転職エージェントは相談だけでもOK?相談だけを繰り返して転職成功した筆者が解説!

この記事のまとめ

転職エージェントに転職の相談だけするのは問題ないです。

ただし、転職することが前提で話が進むため、フラットに転職相談だけしたいなら『キャリア相談サービス』がおすすめ。

実際に転職エージェント・キャリア相談サービスを合わせて10社以上利用した経験のある筆者が詳しく解説します。

 

転職のプロに相談だけ行うことは、情報収集として大きなメリットになります。

現に僕は、キャリア相談サービスのカウンセリングを繰り返して、転職すべきかどうか判断できるようになりました!
ポジサラ

転職エージェント側としても、「相談だけ行うことはNG!」とはどこにも明記されていません

とはいえ、転職エージェントの成果は“自社の求人転職してもらうこと”なので、取扱求人への転職をすすめられるのが大半です。

この記事では転職相談だけ行えるサービスの最適解をお示しします。

おすすめ転職相談サービス

【公式】キャリドラ

業界最大手の人気No.1キャリア相談サービス!累計3万人が申し込みに殺到!

【公式】ポジウィルキャリア

キャリア相談サービスの先駆け的存在!通過率1%のプロコーチが悩み解決!

【公式】ライフシフトラボ

40〜50代に特化した唯一のキャリア相談!転職・複業・独立などキャリア選択肢を増やし自律を目指す!

この記事の監修者
監修者室田浩志

株式会社ZERO TALENT取締役COO

室田 浩志

Murota Koji

プロフィール

株式会社ZERO TALENTの取締役COO。現役キャリアアドバイザー。通算1,000名以上の転職者のキャリアカウンセリング・コンサルティングを行う。2社のスタートアップベンチャー立ち上げ経験有り。Twitterでは転職エージェントの取締役として転職情報を発信。Twitterはこちら
プロフィール詳細

この記事の著者
ポジサラ

キャリアブロガー

ポジサラ

pojisara

プロフィール

外資Saas最大手企業の法人営業。法人1社の代表取締役。キャリア相談サービスなどの転職支援を利用して地銀→時価総額20兆円超え外資IT企業へ転職。年収200万円アップ・副業→起業した経験から、キャリアに関する発信をしています。
プロフィール詳細

【結論】転職エージェントは相談だけでもOK

 

転職エージェントは、すぐに転職する気がなくても相談に乗ってくれます。

相談時に転職する気がないことを話してもOK。

下記は、ビズリーチで実際に転職エージェントから来たDMです。

転職エージェントやヘッドハンターは、上記のように最初から情報交換目的でもカウンセリングを行ってくれます。

すぐに転職する気がなくても、情報収集の観点では有意義な時間になります!
ポジサラ

 

転職エージェントにはどこまでの内容を相談できる?

 

結論から言うと、転職する気がなくても「転職を検討している」と話した方がエージェント側へ深い内容まで相談できます。

本音ベースで話すのは構いませんが…。

転職する気は一切ないですが、情報収集で…。」なんて言うと、エージェントは「時間とるメリットがないな…。」と判断してしまいます。

相手もボランティアではないので、中々話を聞いてもらえないのです…。
ポジサラ

なのであくまで「転職したいと思っている。」もしくは「半年以内に転職することを考えて今情報収集している。」と最初に伝えてあげるのがベストです。

たとえば、僕の場合以下のような相談をしました。

  • 自分と似た経歴をもつ人のキャリアアップの事例
  • 転職市場の動き
  • 気になっている企業への内定難易度 など

1点だけ注意してほしいのが、転職エージェントには上記のように“転職することを前提として相談をする”ことしかできません。

もしあなたが“転職するかどうか”を含めてフラットに相談したい場合はキャリア相談サービスを利用しましょう。

 

転職エージェントに相談だけするメリット3つ

 

転職エージェントに相談だけするメリット3つは、以下のとおり。

  1. 転職市場の動きがわかる
  2. 自分の市場価値が“リアル”にわかる
  3. 転職市場における自分の強みや弱みがわかる

 

転職市場の動きがわかる

 

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、転職市場におけるプロ中のプロです。

キャリアアドバイザーは、日々の求職者に対する転職サポートの中で、イヤでも転職におけるトレンドを察知できます。

例えば…

  • 今の時期は求人が多いのか少ないのか
  • 自分の希望に合った職種はどんなスキルや経験がある人が最近内定を獲得しているか
  • 現在、希望業界は採用に積極的か、絞り込んでいるか、など

 

上記のような転職における情報は、僕たちがリアルタイムに掴みづらい情報です。

転職エージェントしか持っていない一次情報を集めるだけで、“今の時期に転職したら有利なのかどうか”といった視点を持てます。

リアルな転職市場の動きや流れを理解した上で、転職活動の臨むのが賢いやり方です!
ポジサラ

 

自分の市場価値が“リアルに”わかる

 

転職エージェントは、僕たちの経歴や職歴を見て、どのぐらいの市場価値があるかすぐに判断してもらえます。

なぜなら、転職エージェントは数多くの求職者と面談しており、あらゆる職歴の方の転職活動を見ているからです。

例えば、僕の場合、前職は地方銀行の法人営業をしており、下記のような市場価値について教えてもらました。

  • 銀行の法人営業出身は、役員レベルとの営業スキルがあり、BtoBの営業において市場価値が高い
  • わりとどこの業界でも採用実績があり、選べる立場にある
  • ただし、給与は他業界に比べて高いため、転職を機に年収が下がる傾向にある

 

上記は、銀行の法人営業のリアルな市場価値です。

僕は転職エージェントに相談をして、自分の市場価値を知れただけで、ものすごく自信になりました!
ポジサラ

とはいえ、「自分の市場価値なんて絶対高くないわ…。」と思われる方もいるかもしれません。

であれば、転職エージェントにまず相談して、リアルな自分の市場価値を教えてもらい、対策を練ればよいのです。

この業界は厳しい、けれども○○のスキルは重宝される」など、リアルな情報を集めて、受かりやすいかつ興味のある業界に応募することもできます。

 

転職市場における自分の強みや弱みがわかる

 

転職エージェントは、個人の強み、弱みも教えてくれます。

例えば、分かりやすいところで言うと、

  • 法人営業でNo.1の実績がある人
  • 法人営業をしていたけど、平均より下の実績だった人

前者には“営業力”という強みがあることがわかりますよね。

これだけ見ると、後者がポンコツのように見えますが、そうじゃありません。

営業成績が低くても、「電話のアポ率は高かった」ということもあるかもしれません。

電話が得意であれば、インサイドセールスに向いているというのも1つの強みですよね!
ポジサラ

自分を決めつけずに、転職エージェントに相談して、強みを見出してもらうことも1つの手と言えます。

 

転職エージェントに相談だけする際の注意点2つ

 

転職エージェントに相談だけする際の注意点は、以下の2つです。

  1. 相談時に提案された求人だけで判断しない
  2. 転職エージェントで転職すべきか判断するのは危険

 

相談時に提案された求人だけで判断しない

 

転職エージェントは取り扱っている求人に限りがあります。

大手の転職エージェントは、10万社以上の求人を取り扱っているサービスもありますが、小規模転職エージェントは1,000社にも満たないことはザラです。

転職エージェント経由で転職するのであれば、限られた求人の中から転職するしかないですが、あなたはそうではないはず。

転職エージェントという縛りがなければ、採用しているどの企業でも受けられるのです!
ポジサラ

自分の可能性は自分で狭めないようにしましょう。

転職エージェントで理想の求人に出会わない限り、広い視野を保って転職活動を行うべきです。

求人紹介をしない転職エージェント以外に相談すると、求人ではなく本質的な転職に関する相談ができるのでおすすめですよ。

≫転職相談はエージェント以外にできる?4つのサービスを徹底解説!

 

転職エージェントで転職すべきか判断するのは危険

 

転職エージェントに相談しただけで「転職しよう!」と決めるのはすこし危険です。

なぜなら、転職エージェントは、求職者を企業に紹介することで、企業側からお金をもらうビジネスだから。

つまり、転職エージェントは求職者を転職させなければ、売上が立たないため、質の悪い担当者にあたると、転職をゴリ押しされるケースもあるのです。

もちろん、親切丁寧に転職について一緒に考えてくれる担当者も多いです!
ポジサラ

転職エージェントに相談する時は、“転職しないと相手のメリットはない”ということを認識しておきましょう。

もし、フラットに転職の相談をしたい場合は、キャリア相談サービスがおすすめです。

深い自己分析からプロのコーチが自分に合ったキャリアを一緒に考えてくれるサービスです。

僕は実際にキャリア相談サービスを受けて、視界が開ける感覚になり、まさに衝撃でした!
ポジサラ

キャリア相談については下記の記事でまとめていますので、ご興味がある方だけ合わせてご覧ください。

関連
おすすめの有料キャリア相談
有料キャリア相談おすすめ13社を受講者が徹底比較!ランキング形式で人気サービスを紹介!

続きを見る

関連記事:有料キャリア相談おすすめ13社を受講者が徹底比較!ランキング形式で人気サービスを紹介!

 

転職を前提とせずにフラットに相談したいならキャリア相談

 

転職の相談をするなら、求人の紹介をしないキャリア相談サービスを活用しましょう。

強引に転職を進められることもなく、しっかりと自己分析をサポートしてくれて、カウンセリングを行ってくれます。

僕は実際にキャリア相談サービスを利用して、企業選びに困らなくなり、視界が開ける感覚になりました!
ポジサラ

 

1度の転職相談だけでも、自分の悩みをしっかりと聞いてくれて、深く自己分析をサポートしてくれます。

転職すればいいのか、現職で頑張るべきか、当時悩んでいた僕にとって、カウンセリングのフィードバックを受けた時、視界が開ける感覚になりました。
ポジサラ

 

僕が受けたのはキャリドラというキャリアコーチングサービスです。

60分の初回カウンセリングが無料だったので、「試しに受けてみよう。」と軽い気持ちで受けたら、衝撃を受けました。

「今までの自己分析がマジで浅かった」と思い知らされるほど、深い自己分析を提供してくれたのです。

 

カウンセリング中は、和やかな雰囲気の中で、コーチが気さくに問いかけてくれるものでした。自己分析のサポートだけでなく、キャリアアップを目指すための簡単なアドバイスも教えてもらえました。

 

 

\累計3万人以上が申し込みに殺到!/

※初回カウンセリングだけならお金は一切かかりません

 

キャリドラの詳しい口コミや僕のカウンセリングを受けた感想を知りたい方だけ、下記の記事を合わせてご覧ください。

関連
キャリドラの評判や口コミを解説
キャリドラの評判は?やばい口コミ・怪しい噂を実際に利用した筆者が徹底解説!

続きを見る

関連記事:キャリドラの評判は?やばい口コミ・怪しい噂を実際に利用した筆者が徹底解説!

その他各キャリア相談サービスの評判・口コミは以下から飛べます。

 

まとめ:転職エージェントへ相談だけする際の内容などを徹底解説!

 

今回は、転職エージェントに相談だけすることに関して筆者の経験談を踏まえて解説しました。

本記事の内容を以下にまとめておきますね!
ポジサラ
  • 転職エージェントは相談だけでもOK!
  • 転職エージェントのビジネスを理解した上で相談しよう!
  • フラットに転職の相談をしたければ、キャリア相談サービスを利用しよう!

 

おすすめ転職相談サービス

【公式】キャリドラ

業界最大手の人気No.1キャリア相談サービス!累計3万人が申し込みに殺到!

【公式】ポジウィルキャリア

キャリア相談サービスの先駆け的存在!通過率1%のプロコーチが悩み解決!

【公式】ライフシフトラボ

40〜50代に特化した唯一のキャリア相談!転職・複業・独立などキャリア選択肢を増やし自律を目指す!

相談だけしてノウハウを吸収することもできるということ。

ぜひ、この記事に沿ってうまく転職エージェントを活用して、理想のキャリアを手に入れましょう。

今回は以上となります。

  • この記事を書いた人

ポジサラ

Saas最大手の外資系法人営業リーマン×法人1社の経営者|入社3年目で社内トップの営業成績達成3連覇|大卒後、テキト~な就活でブラックな会社に就職►ストレスで肌が荒れ、顔中真っ赤に►転職エージェント・有料キャリア相談サービスを20社以上利用し、時価総額20兆円超えの外資系企業へ転職►年収アップ・ワークライフバランスが改善

-おすすめ転職サービス, キャリア相談サービス, 転職エージェント