正社員が入社後3ヶ月で辞めるのは迷惑?3つの対処法で円満退職!

この記事のまとめ

正社員で入社して3ヶ月。毎日我慢してきたけどもうこんな仕事辞めたい…。」と悩む方に向けて…

入社して3ヶ月で辞めるのはおかしい?3ヶ月で退職する際の伝え方は?

転職ブロガーとして入社3ヶ月で辞めたい人のお悩みを解決してきた経験から、対処法を徹底解説します!

 

毎日通勤電車に揺られながら思う。もうこんな仕事やりたくない。これ以上はホントに我慢できない。仕事のことを考えただけで拒否反応が出てしまう...。

こうお悩みの方はたくさんいます。

それもそのはず。最初に付き合った人と結婚した人ってマジですごいですよね。

会社選びもまったく同じことが言えるはず。

最初の会社が「最高!」と思える人は、ホントに幸運な人です。

そうです。3ヶ月で辞めても何ら問題ありません。

それより、その先の辞めた後のことを考えるべき。

この記事を読めば、入社後3ヶ月で辞める選択がベストと思えるような未来を描けるようになるはずです。

 

MEMO

3ヶ月で辞めたとしても若手人材は、採用されやすいです。

ただし、重要なことは短期離職を繰り返さないこと

アサインなど若手向けの転職エージェントを使って、あなたに合ったホワイト優良企業へ転職しましょう。

おすすめ転職エージェント

アサイン

【公式】https://assign-inc.com/

年間総合MVPを獲得した最優秀転職エージェント!35歳までの若手は登録必須!

リクルートエージェント

【公式】https://www.r-agent.com/

業界最大手で求人数No.1!転職実績もNo.1!非公開求人10万件とエージェントの王者。

キャリアスタート

【公式】https://careerstart.co.jp/

アドバイザーの6割がTOP10入賞者!入社後定着率92%とホワイト企業が多数!

※滅多にない好待遇の求人を逃さないためにも、3分以内で登録できる上記の転職エージェントにサクッと登録しておきましょう。

 

この記事の著者
ポジサラ

キャリアブロガー

ポジサラ

pojisara

プロフィール

外資系IT企業の法人営業。キャリア相談サービス・転職エージェントを利用して時価総額20兆円超えの超ホワイト外資系企業へ転職し、年収アップ・ワークライフバランスが改善した経験から、キャリアに関する発信をしています。
プロフィール詳細

入社3ヶ月で正社員を辞めるのなら「2週間」が肝

 

入社して3ヶ月でも仕事は辞められます。

『退職の自由』は、国から認められている権利。

とはいえ、退職を告げてから2週間を経過してからじゃないと辞められないことには注意が必要です。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用:民法第627条1項

 

そのため、どんなに仕事がつらくても、2週間は必ず辞めるまで時間がかかることを覚えておきましょう。

たった3ヶ月しか働いていないけど、会社に辞めることを認めてもらえるかな...。」と悩んでいる方は、心配無用です。

万が一、上司に退職を認めてもらえない場合は、人事部あてに退職届を内容証明郵便で送れば証拠が残るので、安心して辞められます。

あくまで裏の手なので、上司にまだ相談してない方は直接申し出をするのが社会人のマナーです!
ポジサラ

 

入社3ヶ月で正社員を辞める人はたくさんいる

 

入社してたった3ヶ月で辞めるのって、迷惑がかかるんじゃないか…。

そう思って、なかなか辞めるまでの踏ん切りがつかない方は多いはずです。

すこし視野を広げてみましょう。

自分の会社の中や友達だけでなく、赤の他人を含めた周りの入社3ヶ月の人はどうなんだろう。

実は、学卒後就職して3年以内に退職する割合は、中卒で70%高卒で50%大学卒で30%と言われています。

3年以内に退職する人って結構多いんですね…!
ポジサラ

その短期離職の中でも、3ヶ月未満で辞める人はおおむね10%というデータがでています。

出典:リクルートワークス研究所

つまり、大卒であれば100人いたら3人は3ヶ月以内に退職しているという計算になります。

高卒であれば、100人中5人。

珍しい数字ではありませんよね。

 

またTwitterを覗いてみると、3ヶ月以内に辞めた人のツイートがたくさん見つかります。

 

このように、たくさんの人が3ヶ月以内に辞めています。

とはいえ、「入社して3ヶ月で辞めて後悔した...。」というツイートは見当たらず、みんな満足している様子。

 

僕も個人的には、イヤな仕事を続けるのは、人生の貴重な時間をムダにすると考えています。

「辞めない」という選択肢ではなく、「辞めた事実を次に活かす」という選択肢の方が、賢明です。

下記のツイートのように、辞めた後の会社で将来上司となった時に部下を思いやれる、そんな上司になれるチャンスでもあります。

辞めるという選択にフォーカスせず、辞めた後の将来を見据えると、よい決断ができるはずです!
ポジサラ

 

正社員で入社して3ヶ月で辞める時の対処法3つ

 

正社員で入社して3ヶ月で辞める時の対処法は、以下の3つ。

  1. 3ヶ月間の経験をもとに適職を考える
  2. 働きながら転職活動する
  3. 長続きする転職先を選ぶ

 

3ヶ月間の経験をもとに適職を考える

 

3ヶ月で辞めたい原因は、人それぞれ。

  • 思いのほか残業が多く自分の時間がない
  • 上下関係が厳しくフランクに話せない
  • 仕事の量が多すぎる 等

上記はすべて、自分の仕事の価値観といまの職場が合わないこと、これに尽きます。

たとえば、残業がイヤという人もいれば、ガッツリ残業してお金を稼ぎたい!と思う人もいます。

つまり、いまの仕事はあなたに合っていないのです。

 

であれば、自分の適職を考えてみましょう。

この2、3ヶ月間、仕事のどこがイヤでしたか?

例えば、下記のポイントを「なぜ?」を繰り返し深掘りすることで、自分の仕事の価値観が浮かび上がってきます。

  • 仕事でやりがいを感じた、楽しかった瞬間
  • 今の会社に直してほしい部分
  • 今の仕事は向いているか、向いていないか

 

つまり、自己分析です。

とはいえ、自力で自己分析をするのは、かなり難しいものがあります。

なぜなら、自分の過去の記憶は、自分なりの解釈がついてしまっているので、自力では取っ払えないからです。

そこで、ツールを利用してみるのも1つの手です。以下に完全無料の自己分析ツールをご紹介します。

※1日、2日以上はかかる自己分析が、たったの「5分」で完了します。

 

働きながら転職活動する

 

貯蓄がそこそこある人は、先に仕事を辞めても転職活動中の生活費は賄えます。

とはいえ、若手サラリーマンは基本的にお金がないですよね。

なので働きながら転職活動する方が無難。

仕事を辞めてから転職活動する場合のメリット・デメリットを考えてみましょう。

メリット
  • 面接の日程調整しやすい
  • 会社に有利な資格やスキルの勉強ができる
  • 転職活動に集中し、短期決着できる
デメリット
  • 経済的な余裕がなくなる
  • 転職先が見つからないリスクがある
  • 焦りが生まれて、妥協する可能性も

 

明らかに仕事を辞めてから転職活動をするデメリットの方が致命的です。

まずは働きながら転職活動をすることを腹をくくるしかありません。

 

そのため、転職活動を時短できるならそれに越したことはありません。

転職活動において、もっとも面倒なのが職務経歴書の作成です。

ひな形も分からなければ、何を書いていいのかも分からない...。

 

また優良求人を自力で調べようものなら、1ヶ月あっても足りません。

求人数だけで10万件以上、日本には存在します...。
ポジサラ

 

職務経歴書のひな形を準備してくれて、的確に書くべきポイントを示してくれる

さらに、ものの1日であなたの適性に合った非公開な優良求人を探してきてくれるのが転職エージェントです。

僕は2回目の転職エージェントとの面談で、求人をもってきてくれて、下書き済みの職務経歴書を渡されました!
ポジサラ

 

試しにアサインなど若手と相性の良い転職エージェントに登録してみましょう。

いまの会社より好待遇な会社を紹介してもらえるはずです。

おすすめ転職エージェント

アサイン

【公式】https://assign-inc.com/

年間総合MVPを獲得した最優秀転職エージェント!35歳までの若手は登録必須!

リクルートエージェント

【公式】https://www.r-agent.com/

業界最大手で求人数No.1!転職実績もNo.1!非公開求人10万件とエージェントの王者。

キャリアスタート

【公式】https://careerstart.co.jp/

アドバイザーの6割がTOP10入賞者!入社後定着率92%とホワイト企業が多数!

 

長続きする転職先を選ぶ

 

短期離職を繰り返すことは下記の記事でも詳しく解説していますが、あまり褒められることではありません。

≫【危険】短期離職すると人生終わり?ヤバい体験談と対処法を解説!

 

若手は短期離職でもポテンシャル採用で受かりやすいですが、転職の“難易度”は少なからず上がります。

そのため、短期離職を繰り返さないように、長続きする転職先を選ばなければなりません。

短期離職を繰り返すと面接官から「ウチに入ってもどうせ辞めそうだな…。」という目線で見られるのです。
ポジサラ

 

先ほどもお話ししましたが、まずは適職を考えてみることです。

そしてどんな会社が自分に合っているのかを見つけること。

とはいえ、日本の会社の数は200万社以上。

なんとなく知っている会社から応募しちゃいますよね。
ポジサラ

やはりそこは、先ほどのアサインなど、プロの転職エージェントに相談して、求人を探してもらうのがベターです。

 

ただ、転職エージェントは自社で取り扱っている求人しか応募できません。

そのため、あなたにベストマッチした求人があったとしても、相談した転職エージェントが取り扱っていなければ応募できないのです。

 

解決先として、有料でキャリア相談ができるサービスがあります。

このサービスは、転職エージェントとは違い求人を紹介しないため、実質どの企業にも応募が可能です。

さらにプロコーチによって、あなたの自己分析から転職サポートまで質の高いサポートを行ってくれます。

有料キャリア相談サービスと、転職エージェントとの違いは下記のとおり。

サービス名 キャリア相談サービス 転職サイト 転職エージェント
利用料金 有料
(利用者からお金をもらう)
無料
(求人からお金をもらう)
無料
(求人からお金をもらう)
自己分析の支援
自己分析からスタート
×
アドバイスなし

求人紹介がメイン
キャリアプランの作成
コーチと二人三脚
×
アドバイスなし

求人紹介がメイン
求人紹介 ×
他社求人が存在しないため
実質全ての求人に応募可能

自社求人のみを紹介

自社求人のみを紹介
アドバイザーの質
プロのキャリアコーチ
×
アドバイザー不在

当たり外れが大きい

 

初回は無料でキャリアカウンセリングができるので、気になる方だけ下記のキャリア相談サービスのおすすめランキングを合わせてご覧ください。

関連
おすすめのキャリア相談・キャリアカウンセリング
キャリア相談サービスのおすすめは?9つの有料転職カウンセリングを徹底比較!

続きを見る

関連記事:キャリア相談サービスのおすすめは?9つの有料転職カウンセリングを徹底比較!

 

正社員で入社して3ヶ月で退職する時の伝え方

 

正社員で入社して3ヶ月で退職する時の伝え方は、以下の流れとなります。

  1. 就業規則に書いてある期限を確認
  2. 確実に退職できる理由を準備する
  3. 上司を個室に呼び出し直接話す

 

就業規則に書いてある期限を確認

 

退職の自由として認められているのは、辞める2週間前に退職の意思を示すこと。

とはいえ、それ以前に会社の就業規則に『退職者は~日前までに退職を申し出ること』と記載がある会社がほとんとです。

そのため、会社の就業規則をまず確認しましょう。

僕の前職は銀行でしたが、2週間と記載がありました!
ポジサラ

 

就業規則を守るのは、会社員としてのマナーです。

退職したい日から逆算して退職届をだすためには、かならず確認しておきましょう。

 

確実に退職できる理由を準備する

 

まともな会社であれば上司から「思いとどまってくれないだろうか…」とブロックが入ります。

それもそのはず。あなたが3ヶ月で辞めてしまうと、上司は会社からの評価を落とされるのです。

上司は裏で会社から「部下が3ヶ月で辞めるのは、お前の管理不足だ!」と怒られるわけです。
ポジサラ

 

おっと。ここで罪悪感は一切要りません。

なぜなら、あなたの人生を決めるのはあなただからです。

上司への罪悪感で辞めるのを留まると、後々後悔するのは目に見えています。

 

であれば、上司も会社に報告しやすい退職理由をでっち上げましょう。

退職理由は嘘でもよいのです。

僕はまるっきり嘘の理由で退職しました!
ポジサラ

 

退職理由が嘘だとバレても何の問題にもなりません。

  • 資格を取るために学校へ行く
  • 将来の夢を叶えるべく起業する など

会社に「それはしょうがないな…。」と思われるような退職理由を話せばよいのです。

詳しくは、【解決】確実に退職できるたった1つの理由とは?転職経験者が徹底解説!をご覧ください。

 

上司を個室に呼び出し直接話す

 

さあ。ここからがもっとも緊張する場面。

上司と直接対決です。

僕は当時、緊張で冷や汗かいてました…。
ポジサラ

 

ここで守るべきポイントは、下記3点。

  1. 個室で話すこと
  2. 直属の上司に話すこと
  3. 断定的に話すこと

 

直属の上司を飛び越えて、部門長などに話をするのはNGです。

上司からすると、「なんで俺に言わないんだ…!」と揉める原因になります。

そして最後に断定的に話すこと。

「~と思っています。」と話すと、「これはまだ引き止められるな…!」と判断されてしまいます。

かならず「〇月〇日に辞めます!」と断定して話しましょう。

上司は引き止める余地がなくなります。

退職を切り出せないと悩んでいる方は、退職を切り出せない...怖いと悩むあなたへ「351万人が同志です」を合わせてご覧ください。

 

まとめ:入社して3ヶ月で正社員を辞める時の対処法を徹底解説!

 

今回は、入社して3ヶ月で正社員を辞める時の対処法を解説しました。

入社して3ヶ月で辞めるのは何も迷惑はかかりません。

あなたの人生は1度きり。そしてあなたの人生のCEOはあなたなのです。

辞める選択肢に目を向けるのではなく、辞めた後に後悔しないように本記事に沿って対策していきましょう。

あなたのキャリアがより良いものになれば幸いです。

 

最後におすすめの転職エージェントをご紹介して終わりにします。

おすすめ転職エージェント

アサイン

【公式】https://assign-inc.com/

年間総合MVPを獲得した最優秀転職エージェント!35歳までの若手は登録必須!

リクルートエージェント

【公式】https://www.r-agent.com/

業界最大手で求人数No.1!転職実績もNo.1!非公開求人10万件とエージェントの王者。

キャリアスタート

【公式】https://careerstart.co.jp/

アドバイザーの6割がTOP10入賞者!入社後定着率92%とホワイト企業が多数!

 

今回は以上となります。

  • この記事を書いた人

ポジサラ

外資系IT法人営業 × ブロガー|入社3年目で社内トップの営業成績達成3連覇|大卒後、テキト~な就活でブラックな会社に就職►ストレスで肌が荒れ、顔中真っ赤に►転職エージェント・有料キャリア相談サービスを20社以上利用し、時価総額20兆円超えの外資系企業へ転職►年収アップ・ワークライフバランスが改善

-仕事・キャリア形成, 転職ノウハウ