【腐るな危険】人事異動でモチベーション低下!やる気をなくした時の対処法

この記事のまとめ

自分だけ希望に沿わない人事異動。「ご栄転おめでとう。」の声に、返事ができないほどのショックを受けることも。

同じように望まない部署、そして遠隔地に異動させられた経験のある筆者が、

人事異動でモチベーションが低下した時の対処法を解説します!

 

予想もしていなかった人事異動。希望にまったく沿っていない部署。

 

モチベーションがまったく上がらない部署で、どう働いていけばいいんだ‥。」と悩むことになります。

 

結論から言うと、人事異動は、会社が社員を大切にしているかどうかの物差しになります。

 

本記事を読めば、下がってしまった仕事のモチベーションを上げるための、自分なりの解決策が見出せるはずです。

 

MEMO

自分の適性を知っていれば、どの異動先でも自分のベストなパフォーマンスができます。キャリア相談サービスのカウンセリングで、プロのコーチと一緒に自分に合ったキャリアを考えるのも1つの手です。

僕は実際にキャリアコーチングサービス『マジキャリ』を受けてみました。深い自己分析を提供してくれて、視界が開ける感覚になり、まさに衝撃でした!
こうたーぼ
関連
【無料あり】おすすめのキャリアカウンセリングはどれ?人気の転職相談サービスを徹底解説!

続きを見る

関連記事:【無料あり】おすすめのキャリアカウンセリングはどれ?人気の転職相談サービスを徹底解説!

 

人事異動でモチベーション低下したら考えるべき3つのこと

 

人事異動でモチベーションが低下してしまったら、以下の3つのことを考えてみましょう。

 

  1. 前向きな異動か?後ろ向きな異動か?
  2. この異動はキャリアアップになるのか?
  3. 異動先はすこしでも希望に沿った部署か?

 

自分の中で腑に落ちるところがあれば、下がったモチベーションも少しはマシになります。

 

前向きな異動か?後ろ向きな異動か?

 

人事異動には前向きなものと、後ろ向きなものがあります。

 

前向きな異動
  • 人事評価が高いため、他部署から引っ張られる
  • キャリアアップのため、他部署を経験させられる
  • 個人の能力が発揮できる部署を人事部が選定する
後ろ向きな異動
  • 働いていた部署の評価が低く、飛ばされる
  • 仕事のミスで、使えない人が集まる部署に出される
  • 人間関係のトラブルで、部署を出される

 

上記のうち、今回の異動がどれに当てはまるのか、考えてみましょう。

 

前向きな異動であれば、会社で評価されているという自負をもって働くことができます。後々、キャリアアップも望めるので、モチベーションの低下は一時的なものと言えます。

 

後ろ向きな異動であれば、会社から悪い評価を受けている可能性が高いです。異動先でも、その評価は引き継がれるため、評価が悪いことを前提に上司は接してくるでしょう。

 

後ろ向きな人事異動であれば、会社そのものを変えた方が良いでしょう。転職を視野に考えていくべきです。
こうたーぼ

 

 

この異動はキャリアアップになるのか?

 

2つ目に考えるべきことは、自身のキャリアアップ。つまり、今後の仕事人生において、今回の部署異動が意味をなすか、考えていきましょう。

 

僕の前職、銀行で考えてみます。
こうたーぼ

 

元々、支店で外回りの営業をしていた人材が、会社の営業方針を決める本部の企画系の部署に異動になったとします。

 

一見関係のない部署に行ってしまったと思われますが、後々支店長になった際に支店の方針を決める本部の経験が役に立つのです。

 

成長を見込んで、人事部は有望な人材を関係のない部署に異動させることもあります。

 

関連性のない部署に“飛ばされた”と思ってしまう人事異動が、実はキャリアアップにつながるのです!
こうたーぼ

 

今回の異動が意味のあるものなのか自分で判断できなければ、上司に聞いてみるのも1つの手です。

 

関係のない部署に異動させられて、落ち込みそうな時は、しっかり考えてみましょう。

 

 

異動先はすこしでも希望に沿った部署か?

 

あなたの会社は、社員の異動先の希望をしっかり聞いてくれる会社でしょうか?

 

全国規模の大企業になると、異動先のエリアが希望通りになることは、さすがに難しいです。

 

とはいえ、社員が希望するのはエリアだけではありません。部署や業務内容など、人事異動の希望は多岐に渡ります。

 

もし、今回の異動が、希望する内容の1つも沿わない場合、次の異動でも同じようなことが起こり得ます。

 

毎回、異動のたびにモチベーションが低下させられることに悩むことになる可能性は高いです‥。
こうたーぼ

 

とはいえ、今回の自分の異動がたまたま希望に沿わなかった場合も考えられます。

 

希望に沿わない異動がたまたまなのか、それとも今の会社ではよくある話なのか、職場の先輩や上司に聞いてみてもよいでしょう。

 

 

人事異動でモチベーション低下した時の対処法

 

人事異動でモチベーションが低下した時の対処法は3つあります。それぞれ、詳しくお話していきますね。

 

  1. 人事異動のメリットを知って前向きに捉える
  2. 異動できないなら辞めると交渉する
  3. 転職を視野に入れてみる

 

人事異動のメリットを知って前向きに捉える

 

人事異動には以下のメリットがあります。

  • 新たな知識やスキルを習得できる
  • 仕事のマンネリ化の防止
  • エース社員になれる可能性も

 

今の部署の居心地が良いのは分かります。しかし、ずっと同じ仕事を続けていても、マンネリ化することで生産性が下がり、知識やスキルは身に付きません。

 

さらに、異動前の部署で埋もれていた場合、異動先の仕事で花開き、エース級の社員に成長できる可能性もあるのです。

 

上記のような異動のメリットは、会社も同じように心得ています。定期的に人事異動をさせる目的はこのようなメリットにあるんです。
こうたーぼ

 

サラリーマンをしていると、優秀なイメージがある人でも、「昔はそうじゃなかったぞ。」という評判を聞くこともよくあります。

 

異動先で花開くことは、誰にでもあり得る話なのです。

 

 

異動できないなら辞めると交渉する

 

どうしても、人事異動のせいで仕事のモチベーションが上がらない場合は、異動の交渉を行うことも1つの手です。

 

本人が望んでいないのに異動させてしまったことは、会社にも落ち度はあります。

 

とはいえ、異動させてもらえるのは、ハードルが高いです。すぐに異動を決められるほど、会社はスマートに動いてはくれません。

 

「異動させてもらえなければ辞めます。」と言うくらいの強気な交渉をしなければ、難しいです。

 

強気の交渉を行うためには、いつでも転職できるように準備が必要です‥!
こうたーぼ

 

できるだけ会社を辞められる状態に近づけてから、交渉を行いましょう

 

転職活動をしつつ、異動先の部署で有効な資格やスキルを事前に取得しておくと、上司へのアピールになり、交渉しやすくなります。

 

関連記事:【希望通らず‥】異動できないなら辞めるは正解?備えあれば憂いなし!

 

 

転職を視野に入れてみる

 

転職を視野に入れるべき、異動のパターンは以下の通りです。

  • 明らかに後ろ向きな異動で、社内評価が低い
  • キャリアアップにつながらず、意味をなさない
  • 会社自体が社員の異動に関する希望を聞いてくれない

 

上記のような異動で分かることは、今の会社は従業員を大切にしていないということ。

 

希望を聞いてもらえず、異動させられている時点で、あなたは会社に良いように使われてしまっています。

 

そして従業員を大切にしない会社は、やがて衰退します。

 

人手不足で潰れてしまう会社は、年々増加しています。詳しくは、人手不足で職場崩壊する前に辞めるべき3つの理由とは?会社の責任で働き続ける必要なしを合わせてご覧ください。

 

僕の前職は、従業員の異動の希望をほとんど聞いてくれませんでした。結果、入社3年目で同期の約半分が辞めてしまいました。
こうたーぼ

 

僕自身も、異動だけでなく、様々な面で人を大切にしない前職の組織風土に嫌気が差し、転職しています。

 

僕が転職して変わったこと
  • ゴルフや飲み会、残業が減ってプライベートが充実
  • 転職が自信になり、ジムに通い始め、副業もスタート
  • 将来性のある業界に身を置けて、仕事に意味を見出せるようになった
勇気を出して良かった!

 

今回の人事異動を通じて、会社に不満を感じるなら、転職を視野に入れてみましょう。

まずは転職サイトに登録し、自分にあった求人を探すことをおすすめします。

 

おすすめ転職サイト

リクナビNEXT

【公式】https://next.rikunabi.com

業界最大手で求人数No.1。圧倒的なスカウト数を誇る転職サイトの代名詞。

doda

【公式】https://doda.jp

面接確約オファーなど、内定までのスピード感が強み。合格診断やレジュメビルダーなどツールが豊富。

ビズリーチ

【公式】https://www.bizreach.jp

年収1,000万円を超える求人が3分の1以上。ヘッドハンターによるスカウトを多数獲得できる。

 

とはいえ、今の時代、転職を1人でやるのは非効率。優良求人を探すためには、プロの手が必要です。

 

転職エージェントに登録して、無料でプロのキャリアアドバイザーのサポートを受けましょう!
こうたーぼ

 

僕はキャリアドバイザーと何度もやり取りして転職に成功しました。

 

転職エージェントとは

完全無料でプロのキャリアアドバイザーに書類のアドバイスをもらったり、企業とのやり取りを代行してもらったり、他にも様々なサポートを受けられるサービス。

 

転職エージェントに登録するメリットは、以下のようにたくさんあります。

  • 登録後も完全無料で利用できる
  • 履歴書や職務経歴書などの書類の作成のサポートをしてもらえる
  • 求人として表に出ない超優良な「非公開求人」に応募ができる
  • 採用までのスケジュール調整をしてもらえる
  • 転職に関する相談は何でもOK

 

転職エージェントは、プロのキャリアアドバイザーと二人三脚で転職を考えられるので、負担が軽くなり、右も左も分からない初心者でもラクに進められます。

 

費用は、求人を募集している企業側が負担する仕組みです。だから、完全無料なんです!
こうたーぼ

 

おすすめは、業界No.1の求人数を誇るリクルートエージェントです。人気のサービスで認知度も高いのが特徴。

 

転職実績もNo.1なので、ぜひ利用してみてください。

 

転職エージェントのアツいところは、一般公開されていない「非公開求人」に応募できることなんです!
こうたーぼ

 

\非公開求人数10万件以上!/

登録後も完全無料!

 

リクルートエージェントの評判が気になる方は、こちらの記事を合わせてご覧ください。

関連
リクルートエージェントの評判は悪い?2ch等のリアルな口コミを晒す!

続きを見る

関連記事:リクルートエージェントの評判は悪い?2ch等のリアルな口コミを晒す!

 

おすすめ転職サイト・エージェントは、下記の記事でまとめてますので、参考にしてください。

関連
【もう迷わない】おすすめ転職サイト・転職エージェントをランキング形式で解説

続きを見る

関連記事:【もう迷わない】おすすめ転職サイト・転職エージェントをランキング形式で解説

 

 

望まない異動を拒否して退職はできる?3つのポイントで解決!

 

結論から言うと、望まない人事異動を拒否して退職するのは、難しいです。

 

以下の3つのポイントを押さえて、異動を拒否してまで退職すべきなのかどうか、考えてみましょう。

 

  1. 内示を拒否することは“原則”できない
  2. 退職する場合は自己退職都合になる
  3. 内示を拒否できない場合は「退職代行」を使う

 

内示を拒否することは“原則”できない

 

異動が内示段階であっても、原則拒否できません。

 

とはいえ、以下の3つに該当する場合は、拒否の申し立てが認められます

  1. 入社時の雇用契約と違う
  2. 本人や家族の負担が大きいなど、やむを得ない事情がある
  3. 社員への嫌がらせなど、会社側の権利の乱用

参考:マイナビ‐『人事異動って拒否できる?異動を理由に転職してもいいの?』

 

入社時の契約で、勤務地が限定的であったにもかかわらず、遠方に異動させられた場合は、規約違反として拒否することができます。

 

また、親の介護などの事情で、異動できない場合も、会社が納得すれば、拒否できるでしょう。

 

もちろん、会社の嫌がらせなどは、もっての外。拒否より転職する方がマシに思えます。

 

自分の異動が拒否できる事例に当てはまるものか、考えてみましょう!
こうたーぼ

 

 

退職する場合は自己都合退職になる

 

自己都合退職と会社都合退職の違いは、以下のようになります。

 

自己都合 会社都合
失業給付金
最短支給日
3ヶ月7日後 7日後
失業給付金
支給日数
90~150日 90~330日
失業給付金
最大支給制限
約118万円 約260万円
履歴書の
記載内容
一身上の都合
により退職
会社都合
により退職

 

会社都合退職の方が、給付金のメリットが大きいのが特徴です。

 

ただし、異動に納得ができずに辞めるのは、「自己都合退職」扱いになります。

 

「会社の都合で異動させられたのに‥!」と思われるかもしれませんが、異動があることが分かって入社した以上、自己都合となるので注意です。

 

 

内示を拒否できない場合は退職代行を使う

 

人事異動でどうしても仕事のモチベーションが上がらず、退職したい場合は、退職代行を利用することをおすすめします。

 

内示を拒否できない場合でも、合法的に退職することができます!
こうたーぼ

 

退職代行とは

退職したい場合に、会社に出向かなくても、代行して退職手続きを進めてくれるサービスのこと。

 

専門家が正しい手順で退職を進めるので、確実に辞められるのが大きなメリットです。

 

退職代行は、2018年から人気が高まり、今ではメジャーな退職サービスとなりました。

 

 

見ての通り、辞めたい人がこぞって使うサービスです!
こうたーぼ

 

 おすすめの退職代行は『退職代行SARABA』

公式:https://saraba.taisyokudaikou.com/

無料相談 〇(無制限)
金額 25,000円(税込)
※追加料金なし
即日退職
信頼性 労働組合が代行
実績件数 15,000件
※2021.3時点
退職成功率 ほぼ100%
※利用者都合で1度だけ退職できなかったため
保証制度 全額返金保証

 

総合的にもっともおすすめの退職代行サービスが、『退職代行SARABA』です。

労働組合が代行して会社と交渉してくれるため、退職だけでなく、条件面の交渉も行ってくれます。

 

実際に退職代行SARABAでは以下のような交渉を行います。

  • 退職日の調整
  • 未払い給料や残業代などの金銭の請求
  • 退職したら損害賠償だと言われた場合の対応

 

上記のような交渉も可能で、料金は25,000円と業界内でもっとも低い水準です。

コスパ高すぎ!
こうたーぼ

 

上記を踏まえ、退職代行サービスにおける、労働組合と他の法人の違いを表にまとめました。

労働組合 一般法人 弁護士法人
費用 低い
※一般法人と
同じ人件費
低い 高い
※弁護士の
人件費高い
違法性 なし 高い なし
代理交渉権 あり なし あり

 

労働組合は、他の法人の良いとこどりですね!
こうたーぼ

 

さらに、無制限で相談できて、24時間対応です。

実績件数も15,000件と信頼できるサービス。

退職代行を利用するのが不安な方で、安全に退職したければ、退職代行SARABAを選びましょう。

 

\1分でカンタン相談!/

※全額返金保証つき!

 

詳しい口コミや評判を見たい方だけ、下記の記事を合わせてご覧ください。

関連
【2chスレ抜粋!】退職代行SARABAは失敗する?評判・口コミを徹底解説 

続きを見る

関連記事:【失敗する?】退職代行SARABAの2chの口コミや評判を徹底解説!

 

 

まとめ:人事異動でモチベーション低下した時の対処法を徹底解説!

 

今回は、人事異動でモチベーションが低下した時の対処法を解説しました。

 

本記事の内容を以下にまとめておきますね!
こうたーぼ

 

  • 自分にとって前向きな異動であれば、“成長”を考えて我慢して働く
  • 人事異動で人を大切にしている会社かどうか、判断してみる
  • 会社に問題があったり、自分の評価が低すぎる場合は、転職を視野に入れる

 

人事異動は、モチベーションに大きく関わるほど、サラリーマンにとっては重大なこと。

 

ぜひ、本記事に沿って、このまま会社で働くべきか、転職して新たな環境に身をおくべきか、考えてみましょう。

 

おすすめ転職サイト

リクナビNEXT

【公式】https://next.rikunabi.com

業界最大手で求人数No.1。圧倒的なスカウト数を誇る転職サイトの代名詞。

doda

【公式】https://doda.jp

面接確約オファーなど、内定までのスピード感が強み。合格診断やレジュメビルダーなどツールが豊富。

ビズリーチ

【公式】https://www.bizreach.jp

年収1,000万円を超える求人が3分の1以上。ヘッドハンターによるスカウトを多数獲得できる。

 

今回は以上となります。

  • この記事を書いた人

こうたーぼ

大卒後、テキト~な就活でブラックな会社に就職►ストレスで肌が荒れ、顔中真っ赤に►世の中の有益な情報に目を向け、読書を習慣化►転職エージェント10社以上利用し、一部上場の優良企業に転職►社内トップセールス複数回受賞

-仕事・転職