【危険】短期離職すると人生終わり?ヤバい体験談と対処法を解説!

この記事のまとめ

短期離職した元同僚2人のリアルな体験談、短期離職で失敗しないための対処法を徹底解説!

短期離職をするとホントに人生終わり?どのくらいの期間から短期離職って言うの?

この記事を読めば、入社してからすぐに辞めたい時にどうすればいいのかがハッキリします!

 

短期離職してしまったら、転職先が決まらないかもしれない…。

入社前とのギャップを感じたり、人間関係や労働環境が悪い会社で働いていて、辞めたくなると、このような不安で頭がいっぱいになります。

 

いきなり結論ですが、短期離職をしたとしても20代~30代前半であれば、転職は十分できます。

さすがに30代後半から40代になると、転職回数もそれなりにあると思われるため、厳しくなるのは間違いありませんが...。

僕の20代の友人の中には、短期離職を2回繰り返して、キャリアアップした人もいます。
こうたーぼ

 

とはいえ、長く働ける人も多いのが事実。その違いとは、一体何なのでしょうか。

 

上記のとおりで、合わない仕事を選んでしまっているのが根本の原因にあります。

 

この記事では、短期離職の考え方と、転職後に仕事をすぐに辞めてしまわないための対処法を解説します!
こうたーぼ

 

転職して短期離職したい方は、転職して3ヶ月で辞めたい…中途入社ですぐに退職してもいい?3つの対処法を解説!を合わせてご覧ください。

 

そもそも短期離職とは?

 

「短期離職」ってアバウトな言い方ですよね。

ここからは…

  • 短期離職はどのくらいの期間のことを言うのか?
  • 短期離職をする人の割合は?
  • どの業界が短期離職する人が多いのか?

上記を1つずつ解説していきますね。

 

1年~3年を経過せずに離職することを指す

 

短期離職とは、一般的に1年~3年以内に退職することを指します。

企業によって、短期離職とみなされる期間は変わるため、1年~3年という幅をもたせた定義をしています。

短期離職にハッキリとした定義はないのです!
こうたーぼ

 

短期離職かどうかを判断するのは受け手。つまり、転職活動時に応募する企業がどう思うか、なのです。

例えば、入れ替わりの激しいメジャーな業界、飲食サービス業で働いた場合、短い職歴でも問題ないと判断する企業は多いでしょう。

また、ベンチャー企業であれば、業界に関わらず、短期離職をする人は多いため、同じような見方になることがあります。

明らかに短すぎる「数カ月単位」ではない限り、短いかどうかは採用側が判断することになります!
こうたーぼ

 

とはいえ、1ヶ月の超短期離職でも悲観することはありません。

確かにデメリットもありますが、問題点を整理すれば、転職できることに間違いないです。

関連記事:正社員で入社して1ヶ月で仕事を辞めるのはヤバイ…?退職理由と伝え方まで徹底解説!

 

短期離職をする人は新卒の3割以上を占める

 

厚生労働省のデータによると、平成29年3月に卒業した新卒の内、3年以内の短期離職者は約3割以上にのぼります。

高卒で入社した方は、なんと4割近くが3年以内に辞めています。
こうたーぼ

 

新卒で短期離職をしたい、もしくは既にして悩んでいる方は、あなたがおかしいわけではありません。

10人に3人以上は短期離職をしているため、「自分は社会不適合者なのかな。」と悩む必要はないのです。

 

業界によっては半数近くが短期離職をしている

 

先ほどの厚生労働省のデータによると、離職率が5割近い業界は以下のとおり。

  • 宿泊業・飲食サービス業(離職率:52.6%)
  • 生活関連サービス業・娯楽業 (離職率:46.2%)
  • 教育・学習支援業(離職率:45.6%)

 

もしあなたが、上記の業界で働いていて、短い期間で退職を考えているのなら、業界に問題があります。

応募する企業の人事は、離職率が高い業界のことを把握しているはずなので、業界全体として離職率が高い会社に勤めていれば、短期離職を不審に思われる可能性は低いです。

 

短期離職で人生終わることはない2つの体験談

 

短期離職で人生終わることはありません。

その裏付けとして、僕の元同僚2人が実際に短期離職した事例をご紹介していきます。

これからお話しする2人は、下記の共通した経歴を持ち合わせています。

  • 新卒で金融機関に正社員として入社
  • 20代
  • 1年以内に退職

 

2人とも、短期離職して大成功してます!
こうたーぼ

 

事例①:2度目の短期離職で年収がアップした

 

元同僚A君は、新卒で入社して10カ月で退職

その後、今までのスキルや実務経験が活かせるように、金融機関向けのコンサル企業に入社しました。

とはいえ、ここで大きな問題が。

金融機関向けのコンサルなので、結局前職と同じような金融機関に出向いて働かないといけなかったのです。

前職がイヤで転職したのに、同じような環境でまた働くことになってしまったんです‥。
こうたーぼ

 

2社目でもまたガマンの日々。向いていないと思いながら必死に働いていました。

とはいえ、ここでもガマンの糸がプツンと切れ、転職してから1年弱で再び転職活動を始めたのです。

そして、今までのコンサルの実務経験が見込まれ、大手外資系のコンサル会社に入社しました。

なんと、年収は新卒時に比べると500万ほどアップしています!
こうたーぼ

 

2度の短期離職の転職活動については、元同僚A君は以下のように話していました。

2回とも、転職サイト(doda)を利用してスカウトが来た会社に応募した。

面接のときは、百発百中、短期離職した理由を聞かれた。

そこで動揺せずに、前向きな理由を話すようにしていた。

ストレートに「会社がイヤで…。」と話すのではなく、「スキルアップをしたい!」や「やりたい仕事が御社ではできる!」などの前向きな理由を話すことが大事。

そうすれば、20代でポテンシャルがあると見込まれて内定を取りやすい。

 

短期離職の理由は、しっかりと説明できるようにシミュレーションしておきましょう!
こうたーぼ

 

事例②:短期離職でsaasを代表する企業で活躍

 

元同僚B君は、金融機関に入社して半年で退職し、saasを代表する企業に入社しました。

同僚A君とは異なり、実務経験がない、まったく違う業界に入社したのです。

今では、30代前半という若さで部署を管轄するポジションで働いてます!羨ましい…
こうたーぼ

 

元同僚B君は、短期離職で未経験の業界に飛び込んだ転職活動について、以下のように話していました。

チャレンジ志向を強くアピールしたと同時に、前職を短い期間で転職することになった反省点も話した。

具体的には、「業界研究や会社に対する理解度がほとんどないまま、入社を決めてギャップを感じてしまった。御社を志望した理由は、しっかりと企業分析した結果、ホントにやりたい仕事だと確信したから。」という点を面接官に話した。

“なぜその仕事をやりたいか?”というところまで自己分析で深掘りできれば、面接で苦労しないはず。

 

短期離職に至ってしまった反省点と、前向きな姿勢を見せることで、気になる未経験の業界で採用してもらえる可能性がグッと上がります!
こうたーぼ

関連記事:スキルなしの転職は儚い夢なのか…?20代の筆者が成功した方法を大公開!

 

【注意喚起】短期離職は「3回目」から黄色信号

画像引用:リクナビNEXT

 

リクナビNEXTが企業の採用担当者向けにアンケートをとった結果、転職回数が「3回」を超えると、ネガティブな印象を与えてしまうことが分かりました。

 

つまり、短期離職を3回繰り返してしまうと、内定を取れる確率が下がってしまうと言えます。

短期離職で成功した僕の元同僚2人とも、転職回数は3回をこえていません‥。
こうたーぼ

 

いくら短期的な転職で成功事例があるとはいえ、短期離職を繰り返すのは得策とは言えません。

次の転職先で3年以上働くために、自分に合った会社を見つける必要があります。

次章で、自分に合った会社を見つける方法を見ていきましょう。

 

転職が失敗続きの方は下記の記事を参考にしてください。

関連記事:転職が失敗続きの理由5つとは?自分に向いてる仕事の選び方3つを伝授!

 

短期離職で失敗しない「自分に合った会社を見つける方法」

 

短期離職で失敗しないためには、自分に合った会社を見つけなければなりません。

転職した会社が、自分に合っていなければ、また短期離職してしまう可能性があるからです。

ここでは、以下の3つの対処法をそれぞれ解説していきます。

  1. 自己分析ツールで自分を知る
  2. キャリアコーチングを受けて、自分に合ったキャリアを見つける
  3. “スカウト型”の転職サイトを利用する

 

自己分析ツールで自分を知る

 

自己分析をしっかりと行うと、自分に合った仕事を選べるようになります。

なんとなく今の会社がイヤで辞めたい人や仕事に対する気持ちが切れて退職したい人は、自己分析がおすすめ!
こうたーぼ

例えば…

  • 自分の志向に合った社風
  • 仕事を通じてどんなスキルを得たいのか
  • チームで働きたいか、個人で働きたいか など

上記を過去の仕事の経験から掘り起こしてみると、自分に合った仕事を選びやすいです。

 

とはいえ、自力で自己分析をするのは、かなり難しいものがあります。

なぜなら、自分の過去の記憶は、自分なりの解釈がついてしまっているので、自力では取っ払えないからです。

そこで、ツールを利用してみるのも1つの手です。以下に完全無料の自己分析ツールをご紹介します。

※上記は、それぞれ無料会員登録が必要になります。

 

もし利用していないサービスがあれば、片っ端から使ってみましょう!複数の自己分析ツールで共通しているあなたの志向や強み、弱みを見つけられれば、転職活動に活用すべきです!
こうたーぼ

 

キャリアコーチングを受けて自分に合ったキャリアを見つける

 

先ほど、自己分析を自力で行うのはとても難しいとお伝えしました。

僕自身、10社以上の転職サービスにある無料の自己分析ツールを利用してみたり、有料ツールを活用してみたりした経験があります。

しかし、そのどれもが、実際にプロのキャリアコーチにカウンセリングしてもらった結果には勝てませんでした。

転職すればいいのか、現職で頑張るべきか、当時悩んでいた僕にとって、カウンセリングのフィードバックを受けた時、視界が開ける感覚になりました。
こうたーぼ

 

僕が受けたのは、マジキャリというキャリアコーチングサービスです。

60分の初回カウンセリングが無料だったので、「試しに受けてみよう。」と軽い気持ちで受けたら、衝撃を受けました。

「今までの自己分析がマジで浅かった」と思い知らされるほど、深い自己分析を提供してくれたのです。

 

カウンセリングは、こちらが主体的に答えやすい質問を投げかけてくれる形式で、僕の場合、気付いたら幼少期のころの経験まで話していました。

 

自己分析を含め、現職で頑張るべきか、自分の強みを活かして転職すべきか、1人では判断しきれない人にはもっともおすすめです。

 

\質問に答えてLINEでカンタン予約!/ 

※全額返金保証あり!

 

マジキャリの詳しい口コミや僕のカウンセリングを受けた感想を知りたい方だけ、下記の記事を合わせてご覧ください。

関連
マジキャリの評判は?料金は高い?無料相談の口コミ・筆者の体験談を解説!

続きを見る

関連記事:【ヤバイ…】マジキャリの評判は?筆者の体験談や口コミ、ポジウィルとの比較まで徹底解説!

 

“スカウト型”の転職サイトを利用する

 

スカウト型の転職サイトを利用すれば、スカウトを通じて求人やヘッドハンターから「あなたに興味がある!」と通知してくれます。

スカウトは、履歴書にある短期離職を見たうえで、送られてくることもあります。

つまり、スカウトを通じて、受かりやすい企業を見分けることができるのです!
こうたーぼ

 

“待ち”の転職活動にはなりますが...。

労力をかけずに、自分が活躍できそうな会社を見つけられるので、効率的に転職活動を進められます。

 

確かに、アドバイザーが求人を紹介してくれる転職エージェントも利用するのはアリです。

とはいえ、エージェントは、「転職させたい!」を前面に出してきます。

つまり、この求人が目の前の求職者に向いていないと分かっていても、紹介することが仕事なのです。

求人から紹介料をもらえないと、ビジネスとして成り立たないので。

転職エージェントは、短期で内定をゲットできる可能性はありますが、転職先選びに成功するかと言われると、疑問が残ります。
こうたーぼ

 

スカウト型の転職サイトで就職活動を進めることが、賢いやり方でしょう。

オファーをもらった求人を吟味する方が、効率的で、かつ自分に合った仕事である確率が高いです。

 

おすすめスカウト型転職サイト

リクナビNEXT

【公式】https://next.rikunabi.com

業界最大手で求人数No.1。圧倒的なスカウト数を誇る。

キャリトレ

【公式】https://www.careertrek.com/

ビズリーチが運営する20代特化型転職サイト。登録がカンタン。プレミアムスカウトでスピード内定も。

doda

【公式】https://doda.jp

面接確約オファーなど、内定までのスピード感が強み。

 

その他のおすすめ転職サイトを知りたい方だけ、下記の記事を合わせてご覧ください。

関連
【もう迷わない】おすすめ転職サイト・転職エージェントをランキング形式で解説

続きを見る

 

まとめ:短期離職をしても人生終わりではない

 

今回は、短期離職をしても人生が終わりではないというお話をしてきました。

本記事の内容を以下にまとめておきますね!
こうたーぼ
  • 入社してすぐに辞めることはおかしなことではない
  • 新卒で正社員として入社し、短期離職するのは「2回まで」が限度
  • 自分に合った会社に就職、または転職することがもっとも大切

 

就職は、「運」も大きく絡みます。

部署によっては、同じ会社であっても、残業時間が長かったり、人間関係が悪いことはザラにあります。

面接だけでは感じ取れない会社の裏の部分も、たくさんあるのです。

 

「この会社合わないな‥。」「仕事が辛すぎて辞めたい‥。」と短期間で思うことは、あなたが社会不適合者だからではありません。

 

むしろ、短期離職をしたいと思える人は、すぐに動ける“行動力がある人”。

その行動力を、今後のキャリアをより良くするために有益なサービスを利用することに充てられれば、転職して失敗することはないでしょう。

おすすめスカウト型転職サイト

リクナビNEXT

【公式】https://next.rikunabi.com

業界最大手で求人数No.1。圧倒的なスカウト数を誇る。

キャリトレ

【公式】https://www.careertrek.com/

ビズリーチが運営する20代特化型転職サイト。登録がカンタン。プレミアムスカウトでスピード内定も。

doda

【公式】https://doda.jp

面接確約オファーなど、内定までのスピード感が強み。

 

今回は以上となります。

  • この記事を書いた人

こうたーぼ

大卒後、テキト~な就活でブラックな会社に就職►ストレスで肌が荒れ、顔中真っ赤に►世の中の有益な情報に目を向け、読書を習慣化►転職エージェント10社以上利用し、一部上場の優良企業に転職►社内トップセールス複数回受賞

-仕事・転職