転職して3ヶ月で辞めたい…中途入社ですぐに退職してもいい?3つの対処法を解説!

この記事のまとめ

「転職して3ヶ月しか経ってないけど、もう辞めたい…。」と悩む方に向けて、3つの対処法を徹底解説!

転職後3ヶ月で仕事を辞めたくなる3つの原因、退職前に考えるべきポイントとは?

次の仕事も3ヶ月で辞めないために、現職に対する不満を整理しておきましょう!

 

転職して3ヶ月経ったけど、仕事が辛すぎて辞めたい…。とはいえ、生活のためには働かないといけないし…。

転職後、このように悩みながら働かれている方は、多いです。

僕も同じような経験があります。ストレスから解放されるために転職したはずなのに、また辛くなっている現実がものすごくイヤでした。
こうたーぼ

 

パーソルキャリア(doda)の『転職直後(入社後1~3カ月程度)のストレスの有無』についてのアンケート調査によると、8割の人が「ストレスがあった」と答えています。

画像引用:doda

 

転職してストレスを感じているのは、あなただけではないということです。

では、3ヶ月でストレスがピークに達し、辞めたい人はどうすればよいのでしょうか。

 

結論、これからお話しする3つのポイントを考えた上で、退職すべきかを判断しましょう。

そして、次の会社でまたすぐに辞めることがないよう、戦略的な転職活動を行うのです。

 

この記事を読めば、3ヶ月で辞めるのが甘えなのか、もう少し現職でガマンすべきなのか、分かるはずです!
こうたーぼ

 

MEMO

キャリア相談サービスのカウンセリングを受ければ、深い自己分析から自分に合ったキャリアをプロのコーチが一緒に考えてくれます。短期離職を繰り返さずに、適性に合った仕事を見つけられます。

僕は実際にキャリアコーチングサービス『マジキャリ』を受けてみました。深い自己分析を提供してくれて、視界が開ける感覚になり、まさに衝撃でした!
こうたーぼ
関連
【無料あり】おすすめのキャリアカウンセリングはどれ?人気の転職相談サービスを徹底解説!

続きを見る

関連記事:【無料あり】おすすめのキャリアカウンセリングはどれ?人気の転職相談サービスを徹底解説!

 

転職して3ヶ月で仕事を辞めたいストレスになる3つの原因

 

転職して3ヶ月で仕事を辞めたいストレスになる原因は、以下の3つです。

  1. 転職して3ヶ月の壁「仕事ができない」
  2. 労働環境や人間関係が悪い
  3. 入社前とのギャップを感じる

 

転職して3ヶ月の壁「仕事ができない」

 

3ヶ月も経つのに、まだこんな仕事もできないの…?

上司や先輩から、このような心無いひと言を言われてしまうと、「自分が1番よくわかってるよ…!」と思いながら、自己嫌悪におちいってしまいます。

前職ではスムーズにできていたカンタンな仕事でも、ミスを繰り返してしまうこともありますよね‥。
こうたーぼ

 

僕も転職後に同じように悩まされていた経験があります。

周りの同僚や先輩は、みんなスマートに仕事をしている中、“自分だけが何もできない感覚”

僕は悩んだ結果、「比べてしまうこと」が、根本的な原因だと分かりました。

  • 前職でスムーズに仕事をしていた自分
  • 新卒で入社して仕事をバリバリこなしている同僚
  • 仕事ができる上司

転職してばかりの僕は、上記の3つと現状の自分を比べてしまって、苦しくなっていました。

転職後3ヶ月経てば、仕事に慣れてくると同時に、“比べる余裕”が出てきてしまうのです。

 

転職してからもっともストレスを感じやすいのが、余裕ができて周りが見えてくる3ヶ月目です。
こうたーぼ

 

さらに半年経って、仕事が向いてないと確信することもあります。

関連記事:今の仕事はあなたに向いてない?半年経って辞める判断ポイント3つと対処法

 

労働環境や人間関係が悪い

 

転職した会社が、以下のような職場環境だと辞めたくなる原因になります。

 

前職と比べて労働環境や人間関係が悪いと、仕事のモチベーションも下がってしまいますよね。
こうたーぼ

 

とはいえ、やりがいのある仕事であれば、労働環境は苦にならないケースもあります。

僕の友人は、大手一部上場企業からベンチャー企業に転職しましたが、月80時間を超える残業でも、「毎日仕事にやりがいがあって楽しい!」と言っていました。

ガチガチのお堅い社風の会社から、自由度の高い裁量権のある会社に転職し、のびのびと仕事ができることに幸せを感じているようです。

労働環境や人間関係が悪いと感じる根本には、仕事にやりがいを感じなかったり、社風がマッチしていないという状況があります。
こうたーぼ

 

入社前とのギャップを感じる

 

3ヶ月働くと、社風や社内ルールを含め、ザックリと仕事の内容や雰囲気を掴めるようになります。

会社のことが分かってくるからこそ、転職後にギャップを感じやすい時期になるのです‥。
こうたーぼ

 

入社前とのギャップを感じるケースは、以下のとおりです。

  • 聞いていた仕事の内容や条件が違った
  • 思っていた社風と異なる
  • 社内ルールが前職と大きく違う

 

上記のギャップは、会社側が努力して変えてくれる部分ではありません。

「自分が慣れるか」、「転職するか」の2択しかないのです。

3ヶ月では慣れるところまでは難しいですよね。どうしても嫌なら転職することが得策でしょう。
こうたーぼ

 

転職して3ヶ月で退職する前に考えるべき3つのポイント

 

転職してから3ヶ月、仕事が辛いのはよく分かります。

とはいえ、ホントに今退職すべきなのか。しっかりとポイントを押さえて考えてみましょう。

  1. 一時的な感情で退職に流されていないか?
  2. 前向きな退職理由を考えられるか?
  3. 転職の準備期間として、もう少し現職でガマンできそうか?

 

一時的な感情で退職に流されていないか?

 

一時的な感情で辞めたい方は、今の自分の気持ちを客観的に見つめ直しましょう。

一時的な感情という言い方が分かりづらい方もいると思うので、例を出すと…

  • 仕事についていけず、すべてが嫌になる気持ち
  • 周りと比べて劣等感を持ち、逃げ出したくなる気持ち
  • 聞いていた仕事内容と異なっていたため、怒りに任せて辞めたい気持ち

こんな感じです。

つまり、後先考えずに感情に身を任せて、辞めるという選択肢をとろうとしている状態のことです。

 

3ヶ月という、壁を感じやすい時期をグッと耐えると、あなたは何を得られるでしょうか。

  • 今後のキャリアに繋がるスキルや実務経験
  • レベルの高い職場仲間との切磋琢磨
  • 自分の肩書になり得る資格や経験 など

今の仕事を通じて、上記のようなスキルや経験が得られるのであれば、「転職すること」と「残って耐えること」を冷静になって、天秤にかけてみましょう。

 

もし、自分で考えることが難しければ、後述するプロのキャリアコーチの無料カウンセリングを利用してみることをおすすめします!
こうたーぼ

 

前向きな退職理由を考えられるか?

 

履歴書に3ヶ月で辞めたことが載ってしまうと、採用側にネガティブな印象を与えてしまいます。

  • 仕事の辞め癖がある
  • 忍耐力がない
  • メンタルが弱い

つまり、「うちに入社したとしても、すぐに辞めるんじゃないか…。」と思われる可能性が高くなります。

 

ネガティブな印象を与えないためにも、本来後ろ向きな理由で退職したことを、前向きなストーリーにできるかがポイントです。

むやみやたらに辞めるのではなく、退職する理由をしっかり考えなければ、十分に内定をもらえず、転職活動を妥協してしまう可能性があるからです。

転職活動で不利になり、妥協して望まない会社に入社しないように、退職理由を前向きなものにできるか、しっかり考えましょう!
こうたーぼ

 

転職で不利になる「短期離職」の考え方や対処法は、下記の記事で解説していますので、気になる方だけご覧ください。

関連記事:【危険】短期離職すると人生終わり?ヤバい体験談と対処法を解説!

 

転職を成功させるためにもう少し現職でガマンできそうか?

 

仕事を辞めてから転職活動を行う大きなデメリットは、経済的な余裕がなくなることです。

給料がないことに焦って、まともに転職活動ができなくなる可能性もあります。
こうたーぼ

 

次の転職先を失敗しないために、地に足のついた転職活動を行う必要があります。

むやみやたらに転職活動を行っても、また同じようにすぐに辞めてしまう会社を選んでしまうことになりかねません。

もうすこし今の仕事で我慢できそうであれば、働きながら転職活動の準備を行う方が、転職の成功確率は間違いなく上がります。

転職を成功させるためには、精神的な余裕が大切!我慢できそうなら、働きながら同時並行で転職活動を進めましょう!
こうたーぼ

 

次の転職で失敗しないための対処法

 

次の転職で失敗しないための対処法は3つあります。

転職してまた同じように辞めたくならないように、下記の対処法で成功確率をグッと上げましょう。

  1. 自己分析に時間を割いて自分に合った仕事を考える
  2. プロのキャリアコーチにやりたいことや自分の強みを見つけてもらう
  3. “スカウト型”の転職サイトを利用する

 

自己分析に時間を割いて自分にあった仕事を考える

 

自己分析をしっかりと行うと、自分に合った仕事を選べるようになります。

なんとなく今の会社がイヤで辞めたい人は、自己分析がおすすめ!
こうたーぼ

例えば…

  • 自分の志向に合った社風
  • 仕事を通じてどんなスキルを得たいのか
  • チームで働きたいか、個人で働きたいか など

上記を過去の仕事の経験から掘り起こしてみると、自分に合った仕事を選びやすいです。

 

とはいえ、自力で自己分析をするのは、かなり難しいものがあります。

なぜなら、自分の過去の記憶は、自分なりの解釈がついてしまっているので、自力では取っ払えないからです。

そこで、ツールを利用してみるのも1つの手です。以下に完全無料の自己分析ツールをご紹介します。

※上記は、それぞれ無料会員登録が必要になります。

 

転職が失敗続きの方は、自己分析が必須!複数の自己分析ツールで共通しているあなたの志向や強み、弱みを見つけられれば、転職活動に活用すべきです!
こうたーぼ

 

プロのキャリアコーチに自己分析やキャリアプランをサポートしてもらう

 

先ほど、自己分析を自力で行うのはとても難しいとお伝えしました。

僕自身、10社以上の転職サービスの自己分析ツールを利用してみたり、「ストレングスファインダー」と呼ばれる有料ツールを活用してみたりした経験があります。

しかし、そのどれもが、実際にプロのキャリアコーチにカウンセリングしてもらった結果には勝てませんでした。

転職すればいいのか、現職で頑張るべきか、当時悩んでいた僕にとって、カウンセリングのフィードバックを受けた時、視界が開ける感覚になりました。
こうたーぼ

 

僕が受けたのは、マジキャリというキャリアコーチングサービスです。

60分の初回カウンセリングが無料だったので、「試しに受けてみよう。」と軽い気持ちで受けたら、衝撃を受けました。

「今までの自己分析がマジで浅かった」と思い知らされるほど、深い自己分析を提供してくれたのです。

 

カウンセリングは、こちらが主体的に答えやすい質問を投げかけてくれる形式で、僕の場合、気付いたら幼少期のころの経験まで話していました。

 

自己分析を含め、現職で頑張るべきか、自分の強みを活かして転職すべきか、1人では判断しきれない人にはもっともおすすめです。

 

\質問に答えてLINEでカンタン予約!/ 

※全額返金保証あり!

 

マジキャリの詳しい口コミや僕のカウンセリングを受けた感想を知りたい方だけ、下記の記事を合わせてご覧ください。

関連
マジキャリの評判は?料金は高い?無料相談の口コミ・筆者の体験談を解説!

続きを見る

関連記事:【ヤバイ…】マジキャリの評判は?筆者の体験談や口コミ、ポジウィルとの比較まで徹底解説!

 

“スカウト型”の転職サイトを利用する

 

スカウト型の転職サイトを利用すれば、スカウトを通じて求人やヘッドハンターから「あなたに興味がある!」と通知してくれます。

 

求職者の僕たちからすれば、求人の仕事内容がホントに自分のスキルを活かせるものなのか、よくわからない部分が多いのが現実。

スカウト型転職サイトは、仕事をもっとも理解している企業側やヘッドハンターから、「あなたの経歴はウチで活躍できそう!」と教えてくれるので、失敗がありません!
こうたーぼ

 

“待ち”の転職活動にはなりますが...。

労力をかけずに、自分が活躍できそうな会社を見つけることができるので、効率的に転職活動を進められます。

 

確かに、アドバイザーが求人を紹介してくれる転職エージェントも利用するのはアリです。

とはいえ、エージェントは、「転職させたい!」を前面に出してきます。

つまり、目の前の求職者に向いていない求人だと分かっていても、紹介することが仕事なのです。

求人から紹介料をもらえないと、ビジネスとして成り立たないので。

転職エージェントは、短期で内定をゲットできる可能性はありますが、転職先選びに成功するかと言われると、疑問が残ります。
こうたーぼ

 

スカウト型の転職サイトで就職活動を進めることが、賢いやり方でしょう。

オファーをもらった求人を吟味する方が、効率的で、かつ自分に合った仕事である確率が高いです。

 

おすすめスカウト型転職サイト

リクナビNEXT

【公式】https://next.rikunabi.com

業界最大手で求人数No.1。圧倒的なスカウト数を誇る。

キャリトレ

【公式】https://www.careertrek.com/

ビズリーチが運営する20代特化型転職サイト。登録がカンタン。プレミアムスカウトでスピード内定も。

doda

【公式】https://doda.jp

面接確約オファーなど、内定までのスピード感が強み。

 

その他のおすすめ転職サイトを知りたい方だけ、下記の記事を合わせてご覧ください。

関連
【もう迷わない】おすすめ転職サイト・転職エージェントをランキング形式で解説

続きを見る

 

まとめ:転職して3ヶ月で辞めたい人に向けて対処法を徹底解説!

 

今回は、転職して3ヶ月で辞めたい人に向けて対処法を解説しました。

本記事の内容を以下にまとめておきますね!
こうたーぼ
  • 転職して3ヶ月は一般的に辛い時期。8割以上はストレスを抱えている
  • 仕事を辞めるかどうかは、中長期的に見てその会社で働く意味があるのかがポイント
  • 自己分析こそが転職成功のカギとなる。自信がない人はプロに頼るべし

 

まだ辞めるべきか悩んでいる方は、プロのキャリアコーチに無料カウンセリングしてもらうことをおすすめします。

自力で答えが出なければ、第三者と話して自分の中にある答えを見つけ出すしかないのです。

ずっと考えて答えが出ない時間を無駄にするぐらいであれば、サクッとカウンセリング予約をしましょう。

 

\質問に答えてLINEでカンタン予約!/ 

※全額返金保証あり!

 

今回は以上となります。

 

  • この記事を書いた人

こうたーぼ

大卒後、テキト~な就活でブラックな会社に就職►ストレスで肌が荒れ、顔中真っ赤に►世の中の有益な情報に目を向け、読書を習慣化►転職エージェント10社以上利用し、一部上場の優良企業に転職►社内トップセールス複数回受賞

-仕事・転職