仕事・転職

人手不足で職場崩壊する前に辞めるべき3つの理由とは?会社の責任で働き続ける必要なし

この記事のまとめ

人手不足で職場崩壊が起きてしまう会社。その責任はすべて会社側にあります。

人が減り、1人あたりの業務量が多くなっている会社は、いますぐに辞めた方が良いです。

元銀行員として、人手不足になってしまった会社を複数社見てきた筆者が、辞めるべき理由を解説します!

 本記事の内容

  • 人手不足で職場崩壊しそうなら辞めるべき3つの理由
  • 人手不足で職場崩壊しそうな時の対処法
  • どうしても辞められないなら退職代行を利用してみよう

 

 この記事を書いている人

こうたーぼ
前職は銀行員として働いていました。3年以上、法人営業をしていたこともあり、様々な会社の社長や社員と接してきた経験があります。

 

人手不足は日本全体に広がっている大きな問題です。人手不足で潰れる会社は年々増加しています。

 

人手不足で職場崩壊した統計データ。件数は年々増加している。

出典:帝国データバンクプレスリリース

 

「最近、うちの会社、結構人が辞めてるな‥。」

「1人あたりの業務量が増えて、キツくなってきた。」

「これ以上人が辞めると、仕事が回らない‥。」

 

社員からすると、上記のような悩みを抱えてしまいます。

 

結論から言うと、早抜け勝負になって加速度的に人が辞めていく前に、転職活動を始めて辞めるべきです。

 

本記事では、人手不足の職場を辞めたいけど罪悪感で辞められない方に向けて、対処法を解説していきます。

 

人手不足で職場崩壊しそうなら辞めるべき3つの理由

 

人手不足で職場崩壊しそうな会社は、辞めるべきです。その理由を以下の3つにまとめました。

 

  1. まともな人は今から入ってこない
  2. 我慢して働いても給料が上がることはない
  3. 最後は早抜け勝負になる

 

まともな人は今から入ってこない

 

今からまともな人が職場に入ってくることは期待できません。

 

人手不足で職場崩壊する会社は、募集をかけても人が集まらない状態になっています。

 

人がなかなか集まらない会社は、以下の2つに分かれます。

  • スキルの高い少数精鋭だけ集めている会社
  • 入社の条件は厳しくないのに採用できない会社

 

もし、今あなたの働いている会社が、後者であれば、会社としての魅力が圧倒的に足りていないのです。仕事内容なのか、社長の雰囲気、もしくは給与面なのか。

 

超優良会社でも、事務所がド田舎にあって、立地の悪さで人が集まらないというのはありますが‥。
こうたーぼ

 

会社としての魅力がなく、人手不足になっているのであれば、まともな人がこれから入ってくることは望み薄です。

 

関連記事:まともな人から辞めていく会社は問題あり?同期が次々と辞めた体験談を暴露!

 

まともな人が入ってこなければ、それだけあなたの仕事量は多くなり、忙しくなる一方になります。忙しさばかりが増せば、体を壊すことにもなりかねません。

 

 

我慢して働いても給料が上がることはない

 

人手不足の会社は、給料が少ないことが原因で、社員に辞めていかれたケースが多いです。

 

また、新たに社員を雇用するための人件費を確保すべく、むやみに今働いている従業員の給料を上げることはしないはずです。

 

今いる社員の給料を上げて、新しく人を雇えなくなったら、元も子もないからです!
こうたーぼ

 

人が少なくなり、業務負担が大きくなった仕事を我慢しながら働いていても、給料が上がることはないでしょう。

 

報われない仕事を我慢して続けるより、新たな職場で心機一転頑張る方が、よほど生産性が高く仕事ができます。

 

関連記事:【上昇志向!】給料が上がらないから辞めたい?転職してキャリアアップだ!

 

 

最後は早抜け勝負になる

 

人手が足りない中、自分が辞めてしまうと、会社に迷惑がかかるし、罪悪感がある‥。

 

人手不足の会社を辞めようと考えると、こう悩まれる方も多いと思います。

 

しかし、ホントに職場崩壊に差し掛かった時には、“誰が先に辞められるか”といった状況になります。人が少なくなりすぎると、1人あたりの仕事量が多くなり、みんな辞めたがるのです。

 

銀行員時代に担当していた製造業の会社は、1人の優秀な技術者が辞めてしまったことで、芋づる式に社員が辞めていきました。1人が辞め、ポツポツ社員が辞めていき、その後加速度的に社員が退職していきました。

 

こうたーぼ
その会社は、事業を縮小して持ち直しましたが‥。やはり、会社が危なくなると、社員は芋づる式に辞めていきます。

 

職場崩壊が起きている、もしくは起きそうな会社で、優秀な社員がポツポツ辞めている場合は“危険信号”です。

 

関連記事:【愕然】優秀な人が潰される会社は辞めるべき?無能が集う職場では輝けない!

 

 

人手不足で職場崩壊しそうな時の対処法

 

ここからは、人手不足で職場崩壊しそうな会社への対処法をお話してきます。

 

  1. 友人や身内を回って人手を探す
  2. 早めに転職エージェントに登録しておく
  3. 今の会社を分析して、崩壊しない会社を選ぶ

 

友人や身内を回って人手を探す

 

この対処法は、辞めずに今の会社で働きたい人向けです。

 

会社が求人募集をかけても、人が集まらないなら、自ら友人や身内に声をかけていくしかありません。自分の身を守るためです。

 

地方で営んでいる中小企業は、家族ぐるみで働いている社員も多いです。社員からの紹介なので、採用する会社側も、ある程度安心して入社させられるというメリットもあります。

 

人手不足になってしまうと、人が辞めていく会社としては、猫の手も借りたい状況。

 

このご時世、なかなか就職先が見つからない身内や友人を見つけて、声をかければ、お互いにとってメリットになります。

 

すこし泥臭い対処法になりますが、今の会社でどうしても働きたいのなら、やってみる価値アリです!
こうたーぼ

 

 

早めに転職エージェントに登録する

 

いざ転職しようと思っても、なかなか転職先を見つけられないこともあります。

 

こうたーぼ
8

 

そこで、転職エージェントに登録し、プロのキャリアアドバイザーに相談しながら、求人をピックアップすることをおすすめします。

 

[st-minihukidashi fontawesome="" fontsize="80" fontweight="" bgcolor="#3F51B5" color="#fff" margin="0 0 0 -6px"]転職エージェントとは[/st-minihukidashi]

[st-cmemo fontawesome="fa-hand-o-right" iconcolor="#3F51B5" bgcolor="#E8EAF6" color="#000000" iconsize="200"]完全無料でプロのキャリアアドバイザーに書類のアドバイスをもらったり、企業とのやり取りを代行してもらったり、他にも様々なサポートを受けられるサービス。[/st-cmemo]

 

エージェントに登録するメリットは、以下のとおりです。

  • 登録後も完全無料で利用できる
  • 履歴書や職務経歴書などの書類の作成のサポートをしてもらえる
  • 少数精鋭を集めたい「非公開求人」に応募ができる
  • 採用までのスケジュール調整をしてもらえる
  • 転職に関する相談は何でもOK

 

転職エージェントは、プロのキャリアアドバイザーと二人三脚で転職を考えられるので、負担が軽くなり、右も左も分からない初心者でもラクに進められます。

 

[st-kaiwa7 r]費用は、求人を募集している企業側が負担する仕組みです。だから、完全無料なんです![/st-kaiwa7]

 

おすすめは、業界No.1の求人数を誇るリクルートエージェントです。人気のサービスで認知度も高いのが特徴。

 

転職実績No.1なので、ぜひ利用してみてください。

 

\職場崩壊しそうな会社からの脱却/

登録後も完全無料!

 

転職エージェントは複数登録しておくのが無難です。それぞれのアドバイザーとの相性や求人数も変わるからです。

 

下記の記事で、おすすめの転職エージェントをランキング化しています。ぜひ参考にされてください。

[st-card myclass="" id="6112" label="関連" pc_height="" name="" bgcolor="" color="" fontawesome="" readmore="on" thumbnail="on" type=""]

 

 

今の会社を分析して、人手不足にならない会社を選ぶ

 

転職エージェントや転職サイトに登録をしたら、今の会社の特徴とは異なる求人をピックアップしましょう。

 

[st-kaiwa7 r]人手不足になってしまった会社で働いた経験値を、転職で活かすんです![/st-kaiwa7]

 

僕なりの転職した経験から言える、人手不足になりやすいブラック企業の特徴は以下のとおりです。

  • 給料が異常に高い
  • 年間休日が100以下
  • 常に求人を募集している

 

慢性的な人手不足の会社は、給料を高めて人を雇おうとします。さらに、常に求人を募集しているのも1つの特徴として挙げられます。

 

さらに、カレンダー通りに休めれば年間休日は約120日。100以下であれば、ブラックな会社であることを疑いましょう。

 

[st-kaiwa1 r]上記のような情報は、求人を実際に見たり、転職エージェントのアドバイザーに聞くこともできます!

 

その他に、「これは危ないな‥。」とご自分で思われるところがあれば、今までの経験値を活かして外しましょう。

 

個人的には、異動の希望が通るかどうかも、モチベーションにつながるのでとても重要なポイントです。

 

詳しくは、【腐るな危険】人事異動でモチベーション低下!やる気をなくした時の対処法を合わせてご覧ください。

 

人手不足の会社で働いたことをムダにせずに、転職活動を行いましょう

 

 

どうしても辞めることに引け目を感じるなら、退職代行を使ってみよう

 

自分が辞めてしまったら会社が回らなくなるんじゃないか‥。」という罪悪感でどうしても辞められない方も多いでしょう。

 

とはいえ、会社より、自分の人生が1番大切です。後悔のない選択をしましょう。
こうたーぼ

 

どうしても踏ん切りがつかない時は、合法的に退職を“代行”してもらえるサービス、退職代行を利用してみることをおすすめします。

 

退職代行とは

退職したい場合に、会社に出向かなくても、代行して退職手続きを進めてくれるサービスのこと。

 

どうしても辞めさせてくれない会社でも、専門家が正しい手順で退職を進めるので、確実に辞められるのが大きなメリットです。

 

退職代行は、2018年から人気が高まり、今ではメジャーな退職サービスとなりました。

 

 

見ての通り、辞めたい人がこぞって使うサービスです!
こうたーぼ

 

 退職代行のおすすめは『退職代行ガーディアン』

 

退職代行ガーディアンは、労働組合法人が運営しているサービスです。一般法人ではないため、違法性はなく、確実に退職できるように手続きを進めてくれます。

 

退職代行サービスにおける、労働組合と他の法人の違いを表にまとめました。

労働組合 一般法人 弁護士法人
費用 低い
※一般法人と
同じ人件費
低い 高い
※弁護士の
人件費高い
違法性 なし 高い なし
代理交渉権 あり なし あり

 

労働組合法人は、他の法人の良いとこどりですね!
こうたーぼ

 

退職代行ガーディアンは、LINEもしくは、電話で申し込みの相談ができます。安全かつ低費用で退職したい方は、おすすめです。

 

\ 無料で相談できる/

LINEで相談受付中!

 

関連記事:【リスクは!?】辞めさせてくれないブラック企業からはバックレてOK?

 

 

まとめ:人手不足で職場崩壊するのは会社に責任がある!

 

今回は、人手不足で職場崩壊する会社について解説しました。

 

本記事の内容を以下にまとめておきますね。

 

  • 人材が不足している企業で働くのはリスクが大きい
  • 転職がもっとも有効だが、身内や友人に声をかけて自ら動くのも手
  • 罪悪感から上司に退職を言いづらければ、退職代行がおすすめ

 

人手不足になっている会社を辞めるのは、やはり気が引けます。

 

しかし、今の会社で働くことで自分の身にかかるリスクを考えると、辞めた方が無難だと考えます。

 

【もう悩まない!】仕事を休めない会社はおかしい?5つの対処法で解決!でお話していますが、人手不足が深刻化すると、仕事を休めない状況になることもあります。

 

まずは、色んな企業の求人を見つつ、自分の働く視野を広げてみましょう。

 

今回は以上となります。

  • この記事を書いた人

こうたーぼ

大卒後、テキト~な就活でブラックな会社に就職►ストレスで顔中ニキビだらけに►世の中の有益な情報に目を向け、読書を習慣化►転職エージェント10社以上利用し、一部上場の優良企業に転職►社内トップセールス複数回受賞

-仕事・転職