【熱弁】退職の引き止めで部署異動の提案に応じてはいけない5つの理由

この記事のまとめ

退職の引き止めで部署異動を提案された時の対処法を徹底解説!

結論、部署異動の提案には応じるべきではありません。異動したところで同じ会社ですし、様々なリスクが存在します。

この記事を読めば、部署異動に応じてはいけない5つの理由が分かり、正しい選択をとることができます。

 

上司に退職したい意思表示をすると、「異動するのはどうだろう?」という引き止めにあうことがあります。

 

一度、引き止めに悩んでしまうと、自力では解決できなくなり、「会社に残った方がいいのかな…。でも退職するって決めたからなぁ…。」と思考が無限ループになってしまうことも。

 

結論、部署異動の提案は飲むべきではありません。

なぜなら、純粋にあなたが必要だという理由だけに限らないからです。

 

この記事を読んで、引き止めに悩む気持ちをスッキリさせましょう!
ポジサラ

 

引き止めに揺らいでいる方は、退職引き止めで揺らぐ…残ったらどうなる?残留してよかった?体験談5選!を合わせてご覧ください。

 

MEMO

会社に退職を受け入れられず、ズルズルと残留する人も世の中にはたくさんいます。

約3万円で、プロの代行業者に依頼して、ストレスなく会社を辞めることができます。

引き止めがどうしてもしつこい場合は利用することをおすすめします。

\後払い&成功率100%の安心サービス/

※相談だけならお金は一切かかりません。

 

この記事の著者
ポジサラ

キャリアブロガー

ポジサラ

pojisara

プロフィール

外資系IT企業の法人営業。法人1社経営。キャリア相談サービス・転職エージェントを利用して時価総額20兆円超えの超ホワイト外資系企業へ転職し、200万円年収アップ・ワークライフバランスが改善した経験から、キャリアに関する発信をしています。
プロフィール詳細
公式LINEアカウント(※キャリアに関して何でも相談受付中!)

退職の引き止めで部署異動の提案を応じてはいけない5つの理由

 

退職の引き止めで部署異動の提案には応じてはいけません。その理由は、以下の5つです。

  1. 異動したからといって同じ会社
  2. 異動先で問題社員として扱われる
  3. ホントに異動できるか分からない
  4. 部署異動は上司にとって都合の良い解決策
  5. ホントに残ってほしい社員に対する引き止め策は部署異動ではない

 

異動したからといって同じ会社

 

異動したからといって、働く会社に変わりはありません。

周りの職場環境は変われど、組織体制や働き方は何も変わらないのです。

 

 

例えば、会社を退職したい理由が下記の人は、異動したところで満たされることはありません。

  • 給料に不満がある
  • 社風が合わない
  • 評価が不透明
  • 社員のレベルが低い など

 

上記は、会社そのものに対する不満。職場が変わったところで、不満は解消できません。

 

あなたの退職するきっかけが“人間関係”であっても、ホントにそれだけが原因なのか、もう1度よく考えてみましょう!
ポジサラ

 

異動先で問題社員として扱われる

 

退職しようとした社員

部署異動で会社に残ったとしても、“退職予備軍”として扱われることになります。

 

さらに引き止められて異動した場合、異動時期ではないタイミングで次の部署に移ります。

“何か事情がある”と異動先で噂になることも多いです。

人によっては、引き止められて異動したことを良いように思わない人もいます…。
ポジサラ

 

 

異動先の上司にはとうぜん退職しようとした情報は引き継がれるので、「ちょっと扱いづらいなぁ。」と思われることも。

異動して働きやすくなるとは、一概に言えないのです。

 

ホントに異動できるか分からない

 

人事の決裁をとらずに、引き止め文句として異動を匂わす上司もいます。

たとえ、人事からOKがでていても、従業員が一定数いる企業では、いつ異動できるか分かりません。

 

 

引き止め時点では、ホントに異動できるか確証がもてません。

具体的にいつ、どこに異動できるのか、答えられるのなら話は別ですが...。

退職せずに会社にとどまったものの、異動できないというリスクもあるのです。
ポジサラ

 

部署異動は上司にとって都合の良い解決策

 

部下に辞められてしまうと、直属の上司の評価は下がります。

つまり、“退職予備軍”が部下としていることは、上司にとってリスク以外の何ものでもありません。

出世欲の強い上司なら、なおさらでしょう…。
ポジサラ

 

そういった上司は、人事に「退職したがっている優秀な人材がいるから異動させてくれ!」と裏で交渉し、自分のもとから離す策をとります。

そうすれば、直属の部下が辞めるというリスクを取り除くことができるからです。

 

部署異動は、上司にとって、ただ都合の良い解決策に過ぎません。

いつ爆発するかわからない部下は、はやめに誰かに押し付ける方がベターなのです。

 

ホントに残ってほしい社員に対する引き止め策は部署異動ではない

 

部署異動以外に退職の引き止め策は、下記のようなものがあります。

  • 給与面など待遇を改善する
  • 昇格・昇進させる
  • 新規事業を任せる

 

上記の引き止め策は、一定のコストと会社にとってのリスクが伴います。

給与の改善は大企業では難しいものがありますが、中小零細企業であれば、社長の意向次第では実現可能と言えます。

 

対して、部署異動は、コストがほとんどかかりません。

かかっても社員の引っ越し代ぐらいでしょうか‥。
ポジサラ

 

待遇の改善や昇格などは、会社がホントにあなたを手放したくないという意志が伝わります。

しかし、部署異動はコストもリスクも伴いません。心から残ってほしい社員に対する対処ではないのです。

 

退職の引き止めで部署異動を提案された時の対処法

 

退職の引き留めで部署異動を提案された時の対処法は以下のとおりです。

  1. 部署異動は求めていないとハッキリ断る
  2. 確実に退職できる理由を考え直す
  3. 転職エージェントに相談する
  4. 退職代行を利用する

 

部署異動は求めていないとハッキリ断る

 

部署異動は求めていないことをハッキリと上司に意思表示しましょう。

あなたがもし、悩んだ素振りを見せたり、部署異動に肯定的な態度をとってしまうと、“交渉の余地あり”と引き止めに拍車がかかってしまいます。

引き止めが強くなると、断るのがとてもめんどくさくなります…。
ポジサラ

 

 

上記のように上司からの電話に2時間拘束された人もいます。

お互いムダな時間をなくすためにも、上司に「いくら引き止めてもムダ」と思われるように、ハッキリと断りましょう。

 

確実に退職できる理由を考え直す

 

退職を引き止められているそもそもの原因は、退職理由です。

以下のような退職理由を上司に話していませんか?

  • 職場の人間関係
  • 労働条件の悪さ

 

上記のような退職理由だと引き止められる可能性が高くなります。

部署異動が解決策の1つとして挙げられるからです。

 

確実に退職できる理由を考え直して、上司にぶつけてみましょう。

退職できる理由とは、会社にはどうにもできない「これから」の理由です。

たとえ、それが嘘でも問題ありません。本音と建前の世界だと割り切りましょう。
ポジサラ

 

この前は退職理由を○○とお話ししましたが、実は…」と、本来の退職理由を話すようなイメージで上司に切り出すと良いでしょう。

具体的な確実に退職できる理由や切り出し方を知りたい方は、下記の記事を合わせてご覧ください。

関連記事:【解決】確実に退職できるたった1つの理由とは?転職経験者が徹底解説!

 

転職エージェントに相談する

 

転職エージェントは、プロのキャリアアドバイザーが転職をサポートしてくれるサービスです。

実は「退職のサポート」も行ってくれるんですよ!
ポジサラ

 

多くの転職サポートを手がけてきたリクルートエージェントには、「円満退職」を実現させるためのノウハウもあります。悩みごとやトラブルが生じたときには、最適な解決につながる方法をアドバイス致します。

引用:リクルートエージェント公式サイト

 

転職には退職がつきもの。

実績が豊富な転職エージェントは、円満退職を可能にする独自のノウハウをもっています。

 

転職先を決めずに退職したい方は、転職のサポートも受けられるので、プロのアドバイスを聞きながら、今後のキャリアを決められます。

 

退職の相談をするなら、業界No.1の実績を誇るリクルートエージェントがおすすめです。

 

完全無料でサポートしてもらえるので、損することはありません!
ポジサラ

 

\非公開求人数10万件以上!/

登録後も完全無料!

 

詳しい評判を知りたい方は、コチラの記事をどうぞ。

関連
リクルートエージェントの評判は悪い?2ch等のリアルな口コミを晒す!

続きを見る

関連記事:リクルートエージェントの評判は悪い?2ch等のリアルな口コミを晒す!

 

その他のおすすめの転職サイト・転職エージェントを知りたい方だけ、下記の記事を合わせてご覧ください。

関連
おすすめ転職エージェント
【もう迷わない】おすすめ転職サイト・転職エージェントをランキング形式で解説

続きを見る

 

退職代行を利用する

 

退職代行を使えば、プロの代行業者に退職手続きを任せることで、引き止めの余地をなくし、確実に会社を辞めることができます。

 

退職代行とは

会社に出向かなくても、代行して退職手続きを進めてくれるサービスのこと。

 

さらに、どうしても辞めさせてくれない会社でも、専門家が正しい手順で退職を進めるので、確実に辞められるのも大きなメリット

 

退職代行は、2018年から人気が高まり、今ではメジャーな退職サービスとなりました。

 

 

見ての通り、辞めたい人がこぞって使うサービスです!
ポジサラ

 

 おすすめの退職代行は『辞めるんです』

公式サイト:https://yamerundesu.com/

無料相談 〇(無制限)
金額 27,000円(税込)
※追加料金なし
即日退職
信頼性 顧問弁護士あり
実績件数 7,000件
退職成功率 100%
保証制度 料金後払い可

 

高い信頼性と実績が強みの退職代行サービス、『辞めるんです』。

顧問弁護士がついているサービスで、7,000件の問い合わせすべて退職に成功しています。

 

さらに、以下のオプションもついていて、コスパが高いことも特徴です。

  • 相談・電話回数無制限
  • 24時間対応
  • 有給サポート

 

夜遅い時間に退職の手続きについて不安になったり、会社の人から着信があったりすると、心細くなります。

時間を限らずにいつでも相談できるため、退職に不安な方にはもっともおすすめの退職代行サービスです。

 

\後払い&成功率100%の安心サービス/

※相談だけならお金は一切かかりません。

 

関連記事:退職代行「辞めるんです」の評判・口コミは?後払いできる安心サービスを徹底検証!

 

まとめ:退職の引き止めで部署異動を安易に応じてはいけない!

 

今回は、退職の引き止め時の部署異動に応じてはいけない理由と対処法を解説しました。

 

あなたが退職したい理由は、部署異動で解決されるでしょうか?

根本から解決される問題であれば、部署異動は飲むべきです。

 

しかし、本記事を読まれている方は、おそらく部署異動しても退職理由が解決するかどうか分からない方が多いはず。

であれば、異動先でも同じような悩みを繰り返す可能性はあるということ。

 

ぜひ、本記事を参考にホントに会社に残るべきかを考えてください。

 

もし、上司からの再三の引き止めで退職するのが疲れたなら、『退職代行』を利用して辞めてしまうのも1つの手です。

 

\1分でカンタン相談!/

※全額返金保証つき!

 

今回は以上となります。

  • この記事を書いた人

ポジサラ

外資系IT法人営業 × ブロガー|入社3年目で社内トップの営業成績達成3連覇|大卒後、テキト~な就活でブラックな会社に就職►ストレスで肌が荒れ、顔中真っ赤に►転職エージェント・有料キャリア相談サービスを20社以上利用し、時価総額20兆円超えの外資系企業へ転職►年収アップ・ワークライフバランスが改善

-仕事・キャリア形成, 転職ノウハウ