【ガチ解説】サラリーマンが辛い5つの理由とは?楽になる対処法はコレ!

この記事のまとめ

「サラリーマン生活がしんどい...。楽しかった学生時代とのギャップがホントに辛い。」そんな方に、対処法を徹底解説!

サラリーマンが辛い理由とは?逆にサラリーマンが楽なメリットとは?

転職をして人生好転したサラリーマンの僕が、ストレスでしんどい毎日を変える方法をお話しします。

 

意味のない朝礼や会議、うだつの上がらない上司、朝早い出勤で体が重たい毎日。

こんな生活をあと10年...いや20年もすると思うと、絶望でしんどい毎日から逃げ出したくなります。

かつての僕は、サラリーマン生活がホントに苦痛で、大学時代のことを思い出すと、どうしようもない虚無感におそわれていました。

 

結論から言うと、自分に合った働き方ができる会社に転職すべきです。

今は、2人に1人、転職を経験している時代

僕は転職して働きやすくなったことで、好きなように副業をしたり、筋トレを始めたりと、人生が好転しました!
こうたーぼ

 

この記事を読めば、サラリーマン生活に終止符をうたず、“自分に合った会社で働く”という思考をもてるようになります。

 

サラリーマンが辛い5つの理由

 

サラリーマンが辛い理由は、以下の5つです。

  1. 長時間労働で自由な時間がほぼなくなる
  2. 頑張る人が損をする
  3. 出世すればするほどリスクが大きくなる矛盾
  4. 仕事仲間は選べない
  5. 時間に縛られる生活でストレスが溜まる

 

長時間労働で自由な時間がほぼなくなる

 

サラリーマンとして働くと、自分の好きなことに使える時間がほとんどなくなります。

日本の労働時間は、海外と比べて長いです。

その裏付けとして、厚生労働省のデータによると、日本人男性は韓国に次いで2番目に労働時間が長いことが分かっています。

画像引用:厚生労働省

 

サラリーマンになると、人生のほとんどを仕事の時間に費やします。

平日は、夜の19時に帰宅して、23時に寝るとしたら、その間の4時間しか自分の時間はありません。

晩ご飯を食べ、風呂に入って、ダラダラしていたら、すぐに寝る時間になります。
こうたーぼ

 

何も考えず働き続けると、いつの間にか1ヶ月、2ヵ月と経っていて、楽しい記憶がないまま、ズルズルと時間だけが過ぎてしまいます。

関連記事:【秘録】つまらないサラリーマン人生を変える3つの方法とは?転職経験者が徹底解説!

 

頑張る人が損をする

 

サラリーマンは、会社というチームで働きます。

そのチームの中には、エース級の人もいれば、いわゆる出来損ないのような人がいるのも事実です。

上記のような背景から、会社には『262の法則』があると言われています。

  • 優秀な社員=「2」割
  • 普通の社員=「6」割
  • ダメな社員=「2」割

つまり、どの組織にもダメな社員と仕事がデキる社員が一定割合いるということ。

そしてこの2割の優秀な社員に仕事が集中することは、サラリーマン社会ではよくあります。

 

なぜなら、デキる社員に仕事を押しつけた方が、会社としては“リスク”が少ないからです。

  • 仕事のミス
  • 顧客とのトラブル
  • 会社が賠償することになり、損をこうむるケース

上記のようなリスクを考えると、優秀な社員に仕事を押し付けた方が、会社はうまく回るのです。

サラリーマン社会では、優秀な社員が損をしてしまうのです。
こうたーぼ

 

関連記事:【愕然】優秀な人が潰される5つの理由とは?無能が集う職場では輝けない!

 

出世すればするほどリスクが大きくなる矛盾

 

せっかく会社に入ったんだから、絶対出世してやる!

入社して間もないころ、僕は仕事のやる気に満ちあふれていました。

出世できれば、部下に指示するだけで楽勝だ、と心のどこかで思っていたんですよね。

 

とはいえ、働くうちに、自分の上司の姿がイケてないことに気付くようになります。

  • 部下のミスの尻ぬぐい
  • 何かにつけて仕事の責任を負わされる
  • 本部への報告や各部署との連携 など

上記のような仕事に日々追われて、疲れ切っているからです。

 

部下が大きなミスをやらかしてしまえば、それは上司の責任になります。

取り返しのつかない損失をだしてしまうと、最悪の場合、懲戒解雇もあり得るわけです。

出世すれば給料は上がりますが、その分リスクは背負うことになります。
こうたーぼ

 

関連記事:【マジ?】出世なんてどうでもいい人が会社員の大半←勝ち組な件

 

仕事仲間は選べない

 

どんなに良い会社であっても、仕事仲間は運です。

部署によっては、人間関係が悪かったり、頭のおかしい上司のもとで働かなければならなかったりと、“人”で仕事の満足度は大きく変わります。

逆にものすごく尊敬できて、仲の良い先輩や同僚がいれば、毎日の仕事は楽しくなるはずですが...。

会社に尊敬できる人がいるのは稀で、たいていがプライベートで顔も見たくない人たちです。

僕は休日にたまたま会社の人に会っただけで、1日のテンションがダダ下がりしていました。
こうたーぼ

 

関連記事:【発狂】職場の人が全員嫌い‥!顔も見たくない人たちへの対処法3選

 

時間に縛られる生活でストレスが溜まる

 

サラリーマンをしていると、常に時間に縛られるようになり、ストレスが溜まりやすくなります。

  • 出社時間と退社時間
  • 仕事の期日
  • 顧客とのアポイントの時間
  • 会議や朝夕礼の時間

頭の片隅には仕事に追われている自分がいて、心が休まることはありません。

 

仕事の期日や会議の時間なども、上司が勝手に設定することもあります。

「いやいやさすがにキツイ...!」と心の中で思いつつ、「ハイ」と答えてしまうのがサラリーマンの辛いところです。

サラリーマンは、時間を守ることが基本。神経をすり減らしながら、時間との闘いを繰り返す日々にウンザリしている方も多いでしょう。
こうたーぼ

 

「サラリーマンが辛い」2chのリアルな書き込み

 

「サラリーマンが辛い」と書き込みがあった2chのスレを下記にまとめてみました。

 

10 :風吹けば名無し:2021/06/28(月) 00:34:43.08 ID:uCgeAmVs0.net

有能なやつはサラリーマンのほうが辛い
無能はサラリーマンのほうが楽

引用:2ch

455 :風吹けば名無し:2021/06/26(土) 01:17:49.07 ID:J4eJMxh70.net[11/11]

サラリーマンで1番辛いのは
給料が安いことでも残業が多いことでもなく
部下が上司を選べないこと
ってどこかで聞いて
大学生のときは「ほーん」としか思ってなかったけど最近ホーントコレイトン

引用:2ch

220 :名無しさん@お金いっぱい。:2021/06/01(火) 19:37:44.36 ID:VvseoljC0.net[2/4]

サラリーマンとして生きるのが辛い

引用:2ch

3 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/29(木) 19:11:20.179 ID:AWbrXKBb0NIKU.net[2/10]

毎日毎日休日出勤しながらせこせこ働いて真面目に仕事に打ち込んでも700万が関の山、エリートサラリーマンでも1000万

世の中辛い

引用:2ch

 

上司を選べなかったり、頑張って働いても給料がそこまで上がらない、優秀な人が損をするという書き込みがありました。サラリーマンが辛いのは間違いない事実です。
こうたーぼ

 

人によっては一生サラリーマンの方が楽になる3つの理由

 

人によっては一生サラリーマンの方が楽になります。その理由は、以下の3つです。

  1. 将来を見通しやすい
  2. 社会的な信用が高い
  3. 能力が低くても食っていける

 

将来を見通しやすい

 

サラリーマンの大きなメリットは、将来を見通しやすいことです。

例えば…

  • 将来の給料
  • 将来の働き方
  • 将来の仕事

上記は、目の前に座っている上司が体現してくれています。

 

つまり、「あなたの未来の姿=上司」なのです。

将来を見通しやすいと、人生プランを作りやすくなります。

結婚して家を建てて、子どもを作るタイミングなど、未来の自分の姿が分かっているので、計画しやすいのです。

対して、起業をしたり、独立したりして、事業を立ち上げると、将来どうなるか見えなくなってしまいますよね。

サラリーマンは、会社が倒産したり、クビにならない限り、将来をカンタンに見通せるため、人生設計が作りやすいです。
こうたーぼ

 

社会的な信用が高い

 

サラリーマンは、安定的に給料が入ってきます。

給料が入ってくるということは、クレジットカードの審査や住宅ローンなどにも通りやすくなるということです。

僕の前職は銀行でしたが、サラリーマンと個人事業主、小さな会社の代表者とでは、まるで審査の通りやすさが違いました。
こうたーぼ

 

つまり、サラリーマンとして働いていると、社会的な信用を得やすいのです。

先ほどもお話ししましたが、人生設計を立てやすいことにもつながります。

イバラの道を避けて、楽に生きるなら、サラリーマン生活一択でしょう。

 

能力が低くても食っていける

 

会社側からすると、1度社員を雇用すると、カンタンに解雇できません。

なぜなら、法律上、会社は理由もなく解雇することができないからです。

会社に1人や2人はいる、窓際族。出世を諦め、ロクに仕事もしない人たちは、カンタンに解雇できない矛盾から生まれた人たちなのです。
こうたーぼ

 

上記を理由にサラリーマンとして、1度入社してしまえば、能力が低くても十分生き残れます。

逆に、自分で事業を立ち上げ、お金を稼ごうと思うと、能力と努力に比例して、成功できるかどうかが決まります。

1度サラリーマンになってしまえば、頑張りに関わらず、お金を稼ぐことができるのです。

 

サラリーマンが辛い時の対処法

 

ここまでサラリーマンのデメリットやメリットを解説してきましたが...。

自分に合った働き方や労働環境の会社に転職できれば、人生が好転するはずです。

対処法としては、以下の3つが挙げられます。

  • 自己分析をして自分に合った働き方を考える
  • 自分に合った会社に転職する
  • “スカウト型”転職サイトを利用する

 

自己分析をして自分に合った働き方を考える

 

自己分析をしっかりと行うと、自分に合った仕事を選べるようになります。

なんとなく今の会社がイヤで辞めたい人は、自己分析がおすすめ!
こうたーぼ

例えば…

  • 自分の志向に合った社風
  • 仕事を通じてどんなスキルを得たいのか
  • チームで働きたいか、個人で働きたいか など

上記を過去の仕事の経験から掘り起こしてみると、自分に合った仕事を選びやすいです。

 

とはいえ、自力で自己分析をするのは、かなり難しいものがあります。

なぜなら、自分の過去の記憶は、自分なりの解釈がついてしまっているので、自力では取っ払えないからです。

そこで、ツールを利用してみるのも1つの手です。以下に完全無料の自己分析ツールをご紹介します。

※上記は、それぞれ無料会員登録が必要になります。

 

もし利用していないサービスがあれば、片っ端から使ってみましょう!複数の自己分析ツールで共通しているあなたの志向や強み、弱みを見つけられれば、転職活動に活用すべきです!
こうたーぼ

 

キャリアコーチングを受けてみる

 

先ほど、自己分析を自力で行うのはとても難しいとお伝えしました。

僕自身、10社以上の転職サービスの自己分析ツールを利用してみたり、「ストレングスファインダー」と呼ばれる有料ツールを活用してみたりした経験があります。

しかし、そのどれもが、実際にプロのキャリアコーチにカウンセリングしてもらった結果には勝てませんでした。

転職すればいいのか、現職で頑張るべきか、当時悩んでいた僕にとって、カウンセリングのフィードバックを受けた時、視界が開ける感覚になりました。
こうたーぼ

 

僕が受けたのは、マジキャリというキャリアコーチングサービスです。

60分の初回カウンセリングが無料だったので、「試しに受けてみよう。」と軽い気持ちで受けたら、衝撃を受けました。

「今までの自己分析がマジで浅かった」と思い知らされるほど、深い自己分析を提供してくれたのです。

 

カウンセリングは、こちらが主体的に答えやすい質問を投げかけてくれる形式で、僕の場合、気付いたら幼少期のころの経験まで話していました。

 

自己分析を含め、現職で頑張るべきか、自分の強みを活かして転職すべきか、1人では判断しきれない人にはもっともおすすめです。

 

\質問に答えてLINEでカンタン予約!/ 

※全額返金保証あり!

 

マジキャリの詳しい口コミや、僕がカウンセリングを受けた感想を知りたい方だけ、下記の記事を合わせてご覧ください。

関連
マジキャリの評判は?料金は高い?無料相談の口コミ・筆者の体験談を解説!

続きを見る

関連記事:【ヤバイ…】マジキャリの評判は?筆者の体験談や口コミ、ポジウィルとの比較まで徹底解説!

おすすめのキャリア相談サービスは、下記の記事で解説しています。

【無料あり】おすすめのキャリアカウンセリングはどれ?人気の転職相談サービスを徹底解説!

続きを見る

関連記事:【無料あり】おすすめのキャリアカウンセリングはどれ?人気の転職相談サービスを徹底解説!

 

“スカウト型”の転職サイトを利用する

 

スカウト型の転職サイトを利用すれば、スカウトを通じて求人やヘッドハンターから「あなたに興味がある!」と通知してくれます。

 

求職者の僕たちからすれば、求人の仕事内容がホントに自分のスキルを活かせるものなのか、よくわからない部分が多いのが現実。

スカウト型転職サイトは、仕事をもっとも理解している企業側やヘッドハンターから、「あなたの経歴はウチで活躍できそう!」と教えてくれるので、失敗がありません!
こうたーぼ

 

“待ち”の転職活動にはなりますが...。

労力をかけずに、自分が活躍できそうな会社を見つけることができるので、効率的に転職活動を進められます。

 

僕は転職して人生が大きく変わりました。

僕が転職して変わったこと
  • ゴルフや飲み会、残業が減ってプライベートが充実
  • 転職が自信になり、ジムに通い始め、副業もスタート
  • 将来性のある業界に身を置けて、仕事に意味を見出せるようになった
勇気を出して良かった!

 

スカウト型転職サイトを利用して、働きやすい環境でサラリーマンとして働きましょう。

 

おすすめスカウト型転職サイト

リクナビNEXT

【公式】https://next.rikunabi.com

業界最大手で求人数No.1。圧倒的なスカウト数を誇る。

キャリトレ

【公式】https://www.careertrek.com/

ビズリーチが運営する20代特化型転職サイト。登録がカンタン。プレミアムスカウトでスピード内定も。

doda

【公式】https://doda.jp

面接確約オファーなど、内定までのスピード感が強み。

 

その他のおすすめ転職サイトを知りたい方だけ、下記の記事を合わせてご覧ください。

関連
【もう迷わない】おすすめ転職サイト・転職エージェントをランキング形式で解説

続きを見る

 

まとめ:サラリーマンが辛い時の対処法を徹底解説!

 

今回は、サラリーマンが辛い理由や楽なメリット、最後に対処法を解説しました。

本記事の内容を以下にまとめておきますね!
こうたーぼ
  • サラリーマンは辛いこともあるけど、将来を見通しやすいメリットもある
  • 自分に合った会社で働いたことで、サラリーマンのストレスは大きく減った
  • 自己分析やその他のサービスをうまく活用して、転職活動をスタートしよう

 

サラリーマンとして働いていると、どうしても辛くなる場面は出てきます。

理不尽な上司、飲み会やゴルフ、意味の分からない会議や協議など、何をするにしても、モチベーションが上がらない時が必ず来ます。

 

それが、会社に原因があるのか、単純に自分の気分が原因なのか、冷静に自己分析をして、今の仕事がホントに自分に合っているのか、再確認しましょう。

僕の実体験から、プロのキャリアコーチに相談してみるのもおすすめです。

初回は無料でカウンセリングを受けられて、僕はたくさんの気付きがありました!
こうたーぼ

 

\質問に答えてLINEでカンタン予約!/ 

※全額返金保証あり!

 

今回は以上となります。

  • この記事を書いた人

こうたーぼ

大卒後、テキト~な就活でブラックな会社に就職►ストレスで肌が荒れ、顔中真っ赤に►世の中の有益な情報に目を向け、読書を習慣化►転職エージェント10社以上利用し、一部上場の優良企業に転職►社内トップセールス複数回受賞

-仕事・転職