超える求人が3分の1以上。ヘッドハンターのスカウトが頻繁に届く。

 

登録後も完全無料なので、損はありません。ぜひ、自分に合った優良企業を見つけましょう!

 

 

「非公開求人」に応募するなら転職エージェントがおすすめ

 

転職サイトやハローワークに一般公開されていない非公開求人に応募するなら、転職エージェントがおすすめです。

 

転職エージェントとは

完全無料でプロのキャリアアドバイザーに書類のアドバイスをもらったり、企業とのやり取りを代行してもらったり、他にも様々なサポートを受けられるサービス。

 

転職エージェントに登録するメリットは、以下のようにたくさんあります。

  • 登録後も完全無料で利用できる
  • 履歴書や職務経歴書などの書類の作成のサポートをしてもらえる
  • 求人として表に出ない超優良な「非公開求人」に応募ができる
  • 採用までのスケジュール調整をしてもらえる
  • 転職に関する相談は何でもOK

 

転職エージェントは、プロのキャリアアドバイザーと二人三脚で転職を考えられるので、負担が軽くなり、右も左も分からない初心者でもラクに進められます。

 

費用は、求人を募集している企業側が負担する仕組みです。だから、完全無料なんです!
こうたーぼ

 

おすすめは、業界No.1の求人数を誇るリクルートエージェントです。人気のサービスで認知度も高いのが特徴。

 

転職実績もNo.1なので、ぜひ利用してみてください。

 

転職エージェントのアツいところは、一般公開されていない「非公開求人」に応募できるところです!
こうたーぼ

 

\非公開求人数10万件以上!/

登録後も完全無料!

 

その他のおすすめ転職サイト・エージェントは、下記の記事でまとめてますので、参考にしてください。

関連
【もう迷わない】おすすめ転職サイト・転職エージェントをランキング形式で解説

続きを見る

 

 

まとめ:ハローワークはブラックばかりでホワイト企業だらけではない!

 

今回はハローワークのリアルな実態をお届けしました。

 

総じて僕の主観が入ってしまっていますが、実際に僕が体験したリアルな実態です。

 

転職先の面接に行くために、ハローワークで転職活動を行うのは、やはり非効率だと感じます。

 

今回ご紹介したスカウト型転職サイトで、効率的に転職活動を行いましょう。オンラインで質の高い企業へ応募できる無料のサービスは登録しておいて損はないです。

 

おすすめスカウト型転職サイト

リクナビNEXT

【公式】https://next.rikunabi.com

業界最大手で求人数No.1。圧倒的なスカウト数を誇る。

doda

【公式】https://doda.jp

面接確約オファーなど、内定までのスピード感が強み。

ビズリーチ

【公式】https://www.bizreach.jp

年収1,000万円を超える求人が3分の1以上。ヘッドハンターのスカウトが頻繁に届く。

 

今回は以上となります。

  • この記事を書いた人

こうたーぼ

大卒後、テキト~な就活でブラックな会社に就職►ストレスで肌が荒れ、顔中真っ赤に►世の中の有益な情報に目を向け、読書を習慣化►転職エージェント10社以上利用し、一部上場の優良企業に転職►社内トップセールス複数回受賞

-仕事・転職