【発狂】お前の代わりはいくらでもいると言われたら、人生好転した話

 

上司からお前の代わりはいくらでもいると言われ、自信をなくしてしまった。働くモチベーションも下がってしまったし、どうしたらいいんだろう。

 

こんな悩みを解決します。

 

 本記事の内容

  • 上司から「お前の代わりはいくらでもある」と言われてどん底に突き落とされた話
  • 「代わりはホントにいる」だからこそ、悩みすぎないように
  • あなたが会社の代わりを探すべき

 

 この記事を書いている人

こうたーぼ
前職で「お前の代わりはいくらでもいる」という言葉の痛みを経験した営業マンです。逆説的ですが、人生を見直すきっかけにもなりました。

 

パワハラ上司から「お前の代わりなんていくらでもいるんだ!」と言われたら、自信をなくしちゃいますよね。

 

「ホントに自分の代わりなんているのだろうか。」

「言われた自分はどうしたらいいんだろう。」

 

かつての僕も自信をなくし、人生のどん底に落ちた気分になりました。

 

本記事では、僕の実体験に基づいて、今の会社に依存せず、視野を広げるべき話をしていきます。

 

この記事を読めば、頑張り屋で責任感のあるあなたでも、気持ちがすこしラクになりますよ。

 

 

上司から「お前の代わりはいくらでもいる」と言われて、どん底に突き落とされた話

 

僕は以前、行き過ぎた体育会系の企業で働いていました。入って間もない僕は、一生懸命仕事を覚えようと先輩や上司の言うことを必死に聞いて、自分なりに努力していたつもりでした。

 

しかし、電話をとっては怒られ、飲み会の席では、ひたすら先輩や上司のお酒を作る日々。

 

飲み会では周りが楽しく騒いでいる中、僕だけ食事に手をつけられず、ず~っとお酒を作っていました。挙句の果てに、しっかりワリカンされて、ほとんど飲み食いできてないのにも関わらず、お金を支払うハメに。

 

上司や先輩ってそんなに偉いのか?」と悶々とする日々が続きながらも、次のステップとして会社の営業担当に任命されることになります‥。
こうたーぼ

 

そんなある日、いつも通り自分のデスクに座って、午前中のお客さんとのアポイントの準備をしていると、当時の上司から応接室に呼び出され、表情1つ変えずにこう言われました。

 

ノルマが達成できないならお前の母ちゃんや父ちゃんに土下座して買ってもらえ。お前の代わりなんて、いくらでもいる。

と言葉を残して、応接室から去っていきました。

 

静けさの中、ドアの閉まった音だけが、部屋中に響きました。

 

僕は1人残されたまま、悲しさや虚しさがこみ上げてきて、人生のどん底に突き落とされた気分になりました。

 

 

会社にとって、自分の代わりはいくらでもいるのは、事実

 

会社にとって、自分の代わりがいくらでもいるのは、事実です。

 

僕の前職は30歳までの離職率が40%を超えていました‥。それだけ職場で辞めていく人が多いんです。
こうたーぼ

 

僕が上司から捨て駒扱いされて悩んでいる間も、一緒に働いていた人が何人か辞めていきます。「うわ、この人に辞められたら、さすがに仕事が回っていかないぞ…。」と思うことは何度もありました。

 

しかし、1人や2人いなくなったぐらいで、仕事がまわらなくなることはありませんでした。不思議なことに会社はまわっていくんです。そして、いつの間にか人が補充されます。

 

人がいなくなってもまわっていく理由は、普段手を抜いて仕事をしている人が実はいるからなんですよね。もともと1人1人に余力があるんです。

 

離職率の高い会社は、社員が一定数辞めることを前提に、人員補充を常に行っています。新卒は、やたら採用人数を多くしていたり、中途採用もしかりです。

 

この会社にとって自分の代わりはいくらでもいる。このまま捨て駒として働くことに意味があるのだろうか。」と、どんどん自分の人生を悲観するようになりました。

 

 

「代わりはホントにいる」だからこそ、悩みすぎないように

 

そんなとき、同じ職場の出世コースから完全に外れた、いわゆる“窓際族”の50代の先輩と2人で飲みに行くことがありました。

 

その先輩にいまの自分の悩みを打ち明けると、こう言われました。

 

代わりがいるからこそ、責任感を持ちすぎずに働けるんだよ。代わりのいる会社は、自分の好きなように働くか、耐えきれなければ早めに辞めた方がいい。

 

この言葉を聞いて、「この会社で頑張っていかないと!」と責任感を強く持っていた自分に気付かされました。
こうたーぼ

 

また、当時悩んでいた時に、Twitterを見ていると、同じような悩みを持つ人がたくさんいることに気付きました。

 

 

サラリーマンが、代わりが利く会社の歯車になっているのは、間違いありません。平社員であれば、尚更です。

 

だからこそ、「代わりがいるなら、いっそのこと自分らしく仕事をしていこう。」と思えて、気持ちがラクになりました。

 

 

自分の人生を代わりに生きられる人はいない

 

気持ちがラクになると、「ホントにこの会社で働き続ける必要があるのか?」を考えるようになりました。

 

当時の僕がずっと蓋をしていた気持ち。「この会社で働き続ける意味なんて、1つもない。

 

結果的に僕は前職から転職し、やりがいを持てる仕事に就けるようになりました!
こうたーぼ

 

上司からパワハラまがいの言葉を吐き捨てられて、自分の存在自体を否定していませんか?

 

僕たちサラリーマンは会社がすべてではありません。いまの会社で働くことは、人生の選択肢の1つでしかないのです。

 

いまの会社だけに絞られてしまった視野を大きく広げていきましょう!
こうたーぼ

 

周りの友達や家族、そしてあなたにとって、あなた自身の代わりは1人もできません。あなたの人生の舵取りができるのも、あなたしかいません。

 

 

ホントにこの会社で働き続ける必要があるのか?」をすこし考えてみましょう。

 

関連記事:【感激!】仕事辞めたら人生楽しすぎ…?小心者の僕が辞めた体験談を晒します

 

 

「お前の代わりはいくらでもいる」と言われたら、あなたが代わりを探すべき

 

代わりはいくらでもいるのは、僕たちサラリーマンからしても同じことです。転職サイトの求人を見ていると、その数に圧倒されます。

 

大事なことは、今の会社に依存しすぎないこと。

 

代わりはいくらでもいると発言する会社は、僕の前職のように離職率が高い傾向にあるはずです。
こうたーぼ

 

すぐに仕事を辞めた方がいいとは言いませんが、今の会社に依存せずに視野を広くもつために、転職活動の1歩を踏み出しましょう。

 

仕事を辞める1歩になる方法は以下2つです。

 

  1. 転職サイト・転職エージェントに無料登録しておく
  2. 退職代行を利用して辞める

 

 

転職サイトや転職エージェントに無料登録しておく

 

転職サイト・転職エージェントは登録後も完全無料で利用できる転職サービスです。

 

転職サイト
  • 求人を自分で探して応募できる
  • 自分のペースで転職活動できる
転職エージェント
  • アドバイザーが転職をサポートしてくれる
  • あなたにマッチした求人を提案してくれる
  • 非公開求人も探すことができる

 

転職すること自体迷っている場合は、転職サイトに登録しておいて、求人を眺めてみるだけでも視野が広がります。

 

今働いている会社をブラックリストとして登録しておけば、転職サイト経由で会社にバレることは一切ありません。
こうたーぼ

 

転職サイトは、転職者の8割が利用しているリクナビNEXTがおすすめです。

 

\ 無料!転職利用者の8割が登録/

※3分でカンタン登録!

 

転職エージェントなら、転職実績No.1かつ求人数が圧倒的に多いリクルートエージェントがおすすめです。

 

\ 転職実績No.1/

登録後も完全無料!

 

おすすめの転職サイトや転職エージェントをもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

>>【もう迷わない】おすすめ転職サイト・転職エージェントをランキング形式で解説

 

 

退職代行を利用して辞める

 

直接辞めることが言いづらい職場なら、退職代行を利用しましょう。

 

退職代行とは

退職したい場合に、会社に出向かなくても、代行して退職手続きを進めてくれるサービスのこと。

 

 

代わりはいくらでもいるとは言え、辞めることが分かったとたんに、辞めるまで馬車馬のように働かされる職場もあります。

 

できるだけスムーズに、職場の人と接触せずに退職したい方に、もっともおすすめです。

 

\1分でカンタン相談!/

※全額返金保証つき!

 

詳しい口コミや評判を見たい方だけ、下記の記事を合わせてご覧ください。

関連
【2chスレ抜粋!】退職代行SARABAは失敗する?評判・口コミを徹底解説 

続きを見る

関連記事:【失敗する?】退職代行SARABAの2chの口コミや評判を徹底解説!

 

 

まとめ:いま働いてる会社の代わりはいくらでもいる!

 

今回は、上司から「お前の代わりはいくらもでもいる」と言われたときの僕の実体験と対処法を解説しました。

 

本記事の内容を以下にまとめておきますね!
こうたーぼ

 

  • 会社にとって自分の代わりはいくらでもいるのは事実
  • あなたの人生を代わりに生きる人はいない
  • 今の会社でホントに働き続ける意味があるのか、視野を広げてみよう

 

僕自身、前職でパワハラ気質の会社で働いていたときは、自分にまったく自信がもてませんでした。

 

とはいえ、そのまま働き続けているとその環境が当たり前になってしまって、今の状況を疑問視できなくなってしまうんですよね。

 

この記事を読んでいるあなたは、今の環境を見直すチャンスです。

 

ぜひ、小さな一歩を踏み出して、自分だけの人生をより楽しく、ラクに生きていきましょう!

 

関連
【もう迷わない】おすすめ転職サイト・転職エージェントをランキング形式で解説

続きを見る

 

今回は以上となります。

 

  • この記事を書いた人

こうたーぼ

大卒後、テキト~な就活でブラックな会社に就職►ストレスで肌が荒れ、顔中真っ赤に►世の中の有益な情報に目を向け、読書を習慣化►転職エージェント10社以上利用し、一部上場の優良企業に転職►社内トップセールス複数回受賞

-仕事・転職