退職引き止めで揺らぐ…残ったらどうなる?残留してよかった?体験談5選!

この記事のまとめ

退職の引き止めで心が揺らぐ人に向けて、実際に会社に残った人の体験談と対処法を徹底解説!

今の会社を辞めると後悔する?どんな人が引き止めで揺らいでしまうのか?

Twitterで会社に残留した人をリサーチし、その後どうなったのかをまとめてみました!

 

自分がまさか会社に引き止められるとは思っていなかった。

退職を上司に告げると、まさかの反応。残ってくれないかという引き止めに、思わず心が揺らぐこともあります。

 

僕は引き止められても、退職した人間。転職先は、働き方や社風が自分にマッチしていて、前職を退職して正解でした。

 

では、引き止められてそのまま会社に残留した人はどうでしょうか?

結論から言うと、「残ってよかった」という体験談はほとんどありませんでした。

 

それもそのはず。

会社はあなたのことを思って引き止めているのではなく、上司の評価や人手不足など、会社の都合をただ押し付けているのに過ぎないのです。

 

この記事を読めば、会社に残った自分の姿をイメージでき、正しい選択をとることができます!
こうたーぼ

 

引き止め策として部署異動を提案された方は、【熱弁】退職の引き止めで部署異動の提案を応じてはいけない5つの理由を合わせてご覧ください。

 

MEMO

引き止めに揺らぐ方は、いっそのこと退職代行を利用して悩む余地をなくすのも手です。悩んでいるうちに結局退職できず、ズルズルと働いてしまい、辞めたいタイミングを見失うリスクもあります。

\1分でカンタン相談!/

※全額返金保証つき!

 

退職を引き止められて心が揺らぐ人の特徴3つ

 

退職を引き止められて心が揺らぐ人の特徴は3つ。それぞれ解説していきますね。

  1. 仕事への劣等感がある
  2. 後ろめたさがある
  3. 性格上頼みを断りづらい

 

仕事への劣等感がある

 

自分は会社にそこまで必要とされているとは思っていなかった。

自分のことを“会社の劣等生”と思っていると、引き止められるのが想定外で、嬉しい提案になってしまいます。

退職を引き止められると、会社や上司に認められた気がしますよね。
こうたーぼ

 

とはいえ、本質から目を背けてはいけません。

なぜ自分が会社を辞めたいのか?という点を自問自答し続けなければ、また退職したくなるのは目に見えています。

劣等感をもっている自覚がある方は、要注意です。

 

後ろめたさがある

 

今まで育ててきてくれた会社。

勤務年数が経つにつれて、不満は溜まっていく一方であったものの、今の社会人として自分の姿があるのは、会社のおかげ。

そんな気持ちがあると、どうしても退職することに後ろめたさを感じるものです。

会社に対する申し訳なさというか、後ろめたさというか、複雑な心境になります。
こうたーぼ

 

そんな中、上司から強い引き止めを受けてしまうと、「自分は恩を仇で返してしまっているのかもしれない...。」と悩んでしまいます。

特に新卒で入社した会社から転職する時は、このような悩みを多くの方が抱えるはずです。

自分の人生は自分が決めるもの。リクルートグループは退職のことを“卒業”と呼んでいます。
こうたーぼ

 

性格上頼みを断りづらい

 

普段は気が強い上司から、「辞めないでくれ、一緒に働きたいんだ。」なんて言われると断りづらくなる人もいるでしょう。

性格上、頼まれると引き受けてしまうタイプの人は、こと退職の引き止めにおいても同じようなことが言えます。

そこまで言うならもう少し働いてみようかな‥。と思っちゃうわけです。
こうたーぼ

 

とはいえ、退職は人生においてとても重要な決断。

断わりづらいからまだ働き続ける、というのは理由になっていません。

人手不足で会社が回らなくなるなど、辞めた後のことまであなたが考える必要はなく、会社が対処すべき問題なのです。

 

退職の引き留めで残った人の体験談5選

 

Twitterでリサーチした、退職の引き留めで残った人の体験談5つご紹介します。

  1. 減給された
  2. また退職したくなった
  3. 裏切り者扱いされた
  4. 心身共にズタボロに
  5. 辞めるタイミングが分からなくなった

 

減給された

 

引き止められて残ったら、減給されたというツイートです。

会社の業績が悪くなったのか、会社で“退職者予備軍”として扱われ、待遇が悪くなったのか。

理由は定かではありませんが、会社に残った矢先に給料を下げられたという最悪のパターンです。

 

また退職したくなった

 

一時の感情に流されて、会社に残ったとしても、退職したくなるのは目に見えています。

辞めたくなる原因が根本から改善されない限り、仕事に対する満足度が満たされることはないのです。

 

裏切り者扱いされた

 

会社に残ったとしても、退職の意思を示した限りは、“辞めようとした社員”としてレッテルを貼られてしまいます。

引き止めに応じたとしても、その会社では裏切り者扱いされてしまうこともあるのです。

引き止めに応じる場合は、会社に居づらくなるリスクも考えておきましょう。
こうたーぼ

 

心身共にズタボロに

 

引き止めに応じてしまい、精神的にツラい仕事を我慢しながら働くと、身体が耐えきれず、倒れてしまう可能性もあります。

職場に迷惑をかけまいと引き止めに応じてしまう、マジメな人は要注意です。
こうたーぼ

 

辞めるタイミングが分からなくなった

 

引き止めに応じて1度会社に残ってしまうと、また辞めたくなった時に意思表示するタイミングを失ってしまいます。

上司から引き止めにあうことは分かりきっているし、辞めたいことも向こうは分かっているからです。

この場合は、自力では辞められなくなっている場合がほとんどなので、退職代行を利用するのも1つの手です。

 

退職の引き止めで揺らぐ人に贈る3つの対処法

 

退職の引き止めで揺らぐ人に向けて、3つの対処法を解説します。

  1. キャリアのカウンセリングを受けてみる
  2. キャリアドバイザーに相談してみる
  3. 退職代行を使って悩む余地をなくす

 

キャリアのカウンセリングを受けてみる

 

辞める選択がホントに正しいのか、第三者に相談してみると、納得感をもって決断できます。

キャリアに詳しい専門家に相談してみれば、より具体的に自分の進むべき道が見えてくるでしょう。

僕はプロのトレーナーの無料カウンセリングを受けて、自分が見えていなかった仕事の価値観が分かり、今の仕事が合っているかどうか判断できました!
こうたーぼ

 

プロのトレーナーによる無料カウンセリングは、『ポジウィルキャリア 』がおすすめです。

 

ポジウィルキャリアのカウンセリングでは、あなたが“どう生きたいか”を深堀りしてくれます。

 

実際に僕も受けてみましたが、自分の価値観や仕事に対する考え方を、その場でズバリ指摘してくれます。オープンクエスチョンで気さくに聞いてくれるので、気まずさもなく、45分のカウンセリングがあっという間でした。

 

初回は無料でカウンセリングをしてくれます。

無料カウンセリングだけでも、気付けなかった自分の価値観を知れます。

今の会社がホントに合っているか、辞めるのが正解なのか、カウンセリング後には自分の中で見えてくるはずです。

 

電話でカウンセリングできて、営業っぽさもまったくないので、「ホントにこの会社を辞めるべきか?」と悩んでいる方はおすすめです。

 

\ 3分でカンタン予約!スマホOK!/

※無料相談予約だけなら費用はかかりません

 

ポジウィルキャリアの詳しい評判や僕の実体験を見たい方だけ、下記の記事を合わせてご覧ください。

関連
ポジウィルの評判や口コミ
【怪しい!?】ポジウィルの評判や口コミ、体験談を晒す!料金プランも徹底解説!

続きを見る

関連記事:【実体験レビュー!】ポジウィルの口コミや評判は?料金プランも徹底解説!

 

キャリアアドバイザーに相談する

 

転職エージェントのキャリアアドバイザーに引き止められている状況を説明し、うまく退職できる方法を聞いてみるのも1つの手です。

 

転職エージェントは、積み上げてきた転職実績から円満退職できるノウハウをもっています!
こうたーぼ

 

多くの転職サポートを手がけてきたリクルートエージェントには、「円満退職」を実現させるためのノウハウもあります。悩みごとやトラブルが生じたときには、最適な解決につながる方法をアドバイス致します。

引用:リクルートエージェント公式サイト

 

キャリアアドバイザーに相談するなら、転職実績No.1を誇るリクルートエージェントに相談することをおすすめします。

転職先が決まっていない方は、そのまま転職の相談もできるので、一石二鳥です。

完全無料でサポートしてもらえるので、損することはありません!
こうたーぼ

 

\非公開求人数10万件以上!/

登録後も完全無料!

 

詳しい評判を知りたい方は、コチラの記事をどうぞ。

関連
リクルートエージェントの評判は悪い?2ch等のリアルな口コミを晒す!

続きを見る

関連記事:リクルートエージェントの評判は悪い?2ch等のリアルな口コミを晒す!

 

その他のおすすめの転職サイト・転職エージェントを知りたい方だけ、下記の記事を合わせてご覧ください。

関連
【もう迷わない】おすすめ転職サイト・転職エージェントをランキング形式で解説

続きを見る

 

退職代行を使って悩む余地をなくす

 

退職代行を使えば、プロの代行業者に退職手続きを任せることで、引き止めの余地をなくし、確実に会社を辞めることができます。

 

退職代行とは

会社に出向かなくても、代行して退職手続きを進めてくれるサービスのこと。

 

さらに、どうしても辞めさせてくれない会社でも、専門家が正しい手順で退職を進めるので、確実に辞められるのも大きなメリット

 

退職代行は、2018年から人気が高まり、今ではメジャーな退職サービスとなりました。

 

 

見ての通り、辞めたい人がこぞって使うサービスです!
こうたーぼ

 

 おすすめの退職代行は『退職代行SARABA』

公式:https://saraba.taisyokudaikou.com/

無料相談 〇(無制限)
金額 25,000円(税込)
※追加料金なし
即日退職
信頼性 労働組合が代行
実績件数 15,000件
※2021.3時点
退職成功率 ほぼ100%
※利用者都合で1度だけ退職できなかったため
保証制度 全額返金保証

 

総合的にもっともおすすめの退職代行サービスが、『退職代行SARABA』です。

労働組合が代行して会社と交渉してくれるため、退職だけでなく、条件面の交渉も行ってくれます。

 

実際に退職代行SARABAでは以下のような交渉を行います。

  • 退職日の調整
  • 未払い給料や残業代などの金銭の請求
  • 退職したら損害賠償だと言われた場合の対応

 

上記のような交渉も可能で、料金は25,000円と業界内でもっとも低い水準です。

コスパ高すぎ!
こうたーぼ

 

上記を踏まえ、退職代行サービスにおける、労働組合と他の法人の違いを表にまとめました。

労働組合 一般法人 弁護士法人
費用 低い
※一般法人と
同じ人件費
低い 高い
※弁護士の
人件費高い
違法性 なし 高い なし
代理交渉権 あり なし あり

 

労働組合は、他の法人の良いとこどりですね!
こうたーぼ

 

さらに、無制限で相談できて、24時間対応です。

実績件数も15,000件と信頼できるサービス。

退職代行を利用するのが不安な方で、安全に退職したければ、退職代行SARABAを選びましょう。

 

\1分でカンタン相談!/

※全額返金保証つき!

 

詳しい口コミや評判を見たい方だけ、下記の記事を合わせてご覧ください。

関連
【2chスレ抜粋!】退職代行SARABAは失敗する?評判・口コミを徹底解説 

続きを見る

関連記事:【失敗する?】退職代行SARABAの2chの口コミや評判を徹底解説!

 

まとめ:退職の引き留めで揺らぐ人は残った人の体験談を参考にすべし!

 

今回は、退職の引き止めで揺らぐ人に向けて、体験談と対処法を解説しました。

 

退職時に揺らぐ気持ちはとてもよく分かります。必死になって止めてくる上司を見ると、「もうすこし頑張ってみるかな‥。」と心が傾きがちです。

 

とはいえ、冷静に考えると、退職した方がよいことが多いです。辞める原因が、根本から解決したわけではないため、再度辞めてしまいたくなる可能性が高いから。

 

本記事で紹介した体験談を参考に、自分が残った後の姿をより具体的にイメージして、正しい選択をとりましょう。

 

どうしても自分の口から辞めると言えなかったり、決断できなさそうであれば、退職代行を使ってプロの業者に任せてみましょう。

 

\1分でカンタン相談!/

※全額返金保証つき!

 

今回は以上となります。

  • この記事を書いた人

こうたーぼ

大卒後、テキト~な就活でブラックな会社に就職►ストレスで肌が荒れ、顔中真っ赤に►世の中の有益な情報に目を向け、読書を習慣化►転職エージェント10社以上利用し、一部上場の優良企業に転職►社内トップセールス複数回受賞

-仕事・転職