会社が信用できないなら転職すべき?相手別の3つの特徴と対処法を解説!

この記事のまとめ

信用できない会社、上司、そして同僚の社員たち。

それぞれの信用できない特徴とは?信用できない会社で働き続ける3つのリスクは?

かつて自分自身が信用できない会社で働いていた筆者が、転職すべき理由を解説します!

 本記事の内容

  • 信用できない会社の特徴
  • 信用できない上司の特徴
  • 信用できない社員の特徴
  • 働き続ける3つのリスク
  • 転職するなら転職エージェントを使うべし

 

 この記事を書いている人

こうたーぼ
働くにつれて会社を信用できないと思うようになり、転職した経験があります。僕の場合、怒るばかりの上司や、人によって態度を変える同僚と合わず、職場を変える決意をしました。

 

信用できない会社、上司、そして同僚の社員。それによって、大きく抱えてしまうストレス。

 

本記事では、信用できないそれぞれの特徴を解説し、働き続けるリスクを考え、転職すべきだというお話をしていきます。

 

信用できない会社の特徴

 

信用できない会社の特徴は、以下の3つです。“組織として”の部分にフォーカスしてお話していきます。

 

  1. 人を大事にしない
  2. 評価体制が見えにくい
  3. 経営方針に一貫性がない

 

人を大事にしない

 

この会社は社員を大事にしないなぁ‥。と思うと、だんだん信用できなくなってしまいます。

 

例えば、下記のような会社が当てはまります。

  • 給料やボーナスが低い
  • 残業ばかりで休みが取れない
  • 人手不足なのに、人を増やそうとしない
  • 教育制度が整っていない

 

いわゆる、ブラック企業ですよね。頑張った成果を社員に還元せず、人件費をケチりまくる会社は、ほとんど当てはまるはずです。

 

人を大事にしない会社は、離職率が高いですし、まともな人から先に辞めていく傾向にあります。
こうたーぼ

 

関連記事:まともな人から辞めていく会社は問題あり?同期が次々と辞めた体験談を暴露!

 

 

評価体制が見えにくい

 

評価体制が見えにくいと、「なぜこの人の評価が高くて、自分は低いんだろう。」と仕事の評価に納得できなくなり、不信感を覚えるようになります。

 

自分より明らかに仕事してない人が評価されると、誰でも頭にくるものです。
こうたーぼ

 

なんと、フリマアプリで有名なメルカリは、人事評価制度を見えやすくしたことで、成果を爆上がりさせたようです。

  • マネージャーと1対1で、難易度の高いゴールを設定。
  • 四半期ごとに、ゴール達成のためのプロセスで見られた成果やパフォーマンスを評価する。

 

上記のように、目に見えたゴールとプロセスを評価されれば、納得感を得られて、頑張れますよね。

 

対して、僕の前職で言うと、人事評価の項目は開示されていたものの、フィードバックがなく、どんな評価を受けているのか、ボーナスの額でしか判別できませんでした。

 

自分の方が営業成績が良かったのに、何でコイツの方がボーナスが良いんだ!?と納得できなかったこともよくありました。
こうたーぼ

 

人事評価が不透明な会社は、評価の根拠が信用できず、モチベーションが上がりづらいと言えます。

 

 

経営方針に一貫性がない

 

経営方針がブレブレで、会社からの指示が右往左往すると、会社の上層部を信用できなくなります。

 

僕は前職では、主力商品である○○を売れ!と指示を受けたものの、その次の月には、まったく別の○○を売れ!とブレブレの指示が矢継ぎ早にとんできて、現場は混乱していました。

 

会社の方針がブレると、現場の人間は混乱してしまいます。

 

経営側からすれば、関係のない話なのかもしれませんが‥。
こうたーぼ

 

すこしの方針転換でも現場からすれば、不信感に思うのは組織として当たり前ですよね。

 

 

信用できない会社の上司の特徴

 

次に、信頼できない上司の特徴をお話していきます。主に3つの特徴があります。

 

  1. 責任を部下に押し付ける
  2. 仕事の割り振りがおかしい
  3. 怒るだけで教育してくれない

 

責任を部下に押し付ける

 

自分のミスであることを隠し、部下のせいにして責任転嫁する上司は、信用できません。

 

部下からすれば、「アンタのせいだろ!」と言えないのがサラリーマンの辛いところ‥。
こうたーぼ

 

本来は、たとえ部下のミスだとしても、監督責任として問われるのは、上司のはずです。

 

上司のさらに上の上層部から怒られるのが怖くて、責任転嫁する上司は少なからずいるものです。

 

 

仕事の割り振りがおかしい

 

上司のマネジメント能力が低く、仕事がデキる人に業務量が集中するのを平気で割り振られると、不信感を覚えます。

 

実は、割り振りがおかしい原因は上司の責任だけではありません。会社にもあるんです。

 

  • デキない人の方が社員全体としての割合が多い
  • デキる人とデキない人の能力差が激しい

 

上記のような会社は、上司の無能だけでなく、組織としておかしいと言えます。

 

関連記事:【激務危険】仕事の割り振りがおかしい!不公平だ!と思うなら環境を変えるべし

 

デキる人だけが損をして、デキない人が楽に仕事をしている、こんなことは理不尽な話で、会社に対する信用は激落ちです。

 

 

怒るだけで教育してくれない

 

無能な上司は、感情的になるだけで、部下の成長になる教育をしてくれません。

 

部下を指導せず、怒るだけで何の解決にも導いてくれない上司は、信用できないですよね。

 

上司によっては、パワハラ気質で部下を教育することもせず。「昔の俺は、デキない部下を何人も潰してきたんだぜ~!」とドヤ顔で話してくるタチの悪い上司もいます。

 

パワハラ系の上司の部下になってしまうと、自分の成長を感じられなくなります。

 

関連記事:【核心】新人を育てる気がない会社は辞めるべき?3つの特徴と対処法を解説

 

 

信用できない会社の社員の特徴

 

信用できない社員、同僚の特徴についてお話していきます。地味にストレスになる部分です。

 

  1. 他人の悪口ばかり
  2. 人によって態度を変える
  3. 他人の仕事の手伝いをしない

 

他人の悪口ばかり

 

口を開けば、職場の人やお客さんの悪口ばかり。仕事そっちのけで、悪口の言い合いをしておもしろがる人。

 

こんな社員にはウンザリですよね。近くにいるだけで、悪口が聞こえてきて、自分に対するものではないくても、ストレスを溜め込んでしまいます。

 

自分の悪口も陰で言われてるんじゃないか‥。と信用できず、距離をとってしまうことも。
こうたーぼ

 

 

人によって態度を変える

 

上司や先輩など、目上の人に対する態度は優しくても、同僚や後輩には怖い態度をとる人。

 

目上の人に対する挨拶は礼儀正しく行うのに、気に入らない人や年下、さらには同性には、挨拶を一切しない人もたまにいます。

 

あからさまに態度を変えられると、イラっとしますし、その人に対する信頼もなくなりますよね。
こうたーぼ

 

 

他人の仕事の手伝いを一切しない

 

会社はチームです。あくまで、個人プレイしたがる人も中にはいます。ですが、行き過ぎた個人プレイをされると、信用できなくなります。

 

営業は、職場全体の数字の目標を個人ごとに割り振って、ノルマが課されます。なので、時には全体の目標のために、他人のノルマを一部背負うこともあります。しかし中には、一切自分以外の目標をやらない人もいるのです。

 

職場仲間が困っているのに、一切手伝わず、自分の仕事をするだけの人は、信用できませんよね。
こうたーぼ

 

関連記事:【発狂】職場の人が全員嫌い‥!顔も見たくない人たちへの対処法3選

 

 

信用できない会社で働き続ける3つのリスク

 

信用できない会社で働き続けるのは、3つのリスクが伴います。自分に当てはめてみて考えてください。

 

  1. 体を壊す
  2. 仕事で成長できない
  3. 人生をムダに消耗する

 

体を壊す

 

信用できない会社で働き続けるのは、毎日1人、戦場で戦っているのと同じです。

 

1度信用できないと思った社員には、仕事を頼んだり、気軽に会話ができなくなります。

 

また、上司から仕事で良い評価を受けたとしても、「どうせ、気に入ってる人にはもっと点数が高いんだろう。」と投げやりになることも。

 

会社でだれも信用できなくなると、仕事が楽しくなくなります‥。
こうたーぼ

 

そんな毎日を送ってしまうと、仕事が憂鬱になり、体を壊してしまうリスクがあります。

 

体は資本。体を壊すリスクは、どんな理由があろうと、絶対に避けるべきです。

 

 

仕事で成長できない

 

信用できない会社では、前向きにチャレンジできなくなります。

 

大きなプロジェクトや、やったことのない仕事をすると、万が一のときに上司が逃げ、自分だけ責任を問われることがあるからです。

 

人を大事にしない会社であればあるほど、自分の守備範囲内に仕事を抑えようと思いますよね‥。
こうたーぼ

 

これ以上できる仕事を増やしても、自分にとってメリットがないため、信用できない会社では成長できないのです。

 

 

人生をムダに消耗する

 

信用できない会社にずっと勤めていても、人生をムダにするだけです。

 

「自分のやりたい仕事はあるか!?」と聞かれると、「そんなものないよ!」と答える人がほとんどではないでしょうか。できれば、仕事なんてしたくない。

 

であれば、会社への信用がないことには、働くことへの活力は見出せません。

 

お金を扱う銀行は、信用第一とよく言われます。勤め先の会社も、社員の人生のほとんどの時間を奪い、給料を出している限り、信用が1番大切です!
こうたーぼ

 

信用できず、やる気ももてない会社にずっと勤めるのは、人生を棒に振ります。

 

1度きりの人生。できるならば、仕事が嫌でも、信用できる会社に勤めるべきです。

 

▼毎日を全力で生きるAKIOBLOG。人生をムダにしない生き方が参考になります。

 

僕は仕事を辞めて、人生が好転しました。それは、仕事に行きたくない気持ちがなくなり、心に余裕が生まれるようになったからです。

 

環境を変えることは、逃げではありません!
こうたーぼ

 

関連記事:【感激!】仕事辞めたら人生楽しすぎ…?小心者の僕が辞めた体験談を晒します

 

 

信用できない会社から転職するなら転職エージェントを使おう!

 

僕の結論は、会社が信用できないのであれば、転職すべきだということ。

 

信用できない環境に身を置くことは、リスクが大きく、人生をムダにするからです。

 

そして、転職は今の時代、1人でするものではありません。完全無料でプロのサポートを受けられる、転職エージェントに登録しておきましょう。

 

働きながら転職したい方や、効率的に短い期間で内定をゲットしたい方は、転職エージェントがおすすめです!
こうたーぼ

 

転職エージェントとは

完全無料でプロのキャリアアドバイザーに相談&サポートをしてもらいながら、転職活動ができるサービスのこと。

 

転職エージェントに登録するメリットは、以下のようにたくさんあります。

  • 登録後も完全無料で利用できる
  • 履歴書や職務経歴書などの書類の作成のサポートをしてもらえる
  • 求人として表に出ない超優良な「非公開求人」に応募ができる
  • 採用までのスケジュール調整をしてもらえる
  • 転職に関する相談は何でもOK

 

転職エージェントに登録するなら、業界No.1の転職実績を誇るリクルートエージェントがおすすめです。

 

僕も登録していましたが、他の転職エージェントに比べて、圧倒的に求人数が多いです。条件に合った企業をアドバイザーから紹介されやすいのもポイントですよ。

 

\転職実績No.1!信用できない会社から解放!/

登録後も完全無料!

 

転職エージェントは複数登録しておくのが無難です。それぞれのアドバイザーとの相性や求人数も変わるからです。

 

下記の記事で、おすすめの転職エージェントをランキング化しています。ぜひ参考にされてください。

関連
【もう迷わない】おすすめ転職サイト・転職エージェントをランキング形式で解説

続きを見る

関連記事:【もう迷わない】おすすめ転職サイト・転職エージェントをランキング形式で解説

 

 

まとめ:信用できない会社は転職すべき!辞められないなら退職代行を使おう!

 

今回は、信用できない会社についてお話をしました。

 

何度もお話している通り、僕の結論は信用できない環境は、変えるべきだということ。

 

とはいえ、転職するにしても、「会社に退職することを言いづらい‥。」「上司から止められそうな気がして怖い‥。」と悩む方もいるはずです。

 

そんな方には、退職代行がおすすめです。

 

退職代行とは

退職したい場合に、会社に出向かなくても、代行して退職手続きを進めてくれるサービスのこと。

 

どうしても辞めさせてくれない会社でも、専門家が正しい手順で退職を進めるので、確実に辞められるのが大きなメリットです。

 

\労働組合法人が運営だから安心!/

LINEで相談受付中!

 

信用できない会社から解放されて、充実した人生を過ごしていきましょう!

 

今回は以上となります。

  • この記事を書いた人

こうたーぼ

大卒後、テキト~な就活でブラックな会社に就職►ストレスで肌が荒れ、顔中真っ赤に►世の中の有益な情報に目を向け、読書を習慣化►転職エージェント10社以上利用し、一部上場の優良企業に転職►社内トップセールス複数回受賞

-仕事・転職