転職が怖い...動けない...と悩むあなたへ贈る3つの克服方法

この記事のまとめ

転職が怖い...動けない...と悩むあなたへ、対処法を徹底解説!

転職が怖い理由は?実際に転職したらどんな風に変わるの?

同じように怖くて動けない状態だった僕が、金融機関→外資系のIT企業へ転職できた経験にもとづいて、お話していきます!

 

転職したいけど、今より悪い会社だったり、仕事に馴染めなかったらどうしよう…。

初めての転職だから想像もつかないし、怖い...。

僕が初めて転職しようか、悩んでいたころの心境です。

 

転職エージェントや転職サイトの違いも分からず...。そして登録してしまうと、転職活動が正式にスタートするような感じがして、何カ月も動けない状態が続きました。

 

結論から言うと、1人で悩まず、転職した友人に話を聞いてみたり、プロのキャリアアドバイザーやコーチと話をしてみることがおすすめです。

今の時代、転職経験者は2人に1人と言われています!シンプルに人生の通り道の1つとしてとらえてみるのも良いですよ!
ポジサラ

 

この記事を読めば、転職に対する怖さと不安の正体がハッキリし、どう対処すべきか分かるようになります。

 

MEMO

キャリア相談サービスのカウンセリングを受ければ、プロのコーチが自己分析をサポートしてくれて、自分に合った仕事を提案してくれます。

僕は実際にキャリアコーチングサービス『[st_af id="15318"]』を受けてみました。深い自己分析を提供してくれて、視界が開ける感覚になり、まさに衝撃でした!
ポジサラ

 

\ 3分でカンタン予約!スマホOK!/

※初回カウンセリングだけならお金は一切かかりません

関連
キャリア相談サービスのおすすめは?6つの有料転職カウンセリングを徹底比較!

続きを見る

関連記事:キャリア相談サービスのおすすめは?6つの有料転職カウンセリングを徹底比較!

 

初めての転職が怖い...動けない...と思う3つの理由

 

初めての転職が怖い...動けない...と思う3つの理由は以下のとおり。

  1. 転職を失敗したくない
  2. 初めてだから転職すること自体が不安
  3. 円満に退職できるか不安

 

転職を失敗したくない

 

やはりもっとも大きいのは、失敗したくないという思い。

僕は転職を考え出した時に真っ先にこの思いが浮かびました。

今より劣悪な職場環境だったら最悪だし…。

上司や同僚に恵まれなかったらどうしよう…。

転職が頭をよぎると、失敗したくないという気持ちが勝って、現職に残るという経験をされた方も多いはずです。

20代だから失敗してもいいじゃん!と言われることもありますが、自分の人生だから失敗はできるだけ避けたいですよね。
ポジサラ

石橋をたたきまくって渡りたい僕のような方は、転職という難しい選択にものすごく頭を悩まされることも多いでしょう。

転職が失敗続きにならないように未然防止したい方だけ、転職が失敗続きの理由5つとは?自分に向いてる仕事の選び方3つを伝授!を合わせてご覧ください。

 

初めてだから転職すること自体が不安

 

初めての転職は、転職活動の進め方や転職後の自分のイメージが湧きづらいです。

また就職活動の経験から面接への苦手意識が残っている方は、「せっかく転職活動を始めても面接で落とされるのではないか…。」と、はじめから自信喪失状態、なんてことも多いですよね。

僕は就活で落ちまくって、最初に内定をもらった会社に決めました…。
ポジサラ

 

また、転職する前の僕は、「自分のようなスキルもない人間が、転職なんてホントにできるのだろうか…。」と不安になっていました。

関連記事:スキルなしの転職は儚い夢なのか…?20代の筆者が成功した方法を大公開!

 

当時、僕の背中を押してくれたのは、マイナビの『転職経験者「転職してよかった」が87%』という記事でした。

実際に僕も転職してよかったと思えている人間です。

しっかりと会社をリサーチして応募すれば、大きくギャップを感じることも少ないので、転職会議などを使ってスキマ時間に社員の口コミを見てみることもおすすめです。

 

円満に退職できるか不安

 

今は、どこの会社も人手不足と言われる時代です。

そんな中、上司の反対を押し切り、退職までこぎつけられるのか不安になることもありますよね。

また今までお世話になった会社に対して裏切るような感覚にもなります。

転職には退職もセット。僕は悩みすぎる性格なので、行きたい会社に内定をもらえるまで、退職のことは考えないようにしていました。
ポジサラ

 

退職することを上司に告げると、止められはしますが、すんなり受け入れられたりします。

自分ばかりが悩んでいるだけで、現実は意外とうまくいくものです。

今のうちから円満退職の準備をしておきたい方は、会社ではどうしようもできない退職理由を考えておきましょう。

関連記事:【解決】確実に退職できるたった1つの理由とは?転職経験者が徹底解説!

 

怖くて動けなかった僕が転職して変わった3つのこと

 

怖くて動けなかった僕が転職して変わったことは以下の3つです。

  1. 尊敬できる上司や同僚に囲まれて仕事が楽しくなった
  2. ゴルフや飲み会などの強制がなくなり自分の時間ができた
  3. 仕事を通じて興味のある分野を勉強できるからモチベが高まった

 

尊敬できる上司や同僚に囲まれて仕事が楽しくなった

 

サラリーマンという特性上、将来が見えやすい反面、目の前にいる自分の上司は、未来のあなたの姿です。

今の上司のようになりたくなかったり、仕事の取り組み方に尊敬できなかったりすると、転職したいと思うきっかけになりますよね。

まさに僕の転職理由の1つです...
ポジサラ

 

転職活動では、転職先の上司を見定めることもできます。

2次面接以降の面接官は、入社後の上司がおこなう場合が多いからです。

つまり、求職者の僕たちは面接を受けている立場ですが、相手を見定めるチャンスもあるということ。

「この人なんだか苦手だな…。」

「あまり面接官としてやる気を感じなかったな…。」

など、一緒に働きたいと思わなかった場合、辞退した方が良いでしょう。

 

僕は転職先を見定める気持ちも忘れず、面接に臨んでいました。

その結果、今は尊敬できる上司や職場仲間に囲まれて仕事ができています。

自信がなくても相手を見定めることは忘れないようにしましょう!
ポジサラ

 

ゴルフや飲み会などの強制がなくなり自分の時間ができた

 

僕の前職はホントに古い社風だったので、会社で飲み会が開かれれば若手は必須で参加。

挙句の果てに、接待ゴルフも参加必須で、高いゴルフ代は実費などが普通でした。

まさにゴリゴリの体育会系です...。
ポジサラ

 

今の会社はゴルフや飲み会などはほとんどなく、接待での休日出勤などもまったくありません。

フルリモートで働きながら、自分の自由な時間や家族と過ごす時間も増えました。

転職してから自分の時間を有意義に使うことができ、このブログを運営することもできるようになりました!
ポジサラ

時間は有限です。

僕のように会社で拘束されている時間が長い方は、1度他の会社をリサーチしてみましょう。

世の中には、自分の時間を有意義に使えるホワイトな企業はゴロゴロあることに気付くはずです。

 

仕事を通じて興味のある分野を勉強できるからモチベが高まった

 

僕の前職は、金融機関です。いわゆる斜陽産業と呼ばれる業界のため、将来性はないようなもの。

このままで将来大丈夫だろうか…?と不安になり転職を決意しました。
ポジサラ

 

そこから今伸びているIT業界へ飛び込むことを決めたのです。

転職してからは、自分の市場価値を高める仕事ができていると自覚でき、仕事をする意義が見出せるようになりました。

未経験だったので最初こそ大変でしたが、モチベーションに左右されることもなくなり、楽しく仕事ができています。

 

転職が怖い...動けない...という気持ちを克服する3つの方法

 

転職が怖くて動けなかった僕が克服できた方法は、以下の3つです。

  1. 実際に転職した経験のある友人から話を聞く
  2. プロのキャリアアドバイザーに無料で相談する
  3. キャリアコーチングを受ける

 

実際に転職した経験のある友人から話を聞く

 

仕事をしていると、コミュニケーションのネットワークが自然と社内の人に限られてしまいます。

すると、今の仕事以外で働いている自分の姿がイメージしにくくなり、転職しようにも1歩が踏み出せない状況になってしまうのです。

他の人はどんな働き方をしているのか、見当もつかなくなってしまいます...。
ポジサラ

 

実際に転職した経験のある友人や元同期などに声をかけて、話を聞いてみることが得策です。

話を聞いてみると「あ、なんだか自分も転職活動ぐらいはできそう。」と思えるはず。

転職が身近なものに思えてくるからです。

転職した経緯やどんな流れで転職活動をしたのか、今はどんなギャップを感じているか、などを聞いておくとイメージが湧くでしょう。

転職したい人だけで話しても、愚痴大会になるだけなので注意です!
ポジサラ

 

プロのキャリアアドバイザーに無料で相談する

 

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、転職に興味があるけど怖いという人をゴマンと見てきています。

そんな方々を転職成功に導いているのがキャリアアドバイザーという仕事です。

ただし、転職エージェントによってはゴリゴリに営業をかけてくるところもあります。

求職者を企業にあっせんすることが仕事なので…。
ポジサラ

 

僕が利用してみてよかった転職エージェントはアサインです。

Zoomにも関わらず、ホワイトボードを使ってキャリアの考え方や面接対策を丁寧に教えてくれたり、面談後に内容をLINEでまとめてくれたり...。

転職初心者にとって、まさに有料級の情報を与えてくれながらも、ムリに転職を勧められたこともありませんでした。

アサインの担当の方から教えていただいた転職ノウハウのおかげで、転職活動中に受けた面接は全勝でした!
ポジサラ

 

\多数の転職サイトで優秀実績表彰!/

※登録後もお金は一切かかりません。

 

関連
【激白!】人材業界の超新星アサインの評判や口コミは?筆者が転職面談を受けてみた!

続きを見る

関連記事:【激白!】人材業界の超新星アサインの評判や口コミは?筆者が転職面談を受けてみた!

 

キャリアコーチングを受ける

 

キャリアコーチングとは、プロのキャリアコーチとマンツーマンで面談し、今後のキャリア設計や仕事や転職に関する悩みを相談できるサービスのことです。

キャリアコーチングと転職エージェントとの違いを、下記の表でまとめました!
ポジサラ
サービス名 キャリアコーチング 転職サイト 転職エージェント
利用料金 有料
(利用者からお金をもらう)
無料
(求人からお金をもらう)
無料
(求人からお金をもらう)
自己分析の支援
自己分析からスタート
×
アドバイスなし

求人紹介がメイン
キャリアプランの作成
コーチと二人三脚
×
アドバイスなし

求人紹介がメイン
求人紹介 ×
他社求人が存在しないため
実質全ての求人に応募可能

自社求人のみを紹介

自社求人のみを紹介
アドバイザーの質
プロのキャリアコーチ
×
アドバイザー不在

当たり外れが大きい

 

キャリアコーチングは転職エージェントと異なり、初回カウンセリング以降は有料となります。

僕は初回カウンセリングを受けたことがあり、自己分析を徹底的に行ってくれました。

転職すればいいのか、現職で頑張るべきか、当時悩んでいた僕にとって、初回カウンセリングのフィードバックを受けた時、視界が開ける感覚になりました。
ポジサラ

 

僕が受けたのは、マジキャリというキャリアコーチングサービスです。

60分の初回カウンセリングが無料だったので、「試しに受けてみよう。」と軽い気持ちで受けたら、衝撃を受けました。

「今までの自己分析がマジで浅かった」と思い知らされるほど、深い自己分析を提供してくれたのです。

 

カウンセリングは、こちらが主体的に答えやすい質問を投げかけてくれる形式で、僕の場合、気付いたら幼少期のころの経験まで話していました。

 

自己分析を含め、現職で頑張るべきか、自分の強みを活かして転職すべきか、1人では判断しきれない人にはもっともおすすめです。

 

\質問に答えてLINEでカンタン予約!/ 

※全額返金保証あり!

 

マジキャリの詳しい口コミや、僕がカウンセリングを受けた感想を知りたい方だけ、下記の記事を合わせてご覧ください。

関連
【微妙?】マジキャリの評判を筆者の体験談から解説!料金や口コミも徹底リサーチ!

続きを見る

関連記事:【微妙?】マジキャリの評判を筆者の体験談から解説!料金や口コミも徹底リサーチ!

 

まとめ:転職で怖い...動けない…と悩んだ時の克服方法を徹底解説!

 

今回は転職が怖くて動けない方へ向けて克服方法を3つご紹介しました。

この記事を読んでいるあなたのように、僕も転職する前は怖い気持ちでいっぱいでした。

ましてや、親は転職に反対で安定した企業に入りなさいとしか言われない状況でした。

でも、僕は転職することを決断しました。

なぜなら、自分の人生は1度きりだからです。

やらずに後悔するよりやって後悔したい。たとえ失敗したとしても、“経験”にはなります。

転職せずにモヤモヤした日々を過ごすか、転職という貴重な経験を得てキャリアに活かすか、あなたはどちらを選びますか?

この記事があなたの一助になれば幸いです。

今回は以上となります。

  • この記事を書いた人

ポジサラ

大卒後、テキト~な就活でブラックな会社に就職►ストレスで肌が荒れ、顔中真っ赤に►習慣を見直し、社内トップセールス複数回受賞►転職エージェント・キャリア相談サービスを10社以上利用し、時価総額20兆円超えの外資系企業へ転職►年収アップ・ワークライフバランスが改善

-仕事・転職