仕事・転職

【希望通らず‥】異動できないなら辞めるは正解?備えあれば憂いなし!

この記事のまとめ

同じ部署内の人間関係や仕事の内容が自分に合っていない‥。そんな時に悩むのが、希望の部署に異動したいけど通らないというもの。

異動できないなら辞めるという決断はアリなのか?辞める前に準備しておくべきこととは?

2度目の転職を視野に入れて異動を狙っている筆者が、対処法を解説します!

 本記事の内容

  • 「異動できないなら辞める」は問題ない
  • 異動させてもらえるのはハードルが高い
  • 異動の交渉前に準備しておく2つのこと
  • 上司に異動させてほしいことを伝える際の3つのポイント

 

 この記事を書いている人

こうたーぼ
現在、部署異動を狙って準備を進めているサラリーマンです。営業職も飽き飽きしてきたし、同じ部署の上司はイマイチだしで、2度目の転職活動を進めながら仕事をしています。

 

仕事をしていると、異動したいと思うことありますよね。「職場のアノ人がホントに苦手!」といった人間関係が原因だったり、自分のやりたい仕事が別の部署にあったり。

 

僕も同じです。ぶっちゃけて言うと、人間関係も仕事の内容も両方イヤになっちゃってます。

 

本記事では、「異動できないなら辞めると伝えるのはアリだけど、すぐに辞められる準備をしておきましょう」というお話をしていきます。

 

結論、転職活動をしておくべきです。

 

とはいえ、自分のスキルや経験がどれくらいの市場価値があるのか分からず、転職活動に1歩踏み出せないこともあります。

 

そんな時は転職サイトからオファーやスカウトを通して、自分の市場価値を把握してみましょう!
こうたーぼ

 

おすすめのスカウト型転職サイト

リクナビNEXT

公式サイト:https://next.rikunabi.com/

業界最大手で求人数No.1。圧倒的なスカウト数を誇る。

doda

公式サイト:https://doda.jp

面接確約オファーなど、内定までのスピード感が強み。

ビズリーチ

公式サイト:https://www.bizreach.jp/

企業やヘッドハンターが直接アプローチ。ハイキャリア向け。

望まない異動でモチベーションが下がった方は、【腐るな危険】人事異動でモチベーション低下!やる気をなくした時の対処法を合わせてご覧ください!
こうたーぼ

 

「異動できないなら辞める」と伝えるのは問題ない

 

今の部署の人間関係が最悪で、職場の人が全員嫌いであったり、業務内容がホントにキツくて仕事が大嫌いだと感じているなら、「異動したい、できないなら辞めたい」と伝えるべきです。

 

会社からすれば、人が1人でもいなくなることはすくなくとも損失になります。予定していなかった人数減は、できるだけ避けたいはずです。

 

なぜなら、会社は“組織”で、1人で成り立っているものではないから。

 

会社が受け入れる余地はすくなからず、あります。

 

伝えるだけでも、あなたが今の部署で働くことにキツさを感じていることを、上司にも知ってもらえるきっかけにもなりますよね。

 

 

異動させてもらえるのはハードルが高い

 

とはいえ、異動させてもらうのは「まぁまぁ難しい」ことを知っておきましょう。すぐに異動を決められるほど、会社はスマートではありません。

 

大企業になればなるほど、以下のスキームを踏んで人事部が異動を決めていきます。

 

  1. 上司が部下のスキルや能力、業務の適正を人事部に提出
  2. 人事部が協議の上、各部署の希望する人材と照らし合わせながら配置を仮置き
  3. 部長や役員を含む会議で決議

 

見るだけで「めんどくせ~」と思っちゃいますよね。

 

これって結論から言うと、上司が動いてくれないと異動するスタート段階に立てないんです。

 

だからこそ、上司にきちんと「異動できないんなら辞める覚悟があります。」と強気で堂々と言わないといけません。でないと、動いてくれないことがあります。

 

こいつ、ホントに辞める気がありそうだな・・。早めに人事に報告しとくか・・。」と上司に思わせましょう。

 

 

異動の交渉前に準備しておくべき2つのこと

 

強気で堂々と異動の交渉をするためには、“準備”が必要。備えあれば憂いなしです。

 

丸腰の状態で上司に交渉することは避けましょう。異動できなかった場合のことも考えつつ、自分のためにも最善の方法をとっていくべきです。

 

交渉前の準備は以下のとおり。

 

  1. 会社を辞められる状態に近づけておく
  2. 希望の異動先で必要なスキルは勉強しておく

 

1つずつ解説していきますね。

 

 

会社を辞められる状態に近づけておく

 

すぐに辞める気はなくても、辞めるという選択肢をとれるようにしておきましょう。選択肢が増えれば心に余裕が生まれますし、仮に異動できなかった場合の保険にもなります。

 

以下のステップを踏んでみることをおすすめします。

 

辞める選択肢を増やすためのステップ

  • キャリアカウンセリングを受ける
  • 転職エージェントに登録する
  • 市場価値診断を受ける

 

 

 キャリアカウンセリングを受ける

ぶっちゃけ転職活動を始めるといっても、何からどうすればいいのかサッパリですよね。そもそも、「自分の転職したい会社なんてないし…。」と思われる方も多いはず。

 

そんなぼんやりとした悩みでカウンセリングを受けさせてもらえるのが、ポジウィルキャリアのサービスです。

 

ポジウィルキャリアのカウンセリングでは、あなたが“どう生きたいか”を深堀りしてくれます。

 

実際に僕も受けてみましたが、自分の価値観や仕事に対する考え方を、カウンセリングを通じてプロのトレーナーがズバリ指摘してくれます。「どんな会社に転職すればいいのか」だったり、「転職以外の選択肢」もでてくるきっかけになりました。

 

初回は無料でカウンセリングをしてくれます。ぶっちゃけ、初回だけで十分、ぼんやりした悩みは解決できました。

 

電話でカウンセリングできて、営業っぽさもまったくないので、転職しようにもよく分からないという方におすすめです。

>>ポジウィルキャリアの公式HPへ 

 

実体験レビューはこちら。

関連
ポジウィルの評判や口コミ
【怪しい!?】ポジウィルの評判や口コミ、体験談を晒す!料金プランも徹底解説!

続きを見る

関連記事:【実体験レビュー!】ポジウィルの口コミや評判は?料金プランも徹底解説!

 

 

 転職エージェントに登録しておく

 

転職エージェントは、自分の力だけでなく、キャリアアドバイザーに相談しながら転職活動ができるため、安心して求人を選べます!

 

転職エージェントとは

完全無料でプロのキャリアアドバイザーに書類のアドバイスをもらったり、企業とのやり取りを代行してもらったり、他にも様々なサポートを受けられるサービス。

 

転職エージェントでは、以下のような作業を完全無料でサポートしてくれます

  • 履歴書・職務経歴書の作成サポート
  • プロ目線の面接のアドバイス
  • 求人の応募や面接の日程調整

 

プロのキャリアアドバイザーと二人三脚で転職を考えられるので、負担が軽くなり、右も左も分からない初心者でもラクに進められます。

 

さらに、求人として表に出ない超優良な「非公開求人」に応募ができるのも魅力の1つ。

 

費用は、求人を募集している企業側が負担する仕組みです。だから、完全無料なんです!
こうたーぼ

 

おすすめは、業界No.1の求人数を誇るリクルートエージェントです。人気のサービスで認知度も高いのが特徴。

 

転職実績もNo.1なので、ぜひ利用してみてください。

 

転職エージェントのアツいところは、一般公開されていない「非公開求人」に応募できるところなんです!
こうたーぼ

 

\非公開求人数10万件以上!/

登録後も完全無料!

 

リクルートエージェントの評判が気になる方は、こちらの記事を合わせてご覧ください。

リクルートエージェントの評判は悪い?2ch等のリアルな口コミを晒す!

続きを見る

関連記事:リクルートエージェントの評判は悪い?2ch等のリアルな口コミを晒す!

 

 

 市場価値診断を受ける

自分の市場価値ってどのくらいだろう?」という疑問に答えてくれるのが、ミイダスです。

 

質問に答えるだけで、自分の市場価値を診断してくれる完全無料のサービスです。

 

市場価値をさらに詳しく

あなたと同じような業種とスキルを持っている人が、どのくらい年収をもらっているかの指標

 

僕も登録していますが、自分と同じようなキャリアでうまく年収を引き上げている人も結構います。自分のキャリアの価値を見られるので、新鮮ですよ。

 

ただし、登録しているメールアドレスに求人からオファーが頻繁にきます。これが個人的にはすこしうざいですね・・。

 

ミイダスで診断してスパッと退会するのも手だと思います。

 

 

希望の異動先で必要なスキルは勉強しておく

 

スキルが必要な部署へ移動を希望する場合は、資格の勉強を始めてみましょう。

 

上司への交渉時に、資格を取ったまではいかないものの、勉強しているというアピールをするだけでも、印象は変わるはずです。

 

部署別におすすめの資格は以下のとおりです。

 

  • 【経理】簿記3級・2級/FASS/BAIC
  • 【総務】ビジネスキャリア検定/マイナンバー実務検定
  • 【法務】ビジネス実務法務検定/個人情報保護士/ビジネスコンプライアンス検定

 

難易度はそこまで高くないものを選んでます。ぶっちゃけ、上司に対して異動したい“意気込み”が伝わればいいので。

 

ガッツリ勉強したい方は、もうすこし難易度を上げて資格の勉強をしてもいいかもです。

 

 

上司に異動させてほしいことを伝える際の3つのポイント

 

準備が整ったら、上司に異動したい旨を話しましょう。ここで話す際に重要なポイントは以下の3つです。

 

  1. 転職活動を進めていることは伏せる
  2. なぜ、異動させてほしいのかを伝える
  3. 異動できないなら辞める覚悟でいることをハッキリ言う

 

上記3つのポイントを意識して、「上司が人事部に相談しやすいように情報をまとめておくこと」です。

 

「転職活動をしているのか」、と聞かれても「今はまだしていません。」と答えることがベスト。なぜなら、「異動させたところで転職されるなら意味ない」と思われることを防げるからです。

 

そして、異動できなければ辞める覚悟でいることを伝えましょう。もし、異動できなくとも、並行して行っている転職活動から内定が決まれば、そちらの選択肢も増えることになります。

 

「異動できなくても残留するか」、「転職して心機一転するか」の2つの選択肢がとれるので、あなたの状態に合わせた動きができます。

 

もしあなたが、準備する前に上司に「異動できないなら辞める!」と言ってしまった、という場合でも問題ありません。今からでも準備を進めていきましょう。

 

 

まとめ:「異動できないなら辞める」は言ったもん勝ち

 

本記事の内容を以下にまとめます。

 

  • 「異動できないなら辞める」は伝えて問題ない
  • 上司に交渉する前に準備をしておこう
  • 交渉する際のポイントは、上司が人事部に報告しやすいように

 

僕が今勤めている会社でも、「異動できないなら辞める」といった交渉をして、異動できている人は、意外と数多くいます。

 

だいたいの方は、職場の人間関係やレベルの低い職場で悩んで、転職活動を並行して行いながら、異動できるまで仕事をしていました。

 

その事例をよく見てきて思ったことは、言ったもん勝ちだなと。会社に辞めることを匂わすだけでも効果的だなと気づきました。

 

ただし、異動できない場合もあり得る話なので、そのまま気まずい思いをしながら会社に残るリスクを考えると、転職活動は進めていくべきです。

 

\ 転職実績No.1!/

登録後も完全無料!

 

イヤな仕事を辞めると、人生好転しますよ。

>>【感激!】仕事辞めたら人生楽しすぎ…?小心者の僕が辞めた体験談を晒します

 

今回は以上となります。

 

まともな人から辞めていく会社は問題あり?同期が次々と辞めた体験談を暴露!

続きを見る

関連記事:まともな人から辞めていく会社は問題あり?同期が次々と辞めた体験談を暴露!

  • この記事を書いた人

こうたーぼ

大卒後、テキト~な就活でブラックな会社に就職►ストレスで顔中ニキビだらけに►世の中の有益な情報に目を向け、読書を習慣化►転職エージェント10社以上利用し、一部上場の優良企業に転職►社内トップセールス複数回受賞

-仕事・転職