20代で向いてる仕事がわからない時はどうする?何がしたいかわからない時の対処法!

この記事のまとめ

20代で向いてる仕事がわからない、何がしたいかわからない時の対処法を徹底解説!

20代におすすめの仕事ランキングは?仕事探しの方法とは?

やりがいのある仕事に転職できた20代の筆者が、実体験を踏まえてお話していきます!

 

転職失敗したくないけど、自分に向いてる仕事が分からない...。みんなどうやって転職先を決めてるんだろう…。

転職する前、現職にモヤモヤしている自分は上記のように悩んでいました。

ず~っと考えても考えても、答えは出なかったです。
ポジサラ

 

結論、自分がやりたい仕事、向いてる仕事がハッキリとわかるようになるためには、自分のことを理解する必要があります。

とはいえ、自己分析が苦手で、答えがでないという人も多いはず。

そういった方は、“業界全体が伸びていて、かつビジネスマンとして成長できる仕事”を選ぶべきです。

20代で需要と成長性の高い仕事を経験しておけば、キャリアの選択肢が広がるため、より待遇の良い会社にステップアップしやすくなります!
ポジサラ

この記事を読めば、あなたの何がしたいかわからない状況を打破し、より良いキャリアを歩む1歩を踏み出せるようになります。

 

MEMO

キャリア相談サービスのカウンセリングを受ければ、プロのコーチが自己分析をサポートしてくれて、自分に合った仕事を提案してくれます。

僕は実際にキャリアコーチングサービス『マジキャリ』を受けてみました。深い自己分析を提供してくれて、視界が開ける感覚になり、まさに衝撃でした!
ポジサラ

 

\質問に答えてLINEでカンタン予約!/ 

※全額返金保証あり!

関連
おすすめのキャリアカウンセリングはどれ?5つの有料転職相談サービスを徹底比較!

続きを見る

関連記事:おすすめのキャリアカウンセリングはどれ?5つの有料転職相談サービスを徹底比較!

 

向いてる仕事がわからない20代におすすめの仕事ランキング

 

向いてる仕事がわからない20代におすすめの仕事は以下のとおりです。

  1. 営業職
  2. ITエンジニア
  3. Webマーケティング

 

1位:営業職

 

営業職は、業界を問わず、もっとも需要が高い職種です。

そのため、営業職で求人を探してみると、ダントツに数が多いのが特徴。

たとえ業界未経験であっても、“ポテンシャル採用”で積極的に採用されることが多いです。

僕は実際に金融機関の法人営業から、大手IT関連業界の法人営業へ転職することができました!
ポジサラ

上記の経験から僕が学んだことは、20代で営業職のスキルがあれば、様々な業界へのキャリアパスが描けるということ。

伸びている業界や興味のある業界へ営業職で転職し、その後同じ業界で違う職種に転換してみるなど、幅広い選択肢がとれるのが営業職の良さです。

また、SaaS企業では、相手先を訪問しない内勤型営業『インサイドセールス』を採用するケースも多く、在宅で営業することも多くなっています。

 

とはいえ、営業職は向き不向きが大きく、ノルマのストレスに追われる側面もあります。

自分に合うか合わないかは、キャリア相談サービスや自己分析ツールを使って判断してみることをおすすめします。

営業職に興味があるなら、若手営業に特化した転職エージェント『いい求人net』がおすすめですよ!
ポジサラ

 

2位:ITエンジニア

 

ITエンジニアは、需要の高い仕事の1つです。

dodaの転職求人倍率レポートによると、圧倒的にIT業界の求人倍率が高いことがわかります。

求人倍率とは

求人倍率が1を上回ればいわゆる「売り手市場」であり労働者の側に有利となり、1を下回ればいわゆる「買い手市場」で企業の側にとって有利となる。

IT業界の求人倍率は“6”を超えており、圧倒的な“売り手市場”と言えますね!
ポジサラ

 

また、求人ボックスによるとITエンジニアの年収は、498万円。日本の平均年収が440万円前後と言われているので、やや高い水準です。

年収も高く、転職しやすい職種、かつフルリモートで働ける求人も多く、人気のITエンジニア。

そんな激アツな仕事に就くべく、ITスクールに通おうとすると、20万~30万ほどかかるのが相場です。

実はそのITスクールが無料で受けられて、かつ就職までサポートしてくれるサービスが世の中には存在します。

プログラマカレッジ は、途中退会しても違約金がかからず、プログラミングスクールを受講でき、転職サポートまで行ってくれます。

就職率は96.2%、平均内定社数は3.7社と凄腕サポートを受けられる20代向け就職サービスです!
ポジサラ

 

3位:Webマーケティング

 

Webマーケティング職は、将来性がとても高い仕事です。

なぜなら、今後インターネットを通じて集客やプロモーションを行う需要はどんどん高まることが予想されるからです。

Webマーケティングとは

Web上で集客し、自社のサービスや商品への購入につなげることを目的として、様々な施策を行う仕事。

 

下記は、インターネット広告費の推移になります。

インターネットの広告費内訳のグラフ推移

出典:電通報

このようにインターネット上の広告宣伝にお金を使う企業や個人は増えていて、今後もますます高まることが予想されます。

さらに、WebマーケティングはITエンジニア同様、フルリモートで働けることが多く、出勤の手間も省けておすすめです。

Webマーケティング職で培ったスキルを、在宅副業として“ブログ”に活かしたり、SEOコンサルを行ったりして、20代で年収1,000万円を超えている人もゴロゴロいます!
ポジサラ

 

未経験でWebマーケティング職に興味がある方は、マーケティング職に強い転職エージェントの『マスメディアン』に登録しておくことをおすすめします。

プロのキャリアアドバイザーがマーケティング職への転職ノウハウを教えてくれるので、転職成功確率はグンと上がります。

ウェブマーケ職に未経験で挑戦したい方は、スキルなしの転職は儚い夢なのか…?20代の筆者が成功した方法を大公開!を合わせてご覧ください。

 

向いてる仕事がわからない20代の仕事の探し方

 

向いてる仕事がわからない20代が仕事を探す方法は、以下の3つです。

  1. 違う業種・業界で働く友人に話を聞く
  2. 転職口コミサイトで現場の声をリサーチする
  3. キャリアカウンセリングを受ける

 

違う業種・業界で働く友人に話を聞く

 

仕事をしていると、コミュニケーションのネットワークが自然と社内の人に限られてしまいます。

すると、今の仕事以外で働いている自分の姿がイメージしにくくなり、転職しようにも1歩が踏み出せない状況になってしまうのです。

他の人はどんな働き方をしているのか、見当もつかなくなってしまいます...。
ポジサラ

 

違う会社で働いている友人に声をかけて、話を聞いてみることが得策です。

友人同士なので、ありのままのリアルな仕事の状況を聞けます。そのため、入社してからギャップを感じることもほとんどありません。

また、友人の話を聞いて、「やってみたい!」と思えれば、同じような業種・業界への志向が自分にあることがわかります。

逆に「それはちょっと…。」と思えば、候補から外すことになりますよね。

友人の話を聞けば、転職が失敗続きにならず、何がしたいかわからない状況を抜け出すきっかけになるはずです!
ポジサラ

 

転職口コミサイトで現場の声をリサーチする

 

「いきなり友人に仕事の話を聞くのはちょっと…。」と思われる方も多いかもしれませんね。

そんな方には、転職口コミサイトがおすすめです。

転職口コミサイトとは

実際にその企業で働いている社員もしくは過去に働いていた社員が、企業への口コミを投稿するサイト。

口コミを見れば、ザックリ以下のようなことがわかります。

  • 実際に働いた経験のある社員の会社に対する評価
  • 残業時間や有休消化率
  • 入社してからのギャップ など

実際に働いている社員が書いている口コミだからこそ、自分がその会社に転職した後にどういった仕事をするのか、イメージが湧きやすくなります。

すこしでも興味がある会社の口コミを見てみると、「ビミョーだな…。」とか、「良さげだ!」とか、自分の中で整理しやすいです。

 

とはいえ、転職口コミサイトって「ホントに口コミに信ぴょう性あるの?」と思いますよね。

そんな方は、今働いている自社の口コミを実際に見てみることをおすすめします。

僕の会社の口コミの場合、ほとんどが自社で働いている人しかわからない部分まで書いてあって、一気に信頼感が増しました。

 

転職口コミサイトは、自分が今働いている会社の口コミを書かない限り、すべての口コミを見ることができません。

そのため、口コミを見るためには自分がしっかりと会社の口コミを記載する必要があるのです。

口コミは審査されるため、テキト~に書いていないか、チェックされます!
ポジサラ

転職口コミサイトなら、転職会議がおすすめ。

口コミ数は300万件以上と、数多くの口コミで信頼性が高いことが特徴です。

 

キャリアカウンセリングを受けてアドバイスをもらう

 

もっともおすすめの向いてる仕事の探し方は、プロのキャリアアドバイザーに相談することです。

キャリアカウンセリングでは、プロからあなたの仕事の価値観や適性のある職種に関するアドバイスを受けられます。

伸びている業界や需要のある仕事など、20代で経験しておくべき仕事を踏まえて、あなたに合った仕事を一緒に考えてくれます!
ポジサラ

 

キャリアカウンセリングを受けられるサービスは主に下記の2つです。

  • 転職エージェント
  • キャリア相談サービス

転職エージェントは、完全無料でプロのキャリアアドバイザーと相談しながら転職活動を進められます。

それに対してキャリア相談サービスは、初回カウンセリングのみが無料で、その後は有料サービスとなることが大きな特徴です。

キャリア相談サービスと転職エージェントとの違いを、下記の表でまとめました!
ポジサラ
サービス名 キャリア相談サービス 転職サイト 転職エージェント
利用料金 有料
(利用者からお金をもらう)
無料
(求人からお金をもらう)
無料
(求人からお金をもらう)
自己分析の支援
自己分析からスタート
×
アドバイスなし

求人紹介がメイン
キャリアプランの作成
コーチと二人三脚
×
アドバイスなし

求人紹介がメイン
求人紹介 ×
他社求人が存在しないため
実質全ての求人に応募可能

自社求人のみを紹介

自社求人のみを紹介
アドバイザーの質
プロのキャリアコーチ
×
アドバイザー不在

当たり外れが大きい

 

転職エージェントに相談してみて、今アツい業界や仕事などを情報収集してみることもアリですよ。

詳しいキャリアカウンセリングサービスについて興味がある方だけ、下記の記事を合わせてご覧ください。

関連
おすすめのキャリアカウンセリングはどれ?5つの有料転職相談サービスを徹底比較!

続きを見る

関連記事:おすすめのキャリアカウンセリングはどれ?5つの有料転職相談サービスを徹底比較!

 

20代で何がしたいか分からない時の対処法

 

20代で何がしたいか分からない時の対処法は、以下のとおりです。

  1. 自己分析の診断ツールを利用する
  2. キャリア相談サービスを利用する
  3. “スカウト型”転職サイトで受け身の転職活動を始める

 

自己分析の診断ツールを利用する

 

自己分析をしっかりと行うと、会社を辞めるべきか、どんな仕事が自分に向いているのか、などを判断できます。

なんとなく今の会社がイヤで辞めたい人は、自己分析がおすすめ!
ポジサラ

例えば、下記のポイントを「なぜ?」を繰り返し深掘りすることで、自分の仕事の価値観が浮かび上がってきます。

  • 仕事でやりがいを感じた、楽しかった瞬間
  • 今の会社に直してほしい部分
  • 今の仕事は向いているか、向いていないか

 

とはいえ、自力で自己分析をするのは、かなり難しいものがあります。

なぜなら、自分の過去の記憶は、自分なりの解釈がついてしまっているので、自力では取っ払えないからです。

そこで、ツールを利用してみるのも1つの手です。以下に完全無料の自己分析ツールをご紹介します。

※上記は、それぞれ無料会員登録が必要になります。

 

もし利用していないサービスがあれば、片っ端から使ってみましょう!自分のことを1つでも知れるツールは活用して損はありません!
ポジサラ

 

キャリア相談サービスを利用する

 

先ほど、自己分析を自力で行うのはとても難しいとお伝えしました。

僕自身、10社以上の転職サービスの自己分析ツールを利用してみたり、「ストレングスファインダー」と呼ばれる有料ツールを活用してみたりした経験があります。

しかし、そのどれもが、実際にプロのキャリアコーチにカウンセリングしてもらった結果には勝てませんでした。

転職すればいいのか、現職で頑張るべきか、当時悩んでいた僕にとって、カウンセリングのフィードバックを受けた時、視界が開ける感覚になりました。
ポジサラ

 

僕が受けたのは、マジキャリというキャリアコーチングサービスです。

60分の初回カウンセリングが無料だったので、「試しに受けてみよう。」と軽い気持ちで受けたら、衝撃を受けました。

「今までの自己分析がマジで浅かった」と思い知らされるほど、深い自己分析を提供してくれたのです。

 

カウンセリングは、こちらが主体的に答えやすい質問を投げかけてくれる形式で、僕の場合、気付いたら幼少期のころの経験まで話していました。

 

自己分析を含め、現職で頑張るべきか、自分の強みを活かして転職すべきか、1人では判断しきれない人にはもっともおすすめです。

 

\質問に答えてLINEでカンタン予約!/ 

※全額返金保証あり!

 

マジキャリの詳しい口コミや、僕がカウンセリングを受けた感想を知りたい方だけ、下記の記事を合わせてご覧ください。

関連
【微妙?】マジキャリの評判を筆者の体験談から解説!料金や口コミも徹底リサーチ!

続きを見る

関連記事:【微妙?】マジキャリの評判を筆者の体験談から解説!料金や口コミも徹底リサーチ!

 

“スカウト型”転職サイトで受け身の転職活動を始める

 

スカウト型の転職サイトを利用すれば、企業やヘッドハンターから「あなたに興味がある!」とスカウトされます。

何がしたいか分からない自分にとって、このスカウトは仕事に興味をもてる大きなきっかけになることもあります。

僕は実際にビズリーチに登録して、転職先からスカウトをもらったことがきっかけとなり、現職に興味がわきました!
ポジサラ

 

求職者の僕たちからすれば、求人の仕事内容がホントに自分のスキルを活かせるものなのか、よくわからない部分が多いのが現実。

スカウト型転職サイトは、仕事をもっとも理解している企業側やヘッドハンターから、「あなたの経歴はウチで活躍できそう!」と教えてくれるので、失敗がありません。

 

“待ち”の転職活動にはなりますが...。

労力をかけずに、自分が活躍できそうな会社を見つけることができるので、効率的に転職活動を進められます。

スカウト型転職サイトを利用して、失敗続きの転職活動からおさらばしましょう。

 

おすすめスカウト型転職サイト

リクナビNEXT

【公式】https://next.rikunabi.com

業界最大手で求人数No.1。圧倒的なスカウト数を誇る。

キャリトレ

【公式】https://www.careertrek.com/

ビズリーチが運営する20代特化型転職サイト。登録がカンタン。プレミアムスカウトでスピード内定も。

doda

【公式】https://doda.jp/

面接確約オファーなど、内定までのスピード感が強み。

 

まとめ:20代で向いてる仕事がわからない・何がしたいかわからない時の対処法を徹底解説!

 

今回は、向いてる仕事がわからない20代に向けて、対処法を解説しました。

20代は今後のキャリアの道筋を決める重要な年代。自分に合った仕事が分からず、「仕事ができなくてつらい...。」と思うこともありますよね。

これから傾きつつある業界や需要がなくなっている職種に勤めている方でも、若いうちにキャリア転換しておけば、挽回の余地は十分にあります。

向いてる仕事や何がしたいかわからない方は、何か自分がしたいことが見つかった時に、いつでも転職できるぐらいの需要の高いスキルやノウハウを手に入れておくことも大切です。

この記事を読んだあなたが、あなたに合った仕事のチャンスを掴めることを祈っています。

今回は以上となります。

【もう悩まない】仕事を辞めたいけど何がしたいかわからない時の5つの対処法!

続きを見る

関連記事:【もう悩まない】仕事を辞めたいけど何がしたいかわからない時の5つの対処法!

  • この記事を書いた人

ポジサラ

大卒後、テキト~な就活でブラックな会社に就職►ストレスで肌が荒れ、顔中真っ赤に►世の中の有益な情報に目を向け、読書を習慣化►転職エージェント10社以上利用し、一部上場の優良企業に転職►社内トップセールス複数回受賞

-仕事・転職