仕事・転職

【衝撃】会社都合退職は転職先にバレる?バレない方法を徹底解説!

この記事のまとめ

自己都合ではなく、会社都合で退職しまった場合、応募先にバレてしまうのか悩む方へ‥。

会社都合退職は転職先にバレるのか?不利にならない会社都合とは?

転職した経験のある筆者が、会社都合を隠したい方へ向けて、解説していきます!

 

会社都合退職は、自己都合退職に比べて、給付金のメリットが大きいのが特徴。

 

しかし、転職先にバレたくないような会社都合退職は、どうやって隠したらいいのか気になる方も多いはずです。

 

結論から言うと、不可抗力でバレる可能性はあります。

 

しかし、嘘をつかずに、バレないように工夫することもできるのです。

 

この記事では、できるだけ転職にマイナスにならないために、会社都合退職に対する施策を解説します。

 

会社都合退職が転職先にバレる“可能性がある”5つのパターン

 

会社都合が転職先にバレる可能性があるパターンは、以下の5つです。

 

  1. 離職票
  2. 履歴書
  3. 失業手当の給付日数
  4. 前職調査(金融業・警備業)
  5. 業界内の噂

 

離職票

 

転職先が離職票の提出を求めてきた場合、「退職理由」が記載されているため、バレることがあります。

 

離職票とは、退職後に失業手当や失業給付金を受け取るためにハローワークに提出する書類です。

 

退職する会社が発行するものなので、失業手当をもらう場合は、前職に発行依頼をする必要があります。
こうたーぼ

 

本来であれば、ハローワークに提出する書類なので、転職先に書類が渡ることはありません。

 

しかし、雇用保険被保険者番号や年金番号など、入社に必要な情報を取得するために、転職先に提出を求められる場合があります。

 

とはいえ、離職票の提出に法的な義務はありません。

 

提出したくない場合は、「ハローワークに提出してしまって、書類が既に手元にない。」などの理由を説明すれば、企業側も柔軟に対応してくれるはずです。

 

いざとなったら「ハロワ」の言葉を使って、逃げる作戦もありです!
こうたーぼ

 

 

履歴書

 

履歴書には退職理由を書く必要があります。よくあるのが、「一身上の都合」。

 

しかし、会社都合退職であれば、上記の定型フレーズは使えません。やはり「会社都合により退職」と記載しないと、経歴詐称になってしまいます。

 

経歴詐称は絶対に避けるべきです。仮に転職できたとしても、後で事実がバレて懲戒解雇になるリスクがあります。
こうたーぼ

 

さらに、会社都合退職のうち懲戒解雇であった場合、まともに書いてしまうと書類選考を受かる確率がガクンと下がります。

 

書類選考で落とされないためには、「賞罰欄」がない履歴書を選びましょう。

 

会社都合退職がバレないための賞罰欄のない履歴書の見本

学歴・職歴欄内に賞罰欄がある履歴書の見本。

画像引用:jobQ

 

転職活動中に書類選考で落ちないためには、賞罰欄を書く必要のない履歴書を選びましょう。

 

 

失業保険の給付日数

 

会社都合と自己都合は、下記のとおり、給付日と給付期間が異なります。

 

自己都合 会社都合
失業給付金
最短支給日
3ヶ月7日後 7日後
失業給付金
支給日数
90~150日 90~330日
失業給付金
最大支給制限
約118万円 約260万円

 

転職先には、雇用保険被保険者証などの書類を提出しなければなりません。

 

可能性は低いですが、雇用保険関係の書類に転職先が目を通した場合、給付期間のズレに気付かれる場合も考えられます。

 

とはいえ、失業保険の給付日数は幅があり、いくつかの条件で変わります。書類に目を通すぐらいでは、気付かれにくいです。
こうたーぼ

 

失業手当でバレる確率は、ごくわずかと言えるでしょう。

 

 

前職調査(警備業・金融業中心)

 

前職調査とは、中途採用を行うにあたり、企業が応募者の経歴に間違いがないか、前職での働きぶりなどを調べることを言います。

 

主に人物の信頼が問われる業界、いわゆる金融業や警備業、または会社の重要なポジションを採用する場合は、前職調査が行われることもあります。

 

しかし、今は個人情報に関するコンプライアンスが厳しくなっており、前職調査はカンタンにはできなくなっています。
こうたーぼ

 

金融や警備と関係のない企業に一般社員として入社するなら、前職調査はまずされないと思ってよいでしょう。

 

さらに、前職調査は求職者の同意が必須。

 

真っ当な企業であれば、勝手に前職に問い合わせることはしないので、気にしすぎることはありません。

 

 

業界内の噂

 

転職先が、前職と親密な企業であったり、同業種であったりする場合は、社員や経営者の共通のネットワークからバレることもあります。

 

社員同士であれば「アイツ、○○社で解雇されてたっぽいぜ‥!」、経営者同士であれば「最近入社した○○はうちで解雇したヤツだけど、大丈夫か?」といった感じ。

 

ホントにバレたくなければ、共通のネットワークがないような関連性の薄い別法人に応募しましょう。

 

関連性が生まれる要素は、以下のとおり。

  • 業種が同じ
  • 資本関係にある会社
  • 役員が共通している
  • エリアが近い など

 

上記の要素が前職と近くない会社を選べば、人を介して噂が流れることはありません。

 

バレたくないなら、前職と近い要素をすこしでも減らしましょう!
こうたーぼ

 

 

不利にならない会社都合退職は「会社側に過失がある場合」

 

会社側に過失や原因がある場合の会社都合退職は、雇用されている側としては、“どうしようもないこと”

 

転職応募先から、マイナスとして見られることはありません!
こうたーぼ

 

転職で不利にならない会社都合退職

 

  1. 給料未払い、パワハラ、セクハラなどによる退職
  2. 希望退職者応募による退職
  3. 倒産・事業撤退による整理解雇

 

上記は、会社を辞めざるを得ない状況で退職した場合です。

 

こういった場合は、転職先としても「会社都合で辞めたのはしょうがない。」と思われ、マイナス評価を受けることはないでしょう。

 

求職者本人が悪いわけではないからです!
こうたーぼ

 

 

転職で不利になる会社都合退職

 

  1. 不正を働いた場合の懲戒解雇
  2. 能力不足や成績不振による普通解雇

 

上記は、求職者本人に原因があり、会社から解雇された場合です。

 

懲戒解雇や普通解雇は、転職先の評価がマイナスに働くことがほとんど。「うちでも不正を働くかもしれない‥。」「能力がないのかもしれない‥。」と思われてしまいます。

 

会社都合の原因が「求職者か会社か」で、転職で不利になるかが変わります!
こうたーぼ

 

 

転職先に会社都合退職の理由を“聞かれたら”正直に話すのが鉄則

 

転職先に会社都合退職の理由を聞かれたら、嘘をつかずに正直に答えるべきです。

 

ここで重要なのは、“聞かれたら”ということ!聞かれてもないのに話してしまうと、自ら不利な状況を作り上げてしまうことになります!
こうたーぼ

 

経歴詐称は解雇のリスクも

 

先ほどもお話ししたように、経歴詐称は解雇になるリスクがあります。

 

嘘がバレると、内定取消&懲戒解雇になることも‥!
こうたーぼ

 

経歴詐称で解雇されるケースは、「重要な経歴」と言われています。

  • 学歴
  • 職歴 など

 

採用の判断に重要な影響を及ぼすような嘘であるかどうか」が、解雇になる基準です。

 

“不利になる会社都合でも嘘はNG”ということを覚えておきましょう。

 

 

「解雇」が理由なら誠意と反省の意を示す

 

自分の不正で解雇となった場合、嘘をついて隠してしまいそうになりますが、ホントのことを話すべきです。

 

自分の悪かった点、どうやって改善するかといった点をしっかり述べましょう!
こうたーぼ

 

ここで注意すべきポイントは、自分に責任はなく、「会社の方が悪い」ということを強く主張してはいけないということ。

 

なぜなら、聞いてる側は、言い訳にしか聞こえません。さらに“会社に対する悪口を平気で言うヤツ”というレッテルを貼られ、評価が高くなることはないのです。

 

まずは、自分の反省すべき点を述べ、どう改善していくかを誠意をもって相手に伝えましょう。

 

ホントのことを話し、自分の失敗を認めてくれた会社に入社できた方が、会社に愛着が沸き、スッキリした気持ちで仕事に取り組めるはずです!
こうたーぼ

 

 

会社都合でも転職したいならプロに相談してみるのがベスト

 

結論から言うと、プロのキャリアアドバイザーに相談しながら、転職活動を行いましょう。

 

キャリアアドバイザーは、何人もの求職者を転職に導いています。あなたのようにバレたくない会社都合によって退職した人も少なからずいるはずです。

 

会社都合で転職した人たちのノウハウをもとに、転職活動を成功させましょう!
こうたーぼ

 

プロのキャリアアドバイザーに無料でサポートしてもらうなら、転職エージェントがおすすめです。

 

転職エージェントとは

完全無料でプロのキャリアアドバイザーに書類のアドバイスをもらったり、企業とのやり取りを代行してもらったり、他にも様々なサポートを受けられるサービス。

 

転職エージェントに登録するメリットは、以下のようにたくさんあります。

  • 登録後も完全無料で利用できる
  • 履歴書や職務経歴書などの書類の作成のサポートをしてもらえる
  • 求人として表に出ない超優良な「非公開求人」に応募ができる
  • 採用までのスケジュール調整をしてもらえる
  • 転職に関する相談は何でもOK

 

転職エージェントは、プロのキャリアアドバイザーと二人三脚で転職を考えられるので、負担が軽くなり、右も左も分からない初心者でもラクに進められます。

 

費用は、求人を募集している企業側が負担する仕組みです。だから、完全無料なんです!
こうたーぼ

 

おすすめは、業界No.1の求人数を誇るリクルートエージェントです。人気のサービスで認知度も高いのが特徴。

 

転職実績もNo.1なので、ぜひ利用してみてください。

 

転職エージェントのアツいところは、一般公開されていない「非公開求人」に応募できるところなんです!
こうたーぼ

 

\非公開求人数10万件以上!/

登録後も完全無料!

 

おすすめ転職サイト・エージェントは、下記の記事でまとめてますので、参考にしてください。

関連
【厳選】おすすめ転職サイト・転職エージェントをランキング形式で解説

続きを見る

 

 

まとめ:会社都合が転職先にバレるのかを徹底調査!

 

今回は、会社都合が転職先にバレるのかを解説しました。

 

こうたーぼ
本記事の内容を以下にまとめておきますね!

 

  • 会社都合はバレる可能性はあるものの、対策はできる
  • 不利になる会社都合でも、退職理由を聞かれたら正直に答える
  • 転職を成功させたいなら転職エージェントに登録する

 

この記事を読んでくれたあなたはきっと、会社都合で退職してしまったと頭を抱えている人。

 

でも大丈夫。会社都合で転職した人は、世の中にいくらでもいます。

 

さらに今は人手不足の時代。ただでさえ雇用したい会社はうじゃうじゃいます。

 

心配せずとも転職できます。少しでも成功に近付けるためにも、利用できる転職サービスは登録しておきましょう。

 

\非公開求人数10万件以上!/

登録後も完全無料!

 

今回は以上となります。

  • この記事を書いた人

こうたーぼ

大卒後、テキト~な就活でブラックな会社に就職►ストレスで顔中ニキビだらけに►世の中の有益な情報に目を向け、読書を習慣化►転職エージェント10社以上利用し、一部上場の優良企業に転職►社内トップセールス複数回受賞

-仕事・転職