正社員で入社して1ヶ月で仕事を辞めるのはヤバイ…?退職理由と伝え方まで徹底解説!

この記事のまとめ

正社員として入社して1ヶ月しか経ってないけど、ギャップがひどすぎて、すぐにでも辞めたい。」と悩む方に向けて…

入社して日が浅くても、退職して大丈夫?上司への退職の伝え方や効果的な退職理由とは?

転職サービスを10社以上利用した経験のある筆者が、1ヶ月で辞めたい時の対処法を徹底解説します!

 

え、こんな会社だったんだ…。

入社してすぐ、会社に対して落胆してしまう方は多いと思います。

かつての僕も同じように、入社してギャップを感じ、それ以降苦痛の日々を過ごしました。

 

結論から言うと、1ヶ月で仕事を辞めるのはまったく問題ありません。

しかし、デメリットを理解して転職活動を行うべきです。

 

この記事を読めば、1ヶ月で退職するデメリットへの対処法が分かり、辞めてから後悔することがなくなります!
ポジサラ

 

MEMO

1ヶ月で辞めたとしても若手人材は、採用されやすいです。

ただし、重要なことは短期離職を繰り返さないこと

アサインなど銀行員と相性の良い転職エージェントを使って、ストレスのないホワイト企業へ転職しましょう。

若手におすすめ転職エージェント

アサイン

【公式】https://assign-inc.com/

年間総合MVPを獲得した最優秀転職エージェント!35歳までの若手は登録必須!

リクルートエージェント

【公式】https://www.r-agent.com/

業界最大手で求人数No.1!転職実績もNo.1!非公開求人10万件とエージェントの王者。

キャリアスタート

【公式】https://careerstart.co.jp/

アドバイザーの6割がTOP10入賞者!入社後定着率92%とホワイト企業が多数!

※滅多にない好待遇の求人を逃さないためにも、3分以内で登録できる上記の転職エージェントにサクッと登録しておきましょう。

 

この記事の著者
ポジサラ

キャリアブロガー

ポジサラ

pojisara

プロフィール

外資系IT企業の法人営業。キャリア相談サービス・転職エージェントを利用して時価総額20兆円超えの超ホワイト外資系企業へ転職し、年収アップ・ワークライフバランスが改善した経験から、キャリアに関する発信をしています。
プロフィール詳細

仕事を1ヶ月で辞めるのは「退職の自由」で認められている

 

労働者には、『退職の自由(憲法22条1項)』が認められています。

さらに、退職を申し出てから2週間が経過すれば、会社からどんなに引き止められたとしても、正式に辞められるのです。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用:民法第627条1項

 

僕たちサラリーマンは、会社を辞めたい時に“必ず辞められる”ということを、前提として覚えておきましょう!
ポジサラ

 

仕事を1ヶ月で辞める人はたくさんいる

 

もしあなたが「1ヶ月で仕事を辞める人なんて、自分以外にいるのかな…。」と、ぼんやり悩んでいるなら、答えは「たくさんいる」ということ。

 

リクルートワークス研究所『全国就業実態パネル調査2020』によると、「1ヶ月以上~3か月未満」の離職者の割合は、全体のおおむね10%となっていることが明らかになっています。

画像引用:リクルートワークス研究所

 

学歴によって離職率は変わりますが、「10人に1人」は、1ヶ月経ってから退職していることが分かります!
ポジサラ

 

さらに、Twitterや2chを調べてみると、1ヶ月で仕事を辞めた人は多く見られました。

10 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/07/23(金) 15:20:15.334 ID:H8OonIdL0.ne

俺は1ヶ月で辞めたぜ
一年もったお前はすごいぜ

引用:2ch

 

「自分だけすぐ辞めようとして、情けない…。」と思う必要はありません。なぜなら、1ヶ月で辞める人はデータやSNSを見ても、多くいるからです。
ポジサラ

 

さらに、辞めたくてズルズルと働いていたとしても、やっぱり半年経って仕事が向いていないと思う人もたくさんいます。

 

僕自身、新卒でブラック企業に入社して、3年我慢した経験があり、今でもものすごく後悔しています。

関連記事:【後悔】新卒で入った会社がブラックだった!3年辞めずに働いた末路とは?

 

仕事を1ヶ月で辞める時の問題点3つ

 

ここまで、1ヶ月で仕事を辞めることは、おかしなことではないという話をしました。

次に、入社してすぐに仕事を辞めた時に考えられる問題点を解説していきます。

  1. 転職活動のハードルが上がる
  2. ホントに現職が向いていなかったのか分からない
  3. 転職できるまで収入がなくなる

 

転職活動のハードルが上がる

 

1ヶ月で仕事を辞めたことは履歴書に残ってしまいます。

「嘘の履歴書を作ればいいのでは…!」と思うかもしれませんが、バレてしまった時に懲戒解雇になる可能性があるので、得策ではありません。
ポジサラ

 

1ヶ月で辞めた事実だけを見られると、応募した企業から下記のように判断される可能性があります。

  • 仕事の辞め癖がある
  • 忍耐力がない
  • メンタルが弱い

 

つまり、「うちに入社したとしても、すぐに辞めるんじゃないか…。」と思われる可能性が高くなります。

企業はコストをかけて採用活動を行っているため、すぐに辞めそうな人材は、お金のムダになってしまうと考え、採用されにくくなるのです‥。
ポジサラ

 

転職を考えているなら、まずは転職サイトに登録しましょう。

Re就活』は、20代特化型の転職サイトで若手向けの求人がたくさんあります。

転職サイトに登録しない限り、企業はあなたを見つけられません。転職の“スタートダッシュ”として登録しておきましょう!
ポジサラ

 

ホントに現職が向いていなかったのか分からない

 

1ヶ月で仕事を辞めてしまうと、仕事の全容が見えないまま、会社を辞めることになります。

基本的に入社して1ヶ月間の仕事は、ほとんど雑用か、もしくは誰でもできるような業務をさせられるのがほとんどでしょう。

仕事が向いていないと思って辞める場合、ホントに今の会社の仕事が向いていないのか、判断できる材料がないはずなのです。

もし、職場の人間関係や労働環境に不満がある場合は、今回の問題点は該当しません!
ポジサラ

 

転職できるまで収入がなくなる

 

1ヶ月で辞める場合、転職先を決めていないことがほとんどです。

次の仕事が決まっていない状態で辞めると、経済的な余裕がなくなるのが大きなデメリットです。

とはいえ、仕事を辞めてから転職することのメリットもあります!
ポジサラ

 

仕事を辞めてから転職活動をするメリットとデメリットは、以下のとおりです。

メリット
  • 面接の日程調整しやすい
  • 会社に有利な資格やスキルの勉強ができる
  • 転職活動に集中し、短期決着できる
デメリット
  • 経済的な余裕がなくなる
  • 転職先が見つからないリスクがある
  • 焦りが生まれて、妥協する可能性も

 

僕の場合、収入がなくなる怖さがもっとも大きかったため、転職先を決めてから退職した経験があります。

貯金がなかったり、実家に住まわせてもらえない場合は、転職先を決めてから退職する方が現実的ですね。
ポジサラ

 

1ヶ月で仕事を辞めたい時の対処法

 

1ヶ月で仕事を辞めたくなった時の対処法は、以下のとおり。

  1. 退職理由を前向きなものとして言えるようにする
  2. 働きながら転職活動を始める
  3. 長続きするベストな転職先をプロと見つける

 

退職理由を前向きなものとして言えるようにする

 

入社してすぐ辞めてから、転職活動を始める場合、もっとも大事になるのが「すぐに仕事を辞めた理由」です。

退職した理由をストレートに言ってしまうと、採用側の印象が悪くなります。

例えば…

  • 職場の人間関係が悪かった
  • 上司とウマが合わなかった
  • 仕事の内容にギャップを感じた

上記のような理由は、「ウチで採用しても、たまたまウマが合わない人間が部署にいたり、仕事が気に入らなかったら、辞めちゃうのかもしれないな…。」と思われてしまいます。

 

結論、面接官に悪い印象をできるだけ与えない退職理由は、前向きなもの、一択です。

例えば…

  • 自分の強みをより活かせる業務に携わりたい
  • 業務内容が入社前に聞いていた内容と違い、ホントにやりたい業務で仕事をしたい

 

上記は飽くまで一例ですが...。

前職に対する後ろ向きな理由ではなく、応募する企業に対する前向きな理由を伝えるように心がけましょう。

 

働きながら転職活動を始める

 

働きながら転職活動を始めると、経済的な余裕があるため、仮に転職活動が長引いたとしても、焦ることもありません。

とはいえ、転職活動をスタートして、内定をもらい、転職できるまで、平均「2ヵ月~3ヶ月」はかかると言われています。

もし、働きながら転職活動をする場合は、あと2ヵ月~3ヶ月は今の会社でガマンしなければいけません‥。
ポジサラ

 

ただし、第二新卒(新卒~社会人3年目まで)の転職需要は高く、転職先が早く決まる可能性は高いです。

その証拠にマイナビの2019年に調査したデータによると、半数を超える企業が「新卒(第二新卒含む)採用を中心とした若手人材の確保」の「重要性が高まる」と回答しています。

 

さらに、2019年3月時点で、マイナビ転職に掲載されている全求人のうち、約84%が「第二新卒歓迎」としています。

 

すぐに転職活動を終わらせるためには、若手向けの優秀な転職エージェントのアドバイザーに頼るのがベストです。

その場であなたに合った求人を調べてくれて、面倒な書類手続きもサポートしてくれます。

おすすめ転職エージェント

キャリアスタート

【公式】https://careerstart.co.jp/

アドバイザーの6割がTOP10入賞者!入社後定着率92%とホワイト企業が多数!

リクルートエージェント

【公式】https://www.r-agent.com/

業界最大手で求人数No.1!転職実績もNo.1!非公開求人10万件とエージェントの王者。

アサイン

【公式】https://assign-inc.com/

年間総合MVPを獲得した最優秀転職エージェント!35歳までの若手は登録必須!

 

長続きするベストな転職先をプロと見つける

 

転職先を失敗しないためには、キャリアコーチングサービスを利用してプロコーチから指導を受けましょう。

キャリアコーチングとは、コーチと1対1で面談し、キャリアに関する相談に乗ってもらえるサービスのことです。

具体的には、自己分析や現職に対するモヤモヤ、やりたい仕事が分からない、といった悩みに答えてくれます。

僕も受けてみましたが、仕事の悩みや転職すべきかどうかなど、悩みの原因を根本から探し当ててくれます!
ポジサラ

 

キャリアコーチングを受ければ、深い自己分析から自分に合った仕事を見つけることができます。

いくら1ヶ月の短期離職といえども、面接時に根拠のあるアピールができるため、内定を取りやすくなるというメリットもあります。

 

もし今の会社を辞めるかどうか悩んでいる方は、何も考えずに仕事を辞めてしまう前に、キャリアコーチングを受けてみましょう。

初回の1回だけでも、受けてみると視界が開ける感覚になります。

和やかな雰囲気で、主体的に答えやすい質問を投げかけてくれるため、気軽に受けられますよ。

 

\たった4カ月で1,500人の申込み殺到!/

※初回カウンセリングだけならお金は一切かかりません

 

関連
おすすめのキャリア相談・キャリアカウンセリング
キャリア相談サービスのおすすめは?9つの有料転職カウンセリングを徹底比較!

続きを見る

関連記事:キャリア相談サービスのおすすめは?9つの有料転職カウンセリングを徹底比較!

 

入社1ヶ月で退職する時の上司への伝え方

 

入社1ヶ月で退職する時の上司への伝え方は、以下の3つのポイントを押さえましょう。

  • 必ず“直属”の上司に話す
  • メールや電話ではなく、個室で直接話す
  • 曖昧な表現は避け、断定的な言葉で話す

 

直属の上司を飛び越えて、その上の人に話をしてしまうと、直属の上司は良い気がしません。

報連相は基本的に直属の上司です。飛び越えてしまうと、上司との無用なトラブルを引き起こしてしまいます。
ポジサラ

 

また、メールや電話での退職の申し出はNGです。

1ヶ月間とはいえ、お世話になった上司に対して、直接退職を切り出すことは、社会人としてのマナーと言えます。

 

最後に、曖昧な表現は絶対に避けましょう。

例えば、「退職したいと“思っています”」では、ただの退職“相談”と思われてしまう可能性があるからです。

退職を切り出す時は、「退職します。」と断定的な言葉を必ず使いましょう!
ポジサラ

 

正社員が1ヶ月で辞める時の退職理由

 

正社員が1ヶ月で辞める時に確実に退職できる理由は、会社にはどうにもできない「これから」の理由です。

たとえ、それが嘘でも問題ありません。本音と建前の世界だと割り切りましょう。
ポジサラ

 

例えば…

  • 資格を取るために学校へ行く
  • 将来の夢を叶えるべく起業する など

上記のような理由であれば、会社の人に引き止められず、後ろ向きな理由でもないため、トラブルになりません。

 

具体的な確実に退職できる理由や切り出し方を知りたい方は、下記の記事を合わせてご覧ください。

関連記事:【解決】確実に退職できるたった1つの理由とは?転職経験者が徹底解説!

 

まとめ:1ヶ月で仕事を辞める時の対処法を徹底解説!

 

今回は、1ヶ月で仕事を辞めたい人に向けて、問題点や対処法を解説しました。

 

1ヶ月でも仕事を辞めたければ辞めてよいのです。

特に職場の人間関係は、ずっと勤めていても部署異動がない限りは、改善しません。

 

中年のおじさんやおばちゃんたちは、こう言います。

「会社なんて辞めるもんじゃないし、転職なんてするもんじゃない。」

これは、古い考え方です。年功序列の会社ばかりで、レールの上をただ歩けば、定年まで雇用が約束されている時代の話。

 

今は個の時代。1ヶ月で辞めたとしても、次の会社で個人のスキルが磨かれれば、数年後、もっと良い会社にキャリアアップする可能性もあるのです。

 

MEMO

1ヶ月で辞めたとしても若手人材は、採用されやすいです。

ただし、重要なことは短期離職を繰り返さないこと

アサインなど銀行員と相性の良い転職エージェントを使って、ストレスのないホワイト企業へ転職しましょう。

若手におすすめ転職エージェント

アサイン

【公式】https://assign-inc.com/

年間総合MVPを獲得した最優秀転職エージェント!35歳までの若手は登録必須!

リクルートエージェント

【公式】https://www.r-agent.com/

業界最大手で求人数No.1!転職実績もNo.1!非公開求人10万件とエージェントの王者。

キャリアスタート

【公式】https://careerstart.co.jp/

アドバイザーの6割がTOP10入賞者!入社後定着率92%とホワイト企業が多数!

※滅多にない好待遇の求人を逃さないためにも、3分以内で登録できる上記の転職エージェントにサクッと登録しておきましょう。

 

今回は以上となります。

  • この記事を書いた人

ポジサラ

外資系IT法人営業 × ブロガー|入社3年目で社内トップの営業成績達成3連覇|大卒後、テキト~な就活でブラックな会社に就職►ストレスで肌が荒れ、顔中真っ赤に►転職エージェント・有料キャリア相談サービスを20社以上利用し、時価総額20兆円超えの外資系企業へ転職►年収アップ・ワークライフバランスが改善

-仕事・キャリア形成, 転職ノウハウ