仕事向いてない何がしたいかわからない40代がすべき3つの対処法を徹底解説!

この記事のまとめ

仕事向いてない何がしたいかわからない40代がすべき3つの対処法を徹底解説!

40代が仕事向いてないとわかる3つのサインとは?40代はどんな退職理由が多い?

40代の仕事の悩みを解決してきたキャリアブロガーの筆者が、“どうすべきか”にフォーカスしてお話ししていきます。

 

仕事ができなさすぎて辞めたい…。向いてない仕事から転職したいけど何がしたいかわからない…。

上記のような悩みを抱えているのはあなただけではありません。
ポジサラ

40代は、定年やポストオフがすぐそこに見えたり、20代や30代にあったような成長感が味わえなくなります。

とはいえ、見方を変えてみれば40代は人生におけるただの折り返し地点

今からのあなたの行動次第で、あなたに合った仕事を見つけて、キャリアの可能性を大きく広げることは可能です。

この記事を読めば、あなたに合った仕事を見つける第一歩を踏み出せるようになります。

MEMO

転職エージェントに相談するのはやめてください。

実は転職を前提として話が進まず、自己分析からスタートし本当にやりたい仕事をプロと一緒に考えられるサービスがあります。

ライフシフトラボなど、プロのトレーナーのキャリアコーチング受けて、ストレスのないホワイト企業で働きましょう。

おすすめのキャリアコーチング

ライフシフトラボ

【公式】https://lifeshiftlab.jp/

40〜50代に特化した唯一のキャリア相談!転職・複業・独立などキャリア選択肢を増やし自律を目指す!

POSIWILL CAREER

【公式】https://www.gekisapo.com/

業界最大手の人気No.1キャリア相談サービスで40代の受講者も最多!通過率1%のプロコーチが悩み解決!

キャリドラ

【公式】https://careerdrive.jp/

たったの4カ月で1,500人の申込者が殺到!選択肢を広げる転職で年収アップ!満足度No.1の転職支援サービス!

 

この記事の著者
ポジサラ

キャリアブロガー

ポジサラ

pojisara

プロフィール

外資系IT企業の法人営業。キャリア相談サービス・転職エージェントを利用して時価総額20兆円超えの超ホワイト外資系企業へ転職し、年収アップ・ワークライフバランスが改善した経験から、キャリアに関する発信をしています。
プロフィール詳細
公式LINEアカウント(※キャリアに関して何でも相談受付中!)

仕事向いてない何がしたいかわからない40代の対処法3つ

 

仕事向いてない何がしたいかわからない40代の対処法は、以下の3つです。

  1. 自己分析をはじめる
  2. 3つのパターンの人生を考える
  3. プロのキャリアコーチングを受ける

 

自己分析をはじめる

 

40代で仕事が向いてないと悩まれている方の根本的な原因は、“自分を理解できていないこと”です。

言い換えると以下のような業務を棚卸しできていないことが挙げられます。

  • 自分がやっていて楽しいと思う業務
  • 今までのキャリアで上司や先輩から褒められた業務
  • 「これやってみたいな…!」と1度でも思った仕事
  • 「異動してみたい!」と思えた部署 など

上記のような棚卸は全て、“動詞”にして考えてみることが大切です。

たとえば、営業を例に挙げてみます。

営業は以下のような一連の業務を行うことが一般的です。

  1. 訪問先をリスト化・ターゲティングする
  2. 電話やメールでアポイントを取る
  3. お客様のニーズをヒアリングする
  4. 提案内容を考える
  5. お客様へ提案して反応を伺う
  6. 受注に至るまで提案活動を続ける

この中で提案して反応を伺うことが1番面白いと感じるのであれば、“1対1の対面でお客様と話すことが好き”ということ気づきにもなります。

また往々にして、好きなことは得意なことが多いです。

あなたが上司から、「お前は交渉力がある」と言われているなら、その業務が得意ということになります。

このような作業を通して自己分析をしてみると、改めて自分の向き不向きがわかるのでおすすめです。

とはいえ、自力で自己分析をするのは、かなり時間がかかります…。
ポジサラ

なぜなら、約20年間ほどのキャリアの記憶は、自分なりの解釈がついてしまっているので、自力で掘り変えるのは時間がかかるからです。

そこで、ツールを利用してみるのも1つの手です。以下に完全無料の自己分析ツールをご紹介します。

1日、2日以上はかかる自己分析が、たったの「5分」で完了します。

特に1つ目の『VIEW』は、職務経歴書などのテキスト入力が不要3分で以下のような診断結果を表示してくれます。

適職診断ツールの画面を使うべき

向いていな仕事を続けた悲惨な結果を回避するために適職診断ツールを使うべき②

 

上記のほかにも、自分の適性に合った業界と職種をランキング形式で教えてくれます。

日本初の完全無料AIキャリアシミュレーションなので、ぜひ試してみてくださいね!
ポジサラ

 

\35,000人以上が診断に殺到!/ 

※あなたに合った『業界×職種』が分かる!

 

3つのパターンの人生を考える

 

以下の3つのパターンの人生をシミュレーションしてみることで、現状の自分がいかに制限がかかっているのか認識することができます。

その結果、やりたいことや好きなことを少しでも気づけるきっかけになるのでぜひ試してみてください。

  1. 今の現状のまま過ごしていく人生
  2. 環境やお金のことは取っ払って自分が生きたい人生
  3. 今の自分とは真逆且つ全ての制限を取っ払った状態で生きる人生

それぞれ紙に書き出してみてください。

そうすると、いかに今の自分の人生が制限されているのかわかり、②と③の自分がホントにやりたいことが明確になります。

好きなことに自分を全振りする人生を考えてみると面白いですよ!
ポジサラ

その好きなことにキャリアを近づけるイメージをしてみると、向いてない仕事を変えられる勇気が湧くのでおすすめです。

 

プロのキャリアコーチングを受ける

 

向いてない仕事に人生の貴重な時間を投資するのは、はっきり言ってムダです。

あなたもホントは気づいているはず。

でも転職する決断ができていなかったり、仕事に対する自信がなくなっていて行動する勇気が湧いてこなかったりしますね。

とはいえ、ここで転職エージェントに登録しても何の意味もありません。
ポジサラ

転職エージェントは自社の求人に求職者を斡旋して売上がたつビジネスモデル

つまり、世の中にはゴマンと会社がある中で、自社求人に転職させることがゴールなのです。

転職エージェントでは全く本質的な解決にはつながりません…。
ポジサラ

あなたが自分に合った会社ややりたい仕事がはっきりとわかっていないのなら、自己分析からスタートし自分に合った仕事をプロと一緒に考えられるキャリア相談サービスを利用すべきです。

有料コースになると、お金がかかってしまいますが、初回の無料カウンセリングだけでも視界が開ける感覚になります。

僕はキャリア相談サービスの初回無料カウンセリングで、いまの自分に合った現職を見つけられました!
ポジサラ

試しにライフシフトラボなど、40代向けの優秀なキャリアコーチのカウンセリングを受けて、自分に合った仕事でストレスのない希望ある未来をつくりましょう。

 ライフシフトラボ受講者の感想

48歳 大手飲料メーカー管理職→DXコンサルタントの複業開始

スモールビジネス向けのDXコンサルタントとして複業を始められるなんて想像もしていなかったので、間違いなく一人ではなし得なかった領域に来ることができました。本当にお世話になりました。受講前は、自分が積んできた経験をそのまま他の会社に活かすことにこだわっていたように思います。しかし「大企業での複業人材の受け入れは進んでおらず、複業の顧客は中小企業が基本であること」「大企業での経験を、前提が異なる中小企業にそのまま活かすのは難しく、チューニングが必要であること」をキャリアコーチに指摘いただき、確かにそのとおりだと考えを改めました。自分一人ではそこの認識を変えられず、きっといつまでたっても複業を始められなかったでしょう。

おすすめのキャリアコーチング

ライフシフトラボ

【公式】https://lifeshiftlab.jp/

40〜50代に特化した唯一のキャリア相談!転職・複業・独立などキャリア選択肢を増やし自律を目指す!

POSIWILL CAREER

【公式】https://www.gekisapo.com/

業界最大手の人気No.1キャリア相談サービスで40代の受講者も最多!通過率1%のプロコーチが悩み解決!

キャリドラ

【公式】https://careerdrive.jp/

たったの4カ月で1,500人の申込者が殺到!選択肢を広げる転職で年収アップ!満足度No.1の転職支援サービス!

関連
40代向けキャリアコーチング
【40代向け】キャリアコーチングのベスト3はコレ!5社以上利用した筆者が徹底解説!

続きを見る

関連記事:【40代向け】キャリアコーチングのベスト3はコレ!5社以上利用した筆者が徹底解説!

 

40代が仕事向いてない3つのサイン

 

40代が仕事向いてない3つのサインは、以下のとおりです。

  1. これからのキャリアが見えない
  2. 仕事できなさすぎてポンコツ社員扱いされてる
  3. 働くのが怖い・直感で向いてないと感じる

 

これからのキャリアが見えない

 

40代でこのままこの仕事を続けていても、定年後に会社にポイ捨てされる未来が見えているなら、向いてない且つ続けるべきではありません。

逆に言うと、定年後にもその会社で培われた自身の実務経験やスキルが活かせる以下のような選択肢が見える仕事であれば続けるべきと言えます。

  1. 独立
  2. 企業
  3. コンサル 等

つまり市場価値を高めつつ、向いている仕事が続けられているならば、間違いなく現職に留まるべきです。

そうではなく、ただサラリーマンとして代替性の高いスキルや経験を持って会社の歯車として働いているのなら、その後のキャリアは見えません。

関連記事:40代でキャリアの行き詰まりを感じるあなたへ贈る対処法を徹底解説!

 

仕事できなさすぎてポンコツ社員扱いされてる

 

仕事ができなさすぎるのは何もあなた自身の責任ではありません。

人には間違いなく、“向き不向き”があります。
ポジサラ

僕の友人の中にも、『経理から営業に転職して年収が300万上がった人』や『営業からマーケーターに転身してベンチャーの執行役員になった人』もいます。

その人たちの共通点は、向いてない仕事では全く結果を残せていなかったという点。

つまり、今では華のあるキャリアですが、昔は向いてない仕事でポンコツ扱いされていたんです。

もうわかりますよね。

向いてない仕事であれば、仕事ができないのは当たり前なのです。

いまのあなたはどうでしょうか。

もし会社でポンコツ扱いに近い処遇であれば、それは向いてない仕事のサインと言えます。

関連記事:【秘録】仕事できない人のつらい...辞めたい…を打破する3つの対処法

 

働くのが怖い・直感で向いてないと感じる

 

仕事をしているうちに、働くのが怖くなって直感で向いてないと感じる瞬間はないでしょうか。

もしあるのであれば、向いてない仕事のサインです。

想像してみてください。

あなたの得意領域で仕事ができて、且つ好きなことをやっている状態。

その状態で「明日から働くのが怖い。」「これは向いてないな。」と感じる瞬間なんて訪れるでしょうか。

無論、感じるわけないですよね。

人間の直感は高確率で当たっています。

向いてるか向いてないかわからなければ、『ライフシフトラボ』などのコーチにまずは相談して自己分析のサポートを受けてもらいましょう。

関連記事:向いてない仕事を続けた結果は…?合わない仕事の対処法3つを徹底解説!

 

仕事向いてない何がしたいかわからない40代のよくある質問

 

ここからは、仕事向いてない何がしたいかわからない40代のよくある質問をまとめていきます。

よく質問いただく内容をまとめていますので、サクッと確認してみてくださいね。

 

40代で仕事が出来なさすぎて辞めたい…どうしたらいい?

 

結論から言うと、自己分析をすべきです。

もっと言うと、プロに相談しながら自分の潜在的な強みや好きなことを洗い出してもらうべき。

間違ってもいきなり転職はやめてください。

自己分析せずに転職に踏み切ってしまうと、ミスマッチな会社に転職してしまう可能性があり、結局仕事ができない状況に戻ってしまいます。

ライフシフトラボなど、40代向けの優秀なキャリアコーチの自己分析サポートを受けて、自分に合った仕事でストレスのない希望ある未来をつくりましょう。

 

40代でポンコツ社員であれば転職した方が良い?

 

結論から言うと、転職した方が良いです。

ただ、なぜポンコツ社員と言われるのか、もしくは自分でポンコツと認識しているのかをハッキリさせておかないと転職しても二の舞になってしまいます。

逆に言うと、自助努力で何とかできる範疇であれば、転職がベストとは言えないので注意してくださいね。

 

40代で転職先が合わない時は我慢すべき?

 

結論から言うと、短期離職のリスクを考慮した上で転職すべきか、決断しましょう。

転職してすぐにまた違う会社に転職したい場合、40代という年齢での転職の難しさに加えて短期離職というハンデを背負うことになります。

それでも転職したいと思いなら、転職活動に踏み切るべきです。

間違っても転職エージェントに相談するのはやめましょう。

なぜなら、“転職させることが仕事”だからです。

転職を前提とせずあらゆるキャリア相談ができるライフシフトラボを利用しましょう。

 

40代の退職理由ってどんなものが多いの?

 

厚生労働省の「令和2年雇用動向調査結果の概要」によると、以下の退職理由がもっとも多いことがわかっています。

  • 40歳〜49歳男性:給料等収入が少なかった
  • 40際〜44歳女性:職場の人間関係が好ましくなかった
  • 45歳〜49歳女性:労働時間、休日等の労働条件が悪かった

 

男性と女性によって大きく退職理由が異なります。

男性は給与面、女性は労働環境や人間関係がもっとも大きな退職理由となっており、40代でも仕事に不満を持っている方はかなり多いです。

 

まとめ:仕事向いてない何がしたいかわからない40代がすべき3つの対処法を徹底解説!

 

今回は仕事向いてない何がしたいかわからない40代に向けて対処法を徹底解説しました。

最後に改めて注意喚起ですが、転職エージェントに相談するのはやめましょう。

自己分析からスタートして、自分の強みや弱みを把握してから転職先を決めれば、向いてない仕事に転職することはありません。

以下のキャリアコーチングを利用して人生後半のキャリアをより充実にしましょう。

おすすめのキャリアコーチング

ライフシフトラボ

【公式】https://lifeshiftlab.jp/

40〜50代に特化した唯一のキャリア相談!転職・複業・独立などキャリア選択肢を増やし自律を目指す!

POSIWILL CAREER

【公式】https://www.gekisapo.com/

業界最大手の人気No.1キャリア相談サービスで40代の受講者も最多!通過率1%のプロコーチが悩み解決!

キャリドラ

【公式】https://careerdrive.jp/

たったの4カ月で1,500人の申込者が殺到!選択肢を広げる転職で年収アップ!満足度No.1の転職支援サービス!

  • この記事を書いた人

ポジサラ

外資系IT法人営業 × ブロガー|入社3年目で社内トップの営業成績達成3連覇|大卒後、テキト~な就活でブラックな会社に就職►ストレスで肌が荒れ、顔中真っ赤に►転職エージェント・有料キャリア相談サービスを20社以上利用し、時価総額20兆円超えの外資系企業へ転職►年収アップ・ワークライフバランスが改善

-仕事・キャリア形成, 転職ノウハウ