【洗脳注意】昼休憩は取れないのが当たり前...?そんな会社ひと握りです

この記事のまとめ

昼休憩が取れない...。忙しすぎてトイレにすら行けない...。」と悩む方に向けて、対処法を徹底解説!

昼休憩が取れない職場で働くリスクとは?そもそも、休憩が取れない原因とは?

かつて水も飲めずに12時間働いていた筆者が、転職すべき理由をお話しします!

 

12時を過ぎても、誰を席を立とうとしない職場の人たち...。

そもそも昼ご飯すら準備していない上司...。

 

休憩に行きたいけど、行けない日々に悶々としている方は多いのではないでしょうか。

 

僕の前職は、「昼休憩に行く人=ヒマな人」という文化が根付いていました。

むしろ、「昼休憩に行けないヤツがイケてる」なんて雰囲気が漂っていたんです。

今考えると異常ですが、当時はそれが“当たり前”になっていました。
こうたーぼ

 

その結果、僕は体を壊していきました。

肌が荒れたことで、ほっぺはアンパンマンのように赤くなり、体重はガクンと落ちました。

 

本記事では、僕の実体験をもとに対処法を解説していきます。

この記事を読めば、昼休憩を取れない会社が普通ではなく、「自分はホワイトな会社に入社できない」という思い込みをなくすことができます。

 

こうたーぼ
休憩時間がなくて退職も考えている方は、【きつい...】休憩時間がないから退職するのはおかしい?僕は辞めましたを合わせてご覧ください。

 

昼休憩が取れないのはそもそも「違法」

 

6時間を超えて働いているのに、昼休憩が取れない会社は、労働基準法を違反しています

Q 休憩時間は法律で決まっていますか?

A 労働基準法第34条で、労働時間が
6時間を超え、8時間以下の場合は少なくとも45分
8時間を超える場合は、少なくとも1時間
の休憩を与えなければならない、と定めています。

引用:厚生労働省

 

労働時間が6時間を超えると、休憩をとらないといけないことが法律で決まっています。

 

「いやいや、昼休憩なんて取れないのが当たり前だし、他の会社でも取れないことってあるんじゃないの?」と思われた方...。

今の会社の働き方に洗脳されているだけです。

転職して分かったことは、ごく普通に昼休憩を1時間とっているということ。それが合法的な会社の姿なのです。
こうたーぼ

 

昼休憩が取れない3つの原因

 

昼休憩が取れない原因は、以下の3つです。

  1. なんとなく休憩が取りづらい
  2. 職場に昼休憩を取らない人がいる
  3. そもそも昼休憩に行けないぐらい忙しい

 

なんとなく休憩が取りづらい

 

休憩がない会社のもっとも大きな特徴。

それは、なんとなく休憩を取りづらい雰囲気があることです。

そんな休憩を取りづらい雰囲気の原因は...

  • 昼休憩の時間がハッキリと決まってない
  • 上司が休憩を取らずに黙々と働いている
  • 誰も休憩の声掛けをしない など

上記が挙げられます。

 

会社として休憩が仕組化されていて、人によって休憩に行く時間が決められていたり、上司の声掛けで積極的に取らせてもらえる会社もたくさんあります。

しかし、休憩が取れない会社は、昼休憩の時間も決まっていなければ、誰も声掛けしないところが多いはずです。

職場全体に休憩できないムードが漂ってしまっていると、自分ひとりだけ行けないですよね…。
こうたーぼ

 

職場に昼休憩を取らない人がいる

 

昼休憩を取らない人がいると、休憩に行きづらくなります。

なんだか後ろめたさを感じてしまうんですよね..。
こうたーぼ

 

休憩を取らない人が、上司や先輩にあたる人だと最悪です。

もはや行きづらいどころではなく、休憩に行けなくなります。

そして、忙しそうな上司を見ると、「手伝いましょうか…?」と言ってしまうのがサラリーマンです。

結局、他人の仕事を手伝って、お昼ご飯を食べずじまいになってしまうことも...。

昼休憩に行けないのは、上司の存在もデカかったりします。
こうたーぼ

 

そもそも昼休憩に行けないぐらい忙しい

 

そもそも、休憩に行けないぐらい忙しいことも原因として挙げられます。

僕の前職は金融機関でした。12時を過ぎても窓口にはお客さんがわんさか来ます。

職場でもっとも若手だった僕は、先輩に仕事を引き継ぐことができず、そのままズルズル来客対応。

気付けば、支店が閉まる15時を過ぎ、締めの作業に追われ続ける...なんてことが毎日でした。

先輩たちは休憩に行ってるのに、なぜ自分だけ...という思いで、モヤモヤしてました。
こうたーぼ

 

昼休憩を取れない職場で働く3つのリスク

 

昼休憩を取れない職場で働くリスクは、以下の3つです。

  1. 体を壊す
  2. 仕事の生産性がガタ落ちする
  3. 給料は発生しない

 

体を壊す

 

冒頭でもお話ししましたが、僕は昼休憩を取れない会社で、心身ともにボロボロになりました。

体を壊したのは、一概に休憩が取れなかったことだけとは言えませんが...。

12時間水も口にしない日々を過ごすのは、今考えると異常です。

今思い出すと、トイレにもあまり行けてませんでした。
こうたーぼ

 

平日は、ほとんど仕事で缶詰め状態の方も多いはずです。

昼休憩が取れなければ、食生活は乱れて、僕のように体が不調を訴えることも十分あり得ます。

休憩も取らせてくれない会社は、あなたのことを守ってくれないでしょう。

自分の身は自分で守らなければなりません。

 

仕事の生産性がガタ落ちする

 

人間の集中力の持続時間は、約50分から90分と言われています。

それもそのはず。学校の授業の時間は、60分~90分に設定されていることが多いですよね。

つまり、こまめに休息する方が集中力が続いて、高いパフォーマンスを保てるんです!
こうたーぼ

 

しかし、休憩を取らせない古い文化の会社は、そんな事実も知らず。

あえて低いパフォーマンスのまま、社員にムダな労働をさせようとします。

会社全体の生産性は下がる一方なのに、仕事量は同じだと、どんどん仕事が忙しくなります。

生産性が下がると、負のスパイラルにおちいってしまうのです…。
こうたーぼ

 

給料は発生しない

 

先ほど、昼休憩が取れないのは労働基準法に違反するとお話ししました。

しかし会社は、昼休憩を従業員にとらせていると申告しているところが大半です。

つまり、会社のシステム上の就業時間は、必ずあなたが昼休憩を取っているようになっているということ。

8時間を超える労働時間であれば、1時間どこかで仕事をしていない時間が組み込まれているのです。
こうたーぼ

 

仕事で1度も休憩を取っていなければ、1時間はタダ働きをさせられていることになります。

仮に、時給が1千円、月に20日働いているとしましょう。

すると、月に2万円分のタダ働きをしていることになります。

本来であれば、もらえるはずの2万円。休憩が取れない会社で働けば働くほど、損してしまいます。
こうたーぼ

 

昼休憩が取れない時の対処法

 

昼休憩が取れない時の対処法を解説していきます。

  1. 休憩が取れない証拠をもって人事部へ相談
  2. 部署異動を試みる
  3. 労働環境の良い会社へ転職する

 

休憩が取れない証拠をもって人事部へ相談

 

ここで言う休憩が取れない証拠とは…

  • 昼休みの時間にメール対応や電話対応をしたログや記録
  • 休憩中に離籍しないように指示されたメール文 など

 

つまり、休憩時間中に何か仕事をしていた証拠があれば、説明しやすいと言えます。

その証拠をもって、人事部に相談しましょう。

まともな会社であれば、相談に乗ってくれるはずです。

 

また、労働基準法を取り締まる『労働基準監督署』もあります。

ここに相談するのも1つの手ですが、行政の機関なので、今働いている会社と争うことになります。

穏便に相談したいのであれば、まずは会社の人事部に相談しましょう!
こうたーぼ

 

部署異動を試みる

 

一定の規模の会社になると、部署ごとに労働環境は大きく変わります。

人づてに他部署のことを聞いて、「ウチの部署はまったく休憩が取れないのに、隣の部署は伸び伸びと仕事してる…!」と思うことありますよね。

異動は、仕事を辞める勇気はないけど、今の職場環境をどうにかしたい方におすすめ!
こうたーぼ

 

とはいえ、異動させてもらえるのは、ハードルが高いです。すぐに異動を決められるほど、会社はスマートに動いてはくれません。

「異動させてもらえなければ辞めます。」と言うくらいの強気な交渉をしなければ、難しいです。

強気の交渉を行うためには、いつでも転職できるように準備が必要です‥!
こうたーぼ

 

できるだけ会社を辞められる状態に近づけてから、交渉を行いましょう

異動先の部署で有効な資格やスキルを事前に取得しておくと、上司へのアピールになり、交渉しやすくなります。

関連記事:【希望通らず‥】異動できないなら辞めるは正解?備えあれば憂いなし!

 

労働環境の良い会社へ転職する

 

昼休憩を取れない会社から転職することも1つの手です。

僕が実際に転職して思ったことは、休憩を取れない会社は異常だということ。

今は好きな時間に休憩に行って、集中が切れたと思うと、オフィス内のドリンクコーナーにコーヒーを飲みに行きます。
こうたーぼ

 

僕にとって転職はものすごく勇気のいることでした。

とはいえ、転職したことで僕の人生はガラリと変わったんです。

 

僕が転職して変わったこと
  • ゴルフや飲み会、残業が減ってプライベートが充実
  • 転職が自信になり、ジムに通い始め、副業もスタート
  • 将来性のある業界に身を置けて、仕事に意味を見出せるようになった
勇気を出して良かった!

 

僕は転職エージェントを利用しました。

転職エージェントとは、プロのキャリアアドバイザーに相談しながら転職活動を行えるサービスです。

ホワイト企業を選びたいなら、「ワークライフバランス重視」であったり、「残業20時間未満」といった希望が言えば、それに沿った求人を提案してくれます。

自分で求人を探す手間が省けるんです!
こうたーぼ

 

転職エージェントに登録するメリットは、以下のとおりです。

  • 登録後も完全無料で利用できる
  • 履歴書や職務経歴書などの書類の作成のサポートをしてもらえる
  • 少数精鋭を集めたい「非公開求人」に応募ができる
  • 採用までのスケジュール調整をしてもらえる
  • 転職に関する相談は何でもOK

 

企業側が転職エージェントにお金を払う仕組みなので、求職者は完全無料で使い倒せるんです。

貯金が少なくて、転職活動をできるだけ短期間で終わらせたい方は、ぜひ利用したいサービスですね。
こうたーぼ

 

おすすめ転職エージェント

就職Shop

【公式】https://www.ss-shop.jp/

「書類選考なし」だから学歴や職歴に自信がない方におすすめ。優良求人1万件以上。リクルートが運営。

リクルートエージェント

【公式】https://www.r-agent.com/

業界最大手で求人数No.1。転職実績もNo.1で、一般では応募できない非公開求人も10万件と、間違いないエージェント。

 

もっともおすすめの転職エージェントは、業界No.1の転職実績を誇るリクルートエージェントがおすすめです。

 

僕も登録していましたが、他の転職エージェントに比べて、圧倒的に求人数が多いです。条件に合った企業をアドバイザーから紹介されやすいのもポイント。

 

実は転職エージェントのアツいところは、一般公開されていない「非公開求人」に応募できるところなんです!
こうたーぼ

 

\非公開求人数10万件以上!/

登録後も完全無料!

 

関連
リクルートエージェントの評判は悪い?2ch等のリアルな口コミを晒す!

続きを見る

関連記事:リクルートエージェントの評判は悪い?2ch等のリアルな口コミを晒す!

 

その他の転職エージェントや転職サイトを詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

関連
【もう迷わない】おすすめ転職サイト・転職エージェントをランキング形式で解説

続きを見る

 

まとめ:昼休憩が取れない会社で働く価値はない!

 

今回は、昼休憩が取れない会社で働くリスクや対処法を解説しました。

本記事の内容を以下にまとめておきますね!
こうたーぼ
  • 昼休憩が取れない会社は労働基準法違反
  • 忙しすぎる職場はリスクが大きすぎる
  • 今の会社で休憩をとれるよう努力するより、働く会社を変える方が合理的

 

世の中にはたくさん会社があります。

もちろん、今の会社のように昼休憩が取れない会社もあれば、きちんと社員のことを考えて働きやすい環境を整えている会社もあります。

 

ひとりで転職活動をするより、プロに意見や会社の情報を聞きながら、求人を探す方が効率は高いです。

ぜひ、勇気ある1歩を踏み出して、転職エージェントに登録してみましょう。

 

おすすめ転職エージェント

就職Shop

【公式】https://www.ss-shop.jp/

「書類選考なし」だから学歴や職歴に自信がない方におすすめ。優良求人1万件以上。リクルートが運営。

リクルートエージェント

【公式】https://www.r-agent.com/

業界最大手で求人数No.1。転職実績もNo.1で、一般では応募できない非公開求人も10万件と、間違いないエージェント。

 

今回は以上となります。

  • この記事を書いた人

こうたーぼ

大卒後、テキト~な就活でブラックな会社に就職►ストレスで肌が荒れ、顔中真っ赤に►世の中の有益な情報に目を向け、読書を習慣化►転職エージェント10社以上利用し、一部上場の優良企業に転職►社内トップセールス複数回受賞

-仕事・転職