キャリアカウンセリングを受けてみた筆者の感想や体験談を大公開!

キャリアカウンセリングを受けてみた

この記事のまとめ

キャリアカウンセリングを受けてみた体験談や感想を徹底解説!

筆者がキャリアカウンセリングを受けてみたきっかけは?その結果どう変わったの?

10社以上のキャリアカウンセリングを受けた経験のある筆者が実体験をもとにお話ししていきます!

 

キャリアカウンセリングを受ける前に思うこと。

他の受けた経験のある人の話を聞いてみたい…!

かく言う僕も、ネットや友人に話を聞いてみつつ、思い切ってキャリアカウンセリングを申し込んだ記憶があります。

結論から言うと、ホントに受けてよかった

僕はキャリアカウンセリングを通じて、人生が変わった男です。

僕がキャリアカウンセリングを受けて変わったこと
  • やりたい仕事ができる会社に転職し、年収200万以上アップした
  • 副業をスタートし、本業の3倍稼げるように(独立予定)
  • 妻と子どもにポジティブな言葉を発して家族全員笑顔が絶えない
受けて
良かった!

本記事では、そんな僕の体験談を余すことなく、詳しく解説していきます。

筆者が利用したおすすめのキャリアカウンセリング

1位:キャリドラ

【公式】https://careerdrive.jp/

4カ月で1,500人の申込者が殺到!20代・30代が選ぶおすすめの転職支援サービスNo.1!詳細はこちら

2位:POSIWILL CAREER

【公式】https://www.gekisapo.com/

業界最大手の人気No.1キャリア相談サービス!通過率1%のプロコーチが悩み解決!詳細はこちら

3位:ライフシフトラボ

【公式】https://lifeshiftlab.jp/

40〜50代に特化した唯一のキャリアカウンセリング!転職・複業・独立などキャリアの選択肢を増やし自律を目指す!詳細はこちら

関連
おすすめの有料キャリア相談
【人気13社】おすすめ有料キャリア相談サービス・カウンセリングを徹底比較!

続きを見る

 

この記事の著者
ポジサラ

キャリアブロガー

ポジサラ

pojisara

プロフィール

外資系IT企業の法人営業。キャリア相談サービス・転職エージェントを利用して時価総額20兆円超えの超ホワイト外資系企業へ転職し、年収アップ・ワークライフバランスが改善した経験から、キャリアに関する発信をしています。
プロフィール詳細
公式LINEアカウント(※キャリアに関して何でも相談受付中!)

キャリアカウンセリングを受けてみた筆者のきっかけ

 

僕がキャリアカウンセリングを受けてみたきっかけとなったのは、「このままで良いのだろうか…。」というモヤモヤからでした。

当時、僕は30代に差し掛かる20代後半の年代で、地方銀行の営業マンとして働いていました。

営業成績はそれなりに結果をだしてはいたものの、「このままこの会社で働き続けていいのかな…。」という漠然とした不安とモヤモヤで頭がいっぱいになっていました。

当時はそのモヤモヤの原因すら分からなかったんですよね…。
ポジサラ

 

そんな中、転職する同期もかなり増えてきて、自分の中にも“転職”という選択肢が見え隠れしだしました。

転職サイトや転職エージェントに登録して担当者とカウンセリングしてみましたが、流れ作業みたいに転職前提で話が進み、求人を紹介されるばかり

転職させたいという相手の思惑が透けて見えるのが、どうしても煮え切れなかったんですよね。

こんな感じで、転職エージェントには本質的な相談ができないことを悟りました…。
ポジサラ

そこから、色んな転職関連のサービスを調べてキャリア相談サービスというものがあることを知りました。

キャリア相談と転職エージェントの違いは以下のとおりです。

サービス名 キャリア相談サービス 転職サイト 転職エージェント
利用料金 有料
(利用者からお金をもらう)
無料
(求人からお金をもらう)
無料
(求人からお金をもらう)
自己分析の支援
自己分析からスタート
×
アドバイスなし

求人紹介がメイン
キャリアプランの作成
コーチと二人三脚
×
アドバイスなし

求人紹介がメイン
求人紹介 ×
他社求人が存在しないため
実質全ての求人に応募可能

自社求人のみを紹介

自社求人のみを紹介
アドバイザーの質
プロのキャリアコーチ
×
アドバイザー不在

当たり外れが大きい

 

転職を前提とせずにキャリアに関する相談ができる。

まさしく自分が求めていたサービスはこれだ!」と直感し、いくつかのサービスの無料カウンセリングを受けてみました。

これが僕の人生を変えるきっかけになった経緯になります。

 

キャリアカウンセリング受けてみた後に筆者が変わったこと

 

キャリアカウンセリング受けてみた後に筆者が変わったことは、以下の3つです。

  1. 漠然とした不満やモヤモヤの正体がわかった
  2. 誰にも相談できない悩みが言えてスッキリする
  3. 行動できるようになる

 

漠然とした不満やモヤモヤの正体がわかった

 

先ほどのきっかけでお話しした、自分の中にある“モヤモヤ”

このモヤモヤがきっかけで転職という選択肢ができて、キャリアカウンセリングを受けてみたのですが…。

僕はそのモヤモヤを言語化することができていませんでした。

というか、不満があることを自分の中で押さえ込んでいて潜在的に見えなくなっていたんです…。
ポジサラ

 

60分のキャリアカウンセリングでは、僕の幼少期や学生時代の過去の出来事、それに対して自分がどう思っているのか、といった自己分析からスタートします。

いまのモヤモヤがどんな自分の価値観からきているのか探るためとフィードバック時に言われました!
ポジサラ

 

僕は小さい頃から、人と関わってチームで動いていくことが好きでした。

自分が今まで熱中したことや楽しかった思い出にはいつも、僕1人ではなく誰かと一緒に成し遂げたことが多かったんです。

そこからわかったことは、前職は1人プレイが多すぎて仕事の面白みがないという点です。

営業はみんな個人商店化していて、自分で抱え込む仕事でした…。
ポジサラ

 

また誰かと切磋琢磨しながらみんなで成長できる環境が好きということもわかりました。

確かに現職では、レベルの低い上司や先輩に対する不満が日々募っていたことに気づいたんです。

キャリアカウンセリングによって、僕のモヤモヤや不満、つまり“どんな仕事が自分には向いてないのか”がわかるようになりました。

 

誰にも相談できない悩みが言えてスッキリする

 

ここまで担当してくれるコーチに深掘りをされて、僕の不満はまさに火山が爆発したかのように、次から次へと言語化できるようになりました。

  • 上司が無能で仕事ができない
  • 仕事の成果が給料に見合っていない
  • そもそも周りがダサすぎる 等

気づいたら、上記のよう不満が口から出ていました。

こんな不満は、僕の妻にも言えないことでした。

これは僕の中でかなりダークな部分で、「他人には言いたくない、言えないことだ」と無意識のうちに蓋をしてしまっていたんです。

自分では蓋をしているつもりは一切なかったんですが…。
ポジサラ

 

最初に不満がでてしまった時、「あぁ、会ったこともない人に不満を言うなんてマジで情けない…。」こう思いました。

その瞬間、担当してくれたコーチは笑いながら「うんうん、よくわかります。私も同じ悩みをもっていたので!笑」と気さくに返してくれました。

気づいたら僕は、他人には言えないような不満や悩みを喋りまくっていました。

 

話していく中で感じる、サウナや銭湯から出た時の爽快感、そして「自分ってこんなことを思っていたんだ」という新たな気づき。

気づきと爽快感こそがキャリアカウンセリングの良さだと痛感しました!
ポジサラ

 

行動できるようになる

 

僕は今でこそ転職してホントによかったと思えている人間です。

あの時、勇気をだして現職から飛び出せた自分に対して心の底から感謝しています。

ただ、キャリアカウンセリングを受けていた当時。実は「転職は悪だ」と潜在的に思ってしまっていたんです。

上司や先輩が口を揃えて言う言葉。

転職した奴は逃げだ。ウチの会社でロクに成果も出せなかったくせに。

こんな言葉を日常茶飯事に聞いていました。だから現職で頑張ってきたということもあります。

 

ただキャリアカウンセリングの終盤、自己分析が終わって僕の不満をぶちまけた後、担当してくれたコーチは僕に笑顔でひと言こう言ってくれました。

私が〇〇さんの友達だったら、早く転職した方がいいよって言っちゃいます。

このストレートな言葉が僕はグサッと刺さったんです。

そりゃそうだよな…。」確かに自分がコーチ側でもそう言います。

こんな何でもない一言が僕の転職するという決意を固めてくれました。

もちろん転職エージェントではないので、転職に勧誘するという行為自体もありません!
ポジサラ

 

その日から僕は、キャリアカウンセリングを通じてわかった自己理解をもとに、向いてる会社をリサーチして結果内定までもらえました。

今では以下のように人生が大きく変わったんです。

僕がキャリアカウンセリングを受けて変わったこと
  • やりたい仕事ができる会社に転職し、年収200万以上アップした
  • 副業をスタートし、本業の3倍稼げるように(独立予定)
  • 妻と子どもにポジティブな言葉を発して家族全員笑顔が絶えない
受けて
良かった!

 

試しに、キャリドラなどの自己分析からスタートするキャリアカウンセリングサービスを利用してみましょう。

僕は、以下のサービスを実際に利用して人生が変わりました。

筆者が利用したおすすめのキャリアカウンセリング

1位:キャリドラ

【公式】https://careerdrive.jp/

4カ月で1,500人の申込者が殺到!20代・30代が選ぶおすすめの転職支援サービスNo.1!詳細はこちら

2位:POSIWILL CAREER

【公式】https://www.gekisapo.com/

業界最大手の人気No.1キャリア相談サービス!通過率1%のプロコーチが悩み解決!詳細はこちら

3位:ライフシフトラボ

【公式】https://lifeshiftlab.jp/

40〜50代に特化したキャリアカウンセリング!転職や複業・独立など会社に依存しない生き方を提供!詳細はこちら

 

キャリアカウンセリングを受けてみた人の感想・体験談

 

僕だけのキャリアカウンセリングを受けてみた感想だけでなく、他の方の感想も載せていきます。

今回、アンケートによる独自調査を利用して、キャリアカウンセリングを受けてみた方の感想を調査しています。

20代 男性

自分に向いているであろう職種を教えて頂き、希望に添いつつ求人の応募から転職するまでのサポートをしていただき、無事転職でき感謝しています。相談していくうちに自然とコミュニケーション力も上がり、今では様々な人と良好な関係を築きつつ仕事を進められています。

20代 女性

自分がやりたいことや自信がないことが悩みでしたが、キャリアカウンセリングを受けることで、ひとつひとつの悩みに合わせながら自分が進んでいく道、目標に向けてアドバイスをくれ自信に繋がりました。目標ができたことで、そこに向けてやっていくしかないんだという覚悟とやる気に満ち溢れています。

30代 女性

自分のやりたいことが明確になった気がしました。30年後はどうしたいか、そうするためには20年後は、10年後は、5年後は、来年は、来月はというように目標を立てる道標となりました。

30代 女性

やりたくて始めた仕事なのに、人間関係で辞めるのはもったいないと思い、今後のキャリアや自分の生き方を考えて、副業起業も視野に入れて、相談を受けました。月に2回ほど、ホワイトボードなどを使い、頭の中のモヤモヤを、人に話し、整理することで、気持ちを整えることができました。現在は、自分のペースで、仕事ができており、勇気を出して相談して良かったと思っています。

40代 男性

話しを聞いたら自分の今の世間一般の評価やキャリアがわかり色んなところで悩んでいましたが、自分の置かれている状況がわかりとても参考になりました。

 

\たった4カ月で1,500人の申込み殺到!/

※しつこい勧誘や営業は一切ありませんでした

 

キャリアカウンセリングを受けてみたことに関するよくある質問

 

キャリアカウンセリングを受けてみたことに関するよくある質問をまとめました。

サクッと確認していきましょう。

 

キャリアカウンセリングって大事?

 

キャリアカウンセリングは転職するにしても、自分のキャリアプランを作成するにしても重要です。

厚生労働省の令和2年転職者実態調査の概況によると、転職者がキャリアコンサルティングを受けるほどに準備をしている人が、かなり少ないことがわかっています。

転職者が転職するに当たってどのような転職活動をしたかをみると、「特に何もしていない」が66.1%、「転職活動おを行なった」が30.9%となっている。

準備活動の内容(複数回答)をみると、「産業・職業に関する情報等の収集をした」が42.9%と最も高く、次いで「その他」が22.4%、「キャリアコンサルティングを受けた」が16.0%となっている。

引用:厚生労働省-令和2年転職者実態調査の概況

キャリアカウンセリングを受けるだけで、他の求職者やビジネスマンより競合優位を発揮できます。

一流のスポーツ選手は必ずコーチがついています。

キャリアにおいても同じこと。

自分の人生をキャリアを通じてより良くしたいなら、プロのサポートは受けるべきです。

 

キャリアカウンセリングで何を話せばいいの?

 

結論から言うと、コーチの質問に沿って答えていけばOK。

こちらでカウンセリングの流れを事前に決めておく必要はありません。

とはいえ、以下の内容は事前に整理していた方が、より自分の期待値に沿った時間になります。

  • キャリアカウンセリングを受ける目的
  • キャリアカウンセリングで解決したい内容
  • 今の仕事に対する不満やモヤモヤ

 

キャリアカウンセリングの回数は?

 

一般的な転職エージェントは、3〜5回ほど。

キャリア相談サービスは、コースによって様々です。

1回あたりのキャリアカウンセリングの時間は約60分となります。

 

\たった4カ月で1,500人の申込み殺到!/

※しつこい勧誘や営業は一切ありませんでした

 

まとめ:キャリアカウンセリングを受けてみた感想・体験談を徹底解説!

 

今回は、キャリアカウンセリングを受けたみた感想やきっかけについて解説しました。

この記事を読んでいるあなたは、きっと自分のキャリアの可能性を広げたいと思っている人だと思います。

正直、思うだけなら誰でもできます。

思って“行動する”、この一連の流れができてはじめて、自分の人生が変わります。

僕はキャリアカウンセリングを受けるという小さな行動ができたことで、転職という大きな選択ができました。

キャリアカウンセリングは無料で受けられるので、損するとしても60分という時間だけです。

ぜひキャリアカウンセリングを受けて新しい人生に向けた第一歩を踏み出しましょう。

最後に実際に僕が受けてよかったキャリアカウンセリングをご紹介して終わりにします。

筆者が利用したおすすめのキャリアカウンセリング

1位:キャリドラ

【公式】https://careerdrive.jp/

4カ月で1,500人の申込者が殺到!20代・30代が選ぶおすすめの転職支援サービスNo.1!詳細はこちら

2位:POSIWILL CAREER

【公式】https://www.gekisapo.com/

業界最大手の人気No.1キャリア相談サービス!通過率1%のプロコーチが悩み解決!詳細はこちら

3位:ライフシフトラボ

【公式】https://lifeshiftlab.jp/

40〜50代に特化したキャリアカウンセリング!転職や複業・独立など会社に依存しない生き方を提供!詳細はこちら

 

  • この記事を書いた人

ポジサラ

外資系IT法人営業 × ブロガー|入社3年目で社内トップの営業成績達成3連覇|大卒後、テキト~な就活でブラックな会社に就職►ストレスで肌が荒れ、顔中真っ赤に►転職エージェント・有料キャリア相談サービスを20社以上利用し、時価総額20兆円超えの外資系企業へ転職►年収アップ・ワークライフバランスが改善

-おすすめ転職サービス, 有料キャリアコーチング・相談サービス