【我慢禁物】スーツが嫌いで働きたくない人はどうしたら‥?対処法を徹底解説!

スーツがマジで嫌いで、一生着たくない。スーツを着ない仕事を見つけて、そっちで働きたい。とはいえ、変な仕事は避けたいなぁ。

 

こんな悩みを解決します。

 

 本記事の内容

  • スーツが嫌いな3つの理由
  • スーツで働くメリット
  • 嫌いなスーツを仕事で着ないといけない時の対処法
  • スーツで働きたくない人向けの対処法

 

 この記事を書いている人

こうたーぼ
スーツ歴7年目の現役サラリーマンです。僕の周りには私服で働くサラリーマンもいて、羨ましさを感じながら仕事をしています。

 

スーツ、マジ最高!

 

…なんて思ってるサラリーマンなんて日本にいるのでしょうか。僕を含めて、「スーツなんて破り捨ててぇ!」と思っている人は、ゴマンといるはずです。

 

それもそのはず。スーツを着る意味なんてないからです。スーツの三大悪「着心地悪い・コスパ悪い・厚着キツイ」が、僕たち社畜を苦しめています。

 

本記事では、スーツ歴7年目の僕が、スーツで働きたくない人向けに対処法を解説していきます。

 

こうたーぼ
この記事を読めば、スーツのストレスを溜めずに仕事ができるようになりますよ!

 

スーツが嫌いな3つの理由

 

スーツが嫌いな3つの理由を解説します。ハッキリ言って、スーツが好きなんて、物好きな人です。

 

  1. 着心地が最悪
  2. とにかくお金がかかる
  3. 夏場は地獄

 

着心地が最悪

 

スーツを着ると、体に張り付くような感覚になりますよね。

 

首元は窮屈で絞められているようで、肩もカッチリ固められてしまい、自然体のまま動くことができなくなります。

 

さらに、靴は革靴で、歩きづらい。さらに買ったばかりであれば、つま先やかかとが痛くなり、ホントに最悪です。

 

スーツを着たまま、1時間、2時間も過ごしていると、スーツを破り捨てたくなる気持ちに駆られてしまいます‥!
こうたーぼ

 

 

とにかくお金がかかる

 

スーツは、一点もので値段が高く、クリーニング代もかかります。

 

安いスーツでも、1着購入するとなると、2万円の出費は覚悟しなければなりません。

 

スーツ単品ならまだしも、ネクタイやタイピン、ワイシャツなど一式揃える必要も‥。
こうたーぼ

 

そして、スーツは最低でも2~3着持っておかないといけません。クリーニングに出している間に着るスーツがなくなるからです。

 

1回のクリーニング代は1,000円~2,000円します。夏場は、汗をかくので、僕の場合2週間に1回は必ずクリーニングに出しています。

 

クリーニングをスーツの維持費と考えると、月に2,000円~4,000円はかかる計算になりますね‥。
こうたーぼ

 

とにかくお金がかかるスーツ。そして、着心地が悪いときたら、本来買う価値なんてないんですよね。

 

 

夏場は地獄

 

スーツを着て仕事をすると、夏場は地獄です。特に僕のような営業で外回りをする人なら、滝汗を覚悟の上で、仕事をしないといけません。

 

30度越えの夏場。外回り中にふと周りを見渡すと、みんな半袖半ズボン。

 

そして自分は‥下着の上にワイシャツを着て、さらに長ズボンで歩いている始末。

 

真夏にスーツで出歩かせるのは、よく考えたら拷問ですよ。
こうたーぼ

 

冬場はまだ我慢できますが、夏場はキツイ。それに耐えうるスーツへの想い入れ‥!なんてものもありません。破り捨てたい気持ちを抑えて仕事をしています。

 

 

スーツで働くメリット

 

スーツで働くのにはメリットもあります。以下の2つをお話していきますね。

 

  1. 会社に着ていく服を考えなくていい
  2. ダサい私服より見た目はマシ

 

会社に着ていく服を考えなくていい

 

外出する前に「今日はどの服にしようかな‥。」と悩んで、気付けば10分が経過し、結局いつもの服装で出かけたこと、ないですか?

 

あの迷ってる時間って、マジで無駄ですよね。
こうたーぼ

 

スーツであれば、迷うことはありません。いつものルーティンでネクタイをしめて、ジャケットを羽織れば、着替えが完了します。

 

ワイシャツなんて、すこし柄があるくらいでほとんど同じようなものです。スーツも持っていてせいぜい3着程度なので、組み合わせに迷うことがありません。

 

スーツで働くと、毎日の服選びのストレスからは解放されます!
こうたーぼ

 

 

ダサい私服より見た目はマシ

 

オシャレに興味がない人は、スーツでごまかせます。

 

スーツを着れば“まとも”に見えます。どんなに私服がダサくても、スーツを着ていれば、一定ラインの清潔感やスタイリッシュさは保たれます。

 

逆に言えば、異性からの評価は、私服をあまり気にしない方にとっては、スーツの方が受けは良いはずです。

 

休日は私服になりますが、合コンなどの異性との交流は、平日に行われることも多く、見た目の印象にスーツはとても貢献してくれます。

 

「私服に自信がないけど、異性によく思われたい!」そんな方は、スーツがおすすめです。
こうたーぼ

 

 

嫌いなスーツを仕事で着ないといけない時の対処法

 

かれこれスーツ歴7年以上になる僕が、嫌いなスーツとの付き合い方をお話していきます。

 

  1. ストレッチスーツを着る
  2. タイトなサイズ感は選ばない
  3. 「スーツ=作業服」と割り切る

 

ストレッチスーツを着る

 

ストレッチスーツとは、その名の通り伸縮性が高く、着心地が良くなったスーツのことです。

 

ストレッチスーツのメリットは以下のとおりです。

  • 伸縮性が高く、スーツ独特の動きにくさがない
  • スリムに着こなせる
  • 水に強い

 

ストレッチスーツの生地は、化学繊維でできているものが多く、生地に汗や雨がついてもはじいてくれます。

 

またヒジやヒザなどの稼働部分の伸縮性が高いので、動きやすいのが特徴です。

 

サイズ感が小さめでも、伸縮性が高くて動きやすいので、スリムに着こなせて、おしゃれに見えやすいこともポイント。

 

スーツの張り付いた感覚や締め付けられる感覚が苦手な方は、ストレッチスーツを試してみましょう!
こうたーぼ

 

 

タイトなサイズ感は選ばない

 

スーツが嫌いな方は、タイトに着こなすのは絶対に避けましょう。

 

オシャレにスーツを着こなしている人はみんな、タイトに着ていて、スタイルが良く見えます。ですが、着心地は最悪です。

 

僕も最初は、タイト目なスーツをよく着ていましたが、自然な姿勢ができなくて、全部捨ててしまいました。今は、気持ちゆったり目のものしか持っていません。

 

「オシャレはガマン‥!」と言いますが、スーツはまさにそうです。
こうたーぼ

 

かっこよさだけを追求すると、ただでさえ嫌いなスーツがもっと嫌いになるリスクがあるので注意です。

 

 

スーツ=作業服と割り切る

 

スーツは、作業服です。「汚してもOKだし、最悪破いてもOK!」と考えるようにしましょう。

 

そう思うと、スーツを変に丁寧に扱わなくなり、動きやすくなります。

 

スーツを「1着2万以上する高級着」として考えていると、無意識に動きづらくなってしまいます。
こうたーぼ

 

僕は外回りの営業をしていますが、スーツは作業着だと割り切っています。

 

移動中の電車や車内で、しわができないように上着をキレイに畳んで置いてみたり、ズボンの裾が汚れないようにできるだけキレイな道を歩いたり‥。そんなことを考えなくなります。

 

「スーツ=作業着」だと考えれば、無意識にスーツを汚しちゃダメという思考をなくして、スーツに着られている状態から解放されますよ。

 

 

スーツで働きたくない人向けの対処法

 

ここからは、スーツで働きたくない人に向けて対処法を解説していきます。

 

  1. 就職した人:スーツを着ない仕事に転職する
  2. 就職前の人:プログラミングスクールでITスキルを学ぶ

 

 就職した人:スーツを着ない仕事に転職する

 

既に就職していて、現職のスーツで働くことが嫌でたまらない人は、転職することをおすすめします。

 

スーツが嫌いで転職するのはアリだと思います。スーツで働くというのは、あくまでその会社の“社風”の1つなので。

 

社風に合わないから、転職するのはしごく真っ当なことですよね。
こうたーぼ

 

スーツを着ない仕事は、以下のとおりです。

  • エンジニアやプログラマーなどのIT企業
  • 工場などの製造業
  • 配送業・ドライバー
  • 介護職
  • ウェブデザイナー など

 

いわゆる無能でも出来る仕事は、スーツを着なくても働けるものが多いです。

 

とはいえ、IT系などは、スキルが必要です。求人の中には、若手人材であれば未経験のまま採用して、入社後に教育してくれる優良企業もあります。

 

そこで、未経験でも雇ってくれるIT系企業などの優良企業の求人を多数取り扱っている転職エージェントを利用しましょう。

 

転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーが以下の作業を完全無料でサポートしてくれます。

  • 履歴書・職務経歴書の作成サポート
  • 求人の応募や面接の日程調整
  • 配属先や給与の交渉

 

上記をプロのアドバイザーにサポートしてもらえるので、転職活動を効率化できます。

 

転職エージェントに登録するなら、業界No.1の転職実績を誇るリクルートエージェントがおすすめです。

 

僕も登録していましたが、他の転職エージェントに比べて、圧倒的に求人数が多いです。条件に合った企業をアドバイザーから紹介されやすいのもポイントですよ。

 

\6割が非公開求人でIT系多数!/

登録後も完全無料!

 

僕は、3社ほどの転職エージェントに登録して、それぞれのアドバイザーに自分の条件にマッチする求人を探してもらっていました!
こうたーぼ

 

完全無料なので、いくつ登録しても損することはありません。費用は求人を募集している会社側がもつ仕組みです。

 

おすすめの転職エージェントや転職サイトは下記の記事にまとめていますので、合わせてお読みください。

関連
【もう迷わない】おすすめ転職サイト・転職エージェントをランキング形式で解説

続きを見る

関連記事:【もう迷わない】おすすめ転職サイト・転職エージェントをランキング形式で解説

 

 

就職前の人:プログラミングスクールでITスキルを学ぶ

 

プログラミングのスキルを習得して、就職活動をすれば優良IT企業に入社しやすくなります。

 

求人ボックスによると、プログラマーの平均年収は約436万円。実は、そこまで年収は高くありません。

 

プログラマーの魅力は、副業でお金をガッツリ稼げることです。

 

本業でプログラミングの仕事をしつつ、副業では土日の在宅ワークでお金を稼ぐ人が増えています。

 

パーソルキャリアのデータによると、ITエンジニアの副業経験率はなんと40%にのぼります。ほぼ2人に1人が副業をやったことがあるんですね。

スーツ嫌いな方に朗報。パーソルキャリアのデータによると、ITエンジニアの副業経験率はなんと40%にのぼる。ほぼ2人に1人が副業をやったことがある。

出典:パーソルキャリアのデータ

 

プログラミングのスキルがあれば、会社だけではなく、個人で副業としてお金を稼ぐ力が身に付くんです!
こうたーぼ

 

実際にプログラミングスクールで学び、フリーランスとして独立する方がいるのは、事実

 

プログラミングスキルでフリーランスを目指す方は、下記の動画が参考になります。

 

IT企業はもはやインフラです。オンライン化が進んだ今の時代、なくてはならない産業になりました。

 

プログラミングは、IT系の代表的なスキルであり、身に付けておいて損はありませんよ。

 

プログラミングは、小学校で必修化されましたね!
こうたーぼ

 

\未経験からIT就職を完全サポート!/

※学習商材YouTube再生数No.1!

 

 

まとめ:嫌いなスーツを着ないで働ける仕事はたくさん!自分に合った仕事を選ぼう!

 

今回は、スーツが嫌いな方に向けて対処法を解説しました。

 

スーツがどうしても嫌いなら、スーツを着ない仕事を選びましょう。スキルが必要な仕事でも、転職エージェントを活用すれば、未経験でも雇用してくれる求人を紹介してくれます。

 

また、就職前であれば、スーツを着ない仕事をリサーチして、応募しましょう。今のうちから就職したい企業で必要なスキルを身に付けておけば、採用確率がグッと上がります。

 

ぜひ、あなたに合った仕事を選んで充実した毎日を送ってください。

 

今回は以上となります。

 

  • この記事を書いた人

こうたーぼ

大卒後、テキト~な就活でブラックな会社に就職►ストレスで肌が荒れ、顔中真っ赤に►世の中の有益な情報に目を向け、読書を習慣化►転職エージェント10社以上利用し、一部上場の優良企業に転職►社内トップセールス複数回受賞

-仕事・転職